海界の村を歩く 三河湾編 篠島

佐久島からすぐそばなのに直接渡れない篠島。三河湾に浮かぶ佐久島、日間賀島、篠島の3島ですが、佐久島は三河、日間賀島と篠島は尾張なので、渡船の発着港が違うのです。

昨夕暗くなってから島に着き、まずは旬のフグ料理を食しました。003.gif
d0147406_1113592.jpg


そして今朝、島の集落を探訪です。
篠島は漁師の島で大々的に埋め立てがだれているほど家が多く栄えた島。真っ平らな佐久島とは違って起伏があり、港のある西側と海水浴場のある東側とが丘を越えてつながっています。
d0147406_1113638.jpg


街が拡大するとともに海岸線が埋め立てがられて、港も北へ北へと移動していますが、ここが最も古い港。
d0147406_111373.jpg

木造船の造船所もありました。
d0147406_1113892.jpg


そして、かつて連絡船の港があった場所が中心部です。ここも古くに埋め立てられた平地に家々が密集。
d0147406_1113955.jpg

d0147406_11131052.jpg

d0147406_1113113.jpg

d0147406_11131127.jpg


となれば、遊郭もあったろうと探索しますが、それらしきは見当たりませんでした。
d0147406_1113125.jpg


古い街の丘の上にある神明社。伊勢神宮の式年遷宮を終えた古材が運ばれて建立されたとか。さすが伊勢湾三河湾。伊勢との関係も深いのです。
d0147406_11131382.jpg


さぁ、丘に登りましょう。路地また路地の漁村集落。かなり興奮しました。
d0147406_11131496.jpg

d0147406_11131478.jpg

d0147406_11131585.jpg

d0147406_11131687.jpg

d0147406_11131746.jpg

by marunouchi_no1 | 2014-11-24 10:52 | 愛知県  

<< 有松 いらかぐみ ミニオフ会 愛知県西尾市一色、碧南市衣浦温泉 >>