気まぐれ旅 南信

7月の連休。日曜日に思い立って旅に出ました。家を出たのが15:30だから、今日は移動して何処かの街に泊まるだけ。
さてどこ行こうか。
「そうだ、カリカリ鰻を食べよう」ということで、岐阜県多治見へ。
d0147406_138214.jpg

ところが、音羽蒲郡で渋滞。25分ロスすること、カーナビの到着予定時間は19:57。おい!鰻屋終わっちゃってよ。
渋滞抜けたら飛ばしましたぁ。店着が19:23だからがんばったでしょ003.gif
やっぱり、多治見の鰻は旨いや。
d0147406_138397.jpg


月曜日は夜中の3:00に目が覚めたらもう眠れません。4:00に多治見インター近くのビジネスホテルを出ました。

恵那ICで中央道を降りて、岩村方面へ。
途中岩村の旧市街を通ったら、伝統的建造物保存地区として整備が進んでいるから、以前より飛躍的に町並みが伸びたように思いました。

さて、早朝第一弾は、根羽村根羽。
d0147406_138415.jpg

d0147406_138471.jpg

正直言って、町並みそのものは対したこと無いですが、朝だから気持ちいい!
d0147406_138573.jpg


三洲街道を北へ走ると平谷です。
d0147406_1635133.jpg

マイナーながら、街道の交差点で発展した町並み。かつての賑わいなど微塵も感じられませんが、軒をわずかに揃えた一角あり。
d0147406_1635159.jpg

d0147406_1635235.jpg


平谷峠を越えると土地はグッと低くなります。平谷が高い場所にあった証拠。売木の街は寂れまくっていて、一軒の旅館だけが往時を忍ばせていました。
d0147406_1623481.jpg



売木峠を東へ。このあたりはダラダラと山と谷が四方八方に広がっている地形なので、捉えどころが無い。阿南町新野かか遠州街道をしばし北上し、途中で浪合へ向かう道へ折れる。これが超狭い谷道。いつ落石があってもおかしくない005.gif

最後は浪合です。寄り道をしちゃいましたが、根羽→平谷→浪合と三洲街道沿いの町並み。
d0147406_16193553.jpg

d0147406_16193578.jpg

ところが切妻平入りだった町並みが切妻妻入りに変わった!つまり、伊那谷のスタイルになったわけです。ダラダラとした山地であっても、こうして変化があるんだなぁと実感しました。
d0147406_16193559.jpg

d0147406_1619366.jpg


連休だから帰りの渋滞が心配されます。飯田で中央道にのり、サッサと帰ると渋滞ほぼ無し。am11:30に家に着いちゃった003.gif
トータル20時間の小さな旅でした。

by marunouchi_no1 | 2014-07-21 12:45 | 長野県  

<< 望遠紀行 富津〜鴨川〜富津 >>