海界の村を歩く 瀬戸内海 佐合島

d0147406_09090135.jpg
牛島に渡るはずだった。台風とかち合い宇部探訪に切り替えたため行けなくなった。八島だけではもの足りないので、予定外だったが佐合島を組み入れた。
d0147406_20335600.jpg
佐合島は室津半島の西岸にある佐賀港より船が出る。沖合1.9kmと肉眼で家が見えるほどの近さで、8分で渡れる。
d0147406_08554258.jpg
平生町佐賀地区の南西海上1.9km、瀬戸内海国立公園内にある島。北と南に100mを超える山があり、ほとんどが丘陵傾斜地で、平たん地は5%程度にすぎない。古くは佐郷島・佐河島とも記され、中世には京都賀茂社領があったと伝えられる。慶長5年(1600)の検地帳にも島の名がみえ、天保13年(1842)には694人、明治22年には975人の人口を数えている。今では農漁業とも衰退し、一本釣などが細々と続けられている。定年後、島に里帰りした人たちも多い。美しい海岸には自然の薬草が自生、また潮干狩や岩場でのフィッシングが楽しめ、とくに夏場は海水浴客で賑わう。(「シマダス」参照)
d0147406_08570736.jpg
d0147406_08570992.jpg
集落は室津半島を望む島の東側、弓なりの砂浜上に形成されている。意外と島外から渡ってきている人達がいる。

d0147406_20344770.jpg
海岸線の道を歩く。画像のように石垣の防波堤と一体化した民家があった。海岸線には現在はしっかりとした防波堤が築かれているが、以前は頼りなかったのか。
d0147406_09034986.jpg
d0147406_20345351.jpg
ここにも!
d0147406_20345872.jpg
とはいえ、防波堤一体型じゃない家もある。現在の防波堤との間に一定の間隔があって砂利敷きになっている。原型はどんなかたちだったのだろうか。
d0147406_20350278.jpg
d0147406_09083251.jpg
家々は板壁と桟瓦葺が基本。
d0147406_09080290.jpg
海岸線の道を集落の一番端まできた。ちょっと高い位置に覚勝寺というお寺があった。
d0147406_09080419.jpg
お寺の境内から集落へ降りる階段がある。
d0147406_09080574.jpg
この道が本来のメインストリートの横道(海岸線に平行した道)であろう。
d0147406_09080724.jpg
家々の間には空き地が目立つゆったりとした集落景観だが、明治期には975人が生活していたというから、かつては家がビッシリ建ち並んでいたのだろう。
d0147406_09080846.jpg
黒いトタン葺き屋根。この島では珍しい。
d0147406_09162681.jpg
空き地には建物の基礎石が残っているから、かつての屋敷地の区画がわかる。
d0147406_09162882.jpg
煉瓦塀のある屋敷。家も大きい。
d0147406_09163037.jpg
小学校は今やない。
d0147406_09233879.jpg
d0147406_09233911.jpg
最後にドローンを飛ばした。浜で遊んでる人達が「なんだなんだ」って感じになる。島は静かだから、ドローンの音が結構目立つ。なかなかやりにくいもんだ。
d0147406_09163178.jpg
柳井へ移動し、孫右衛門さんと夕食前に遊里を探訪しようということになった。画像は伝建地区になっている町並み。
d0147406_09163290.jpg
そこから東の方へ行くと現代の商店街があり、その裏に飲食店街がある。
d0147406_09273098.jpg
表通り側がアーケード状になっていた建物の側面。集合店舗ビルのようだ。
d0147406_09273212.jpg
古い建物を改修してスナックした店舗。なんでスナックは洋風モダンなのだろうか。
d0147406_09273362.jpg
「だったらしい」というエリア。
d0147406_09273409.jpg
古そうな総二階建てがあったけど、どうかなぁ。
d0147406_09273590.jpg
この建物後ろに長くなっていたんで、元は映画館かな。
d0147406_09283887.jpg
出ました「モザイクタイルの円柱」。これがあると旧レッドであろうポイントが上がる。
d0147406_09283938.jpg
柳井天満宮の周りのスナック街。
d0147406_09284165.jpg
あってよかった!遊里探訪は探す面白さがある。いつかまた「遊里を歩くシリーズ」復活しましょうか。
d0147406_09284251.jpg


by marunouchi_no1 | 2018-10-06 20:30 | 山口県  

<< 海界の村を歩く 太平洋 仁右衛門島 海界の村を歩く 日本海 蓋井島 >>