人気ブログランキング |

夜の遊里を歩く 那覇(沖縄県)

仕事で那覇に来ています。街を撮り歩きしました。
d0147406_09555259.jpg

泉崎の四川料理屋。那覇にくると必ず寄りますが、未だに読み方がわからない。
d0147406_09555330.jpg

この店で一番辛い料理。具だけ食べてスープは舐める程度。とても飲めない。
d0147406_09555309.jpg

県庁前りゅうぼうのブルーシールアイスクリーム。沖縄では有名なチェーン店です。JAL沖縄便では機内で食べられます。私は往復で必ず食べます。
d0147406_09555319.jpg

国際通りは観光客でいっぱい。トップシーズンです。ちなみにここで泡盛買っちゃいけません。高いです。
d0147406_09555330.jpg

d0147406_09555481.jpg

光が綺麗。
d0147406_09555456.jpg

d0147406_09555450.jpg

牧志のアーケード街。観光客相手に遅くまでやってるんですね。
d0147406_09555464.jpg

d0147406_09555516.jpg

屋根の架構がいいね。戦後復興の町並み。
d0147406_09580701.jpg

ここから遊里を歩きます。
d0147406_09580830.jpg

桜坂。唄の桜坂ではないですが、頭の中にメロディが流れる。
d0147406_09580836.jpg

d0147406_10041847.jpg

登ってまた下がる
d0147406_10041954.jpg

すると桜坂社交街。桜坂セントラルに周りに人がいっぱいいた。計画道路が開通しハイアットリージェンシーが建って町がみるみる変わり始めている。ちょっと前まで寂れていた街ですが、人が集まり始めてる。寂れた頃は集落町並みWalkerデータベース参照。
http://www.shurakumachinami.natsu.gs/03datebase-page/okinawa_data/sakurazaka/sakurazaka_file.htm
d0147406_10114440.jpg

d0147406_10114486.jpg

エロス。ちょっと入るの勇気いります。
d0147406_10114421.jpg

d0147406_10114581.jpg

エロスの裏手にあった社交街はもうなくなってたいました。そこからまた坂を上っていく。
d0147406_10114543.jpg

怪しげなスナック街
d0147406_10114609.jpg

スナックビルの中に入ってみた。突き当たりに赤い光と話し声。ここも入る勇気ない。
d0147406_10114667.jpg

壺屋の方に行きます。この木造の建物。初めて那覇を歩いた時にインパクト受けた建物ですが、まだ健在だ。
d0147406_16271952.jpg

↑この写真はかつてのもの。戦後のバラックスナック街ですが、
d0147406_16271985.jpg

手前の一列がなくなっておりました。徐々に姿を消します。
d0147406_16271988.jpg

壺屋は観光地としてますます変わっていくでしょう。でも、街の時間の積み重ねというものは簡単にはなくならない。
d0147406_16501398.jpg

壺屋から栄町へ移動する途中。なぜかこのアパートに魅かれました。
d0147406_16272041.jpg

栄町社交街にやってきました。うりずんは相変わらず人気ありますね。その奥が栄町市場のアーケード街。
d0147406_16272058.jpg

随所に飲み屋ができていて、ここも人気スポットです。
d0147406_16272067.jpg

d0147406_16272068.jpg

d0147406_16284298.jpg

d0147406_16284343.jpg

d0147406_16284389.jpg

d0147406_16284309.jpg

d0147406_16284476.jpg

社交街を歩く。この街は当分変わりそうにありませんね。
d0147406_16501385.jpg

d0147406_16501496.jpg






by marunouchi_no1 | 2016-02-21 09:43 | 沖縄県  

<< 海界の村を歩く 東シナ海 粟国... 戦災のない町を歩く 東京台東〜三ノ輪 >>