さいたま広角紀行

どうして毎日早朝4時に目が覚めてしまうのだろう。寝付けず苦しんでいるよりどこかに出かけようか。

埼玉の町並みを児玉から東京方面へ戻るように歩こうと思います。21mmの超広角レンズで風景を切り取っていきます。

本庄駅前にチェーン店ではない地元のコーヒー店があったのでモーニングコーヒーしました。なんとも言えんいでたちです。
d0147406_8235854.jpg


本庄駅からバスで児玉へ向かいます。
なんと開放的なバス。
d0147406_8315339.jpg


児玉本町の端っこでおりて歩きます。
意外に長い町並みです。見所は神川方面への街道にいい民家がありました。
d0147406_10191285.jpg


やはり川越型ですな。というより江戸東京のつくり。
d0147406_10191381.jpg


奥まったところに変な建物!
こりゃ銭湯だな、、、あたり!
なんで銭湯って奥まって建ってることが多いんでしょうね。
d0147406_10191317.jpg


八高線に乗って小川町へ。
以前、仕事の関係できたことがあり、旨い鰻を食べた記憶がある。町並みも良さそうでしたが、上司と一緒だったので歩けなかった町。

女郎うなぎというのが有名なそうな。
d0147406_1204895.jpg


旧街道沿いと裏に蔵造りが多数、出桁つくりも多数。これは窓が洋風の店蔵です。
d0147406_1205218.jpg


d0147406_1205047.jpg


嵐山(らんざん)には何もなし。
東松山にやってきました。まずは腹ごしらえをしたかったのですが、飲食店が全然やってない。歩いて歩いて、本町の蕎麦屋がやっとこさ営業してた。
そして、煉瓦壁に挟まれた町家があった。
d0147406_163389.jpg

d0147406_16331036.jpg


で、商店街と全然関係ない通りの方に店蔵の町並みがあった。
d0147406_16331232.jpg


通りに対して斜めに建ってるから、町並みは雁行しています。ユニーク‼
d0147406_16331460.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-05-12 08:16 | 埼玉県  

<< たまりに溜まった にっぽん集落町並み縦走紀行 第14日 >>