戦災のない町を歩く 佐世保

d0147406_13484372.jpg
軍港のあった佐世保は、第二次世界大戦時の空襲を受けています。これから夜の佐世保の繁華街を歩くのですが、戦災地区を対象とした「復興の町を歩く」テーマでいこうとしたところ、そうではなく「戦災のない町を歩く」テーマにカテゴライズしなくてはならなくなりました。まずはその理由から説明しましょう。
d0147406_13250443.jpg
↑画像は「日本戦災都市概況図 佐世保市」の一部で、私はずっと繁華街の殆どが戦災地区だと思っていました。
d0147406_13270021.jpg
ところが赤い戦災エリアを地図に落とすと、何と繁華街(画像の赤斜線のない下京町・山県町・塩浜町)のかなりの部分が非戦災地区に属しているではありませんか。今まで完全に誤解していました。
d0147406_13295377.jpg
まずは、戸尾町の戸尾市場街から。地図の右中ほど、ちょうど戦災地区と非戦災地区の境目に当たります。
西海市場は、旧戸尾小学校の敷地だった高台の北西側の崖線下に建物が並び、歩道上に屋根を張っています。ちなみに、小学校のある高台は戦災を受けています。
d0147406_14121669.jpg
d0147406_14125193.jpg
食料品ばかりではなく、衣料品はじめ日用雑貨も売られていました。
d0147406_14270317.jpg
↑看板の手前から3番目「くじら中林」なんてのもある。かつて鯨漁が盛んだった地域の名残りを感じます。
d0147406_14294128.jpg
そして南東側の崖線下が面白い。看板とオーニングがあっても建物としての奥行きがない。どうなってんの?
d0147406_14065072.jpg
実は建物はなく、崖を横から掘削してその中を店で利用しているのです。通称「とんねる横丁」といって現在16の店が並んでおり、約20の横穴が掘られています。つまり、この崖には元々防空壕が掘られていて、焼け出され住居のない人々の一部が店舗(闇市)として↑図の黄色い防空壕を活用したのが始まりだそうで、↑図の茶色い穴は戦後新たに掘られたものだそうです。
d0147406_14543333.jpg
しかし、こんなにたくさん掘っちゃって大丈夫かなぁ。
d0147406_14572729.jpg
戸尾中央通り沿いの古民家。木造三階建てもある。
d0147406_14582095.jpg
d0147406_17474438.jpg
旧戸尾小学校の東側に残る戦禍を免れた町並み。
d0147406_15534183.jpg
d0147406_15535199.jpg
戸尾中央通りの奥のエリアは斜面地の住宅街。戦前と思われる民家が多く見られます。
d0147406_16131443.jpg
とてつもない急斜面を石階段が登っている。街の造りは長崎とよく似てますね。
d0147406_17472782.jpg
京町から松浦町まで続く大アーケード街「させぼ四ヶ町」の下京町の入口。
d0147406_17525657.jpg
川にはみ出す建物群。長崎の銅座川にもありました。
d0147406_17533774.jpg
d0147406_17533946.jpg
下京町の飲食店街に残る戦前建築。こうして、非戦災地区だという目でよく見ると残っているものです。
d0147406_17545191.jpg
スナック街だ。看板の向こうに色っぽい建物発見。
d0147406_17553224.jpg
色っぽい建物はスナックというより旧料亭かな。
d0147406_17560229.jpg
旧料亭らしき建物前にあったスナック集合建築。
d0147406_17573026.jpg
d0147406_17573371.jpg
d0147406_17573657.jpg
上京町のさせぼ四ヶ町商店街から枝のように伸びる二本の小アーケード。これも旧闇市系か。
d0147406_20550030.jpg
そしてここ、木造建築密集地帯がある。これこそ旧闇市系でしょ。
d0147406_20555154.jpg
d0147406_20555476.jpg
d0147406_20561945.jpg
昨日撮った夜の景から。
d0147406_20574924.jpg
d0147406_20575153.jpg
d0147406_20575417.jpg
木造密集地帯の内部にある小アーケード。スナックらの中に貴金属細工の店があった。ディープです。
d0147406_21000180.jpg
d0147406_21000372.jpg
でかい看板建築もある。戦前か戦後か判定不能。装飾のモザイクがオサレだ。
d0147406_05442178.jpg
京町から松浦鉄道の高架をくぐって西へ行くと、埋立地の塩浜町。このあたりにも戦前の建物が残ってた。
d0147406_21011899.jpg
上京町の木造密集地区から見て北西に崖線があって急な階段が登っている。丘を越えると松浦鉄道の佐世保中央駅の方へ下りていけます。その道から↑画像のような一角が見下ろせた。
d0147406_05480930.jpg
ここもアーケード街から枝のように伸びた路地を囲んだ長屋建築。この辺りから戦災地区に入ります。
d0147406_05520645.jpg
松浦鉄道佐世保中央駅前の町並み。
d0147406_05492591.jpg
させぼ四ヶ町アーケード街の上をクロスする松浦鉄道。ガード下に、もしや、、、
d0147406_05503445.jpg
予測的中、ありました。
d0147406_05510834.jpg
d0147406_05510921.jpg
夜の景はこんな感じ。
d0147406_05544930.jpg
アーケード街を松浦鉄道の北西側へくぐると、左手に親和銀行本店が現れます。建築家白井晟一の代表作の一つですね。↑の正面ファサードは有名ですが、、、
d0147406_05565662.jpg
どてっ腹がこんなになっていてビックリ!(話には聞いていましたが)駐車場にするために柱曲げてまで抉ってたんだぁ。

佐世保の中心市街地はまだ続きますが、ここからは戦災地区です。歩き疲れたので、終わります。


by marunouchi_no1 | 2018-03-21 13:30 | 長崎県  

<< 海界の村を歩く 東シナ海 平島 海界の村を歩く 東シナ海 黒島 >>