人気ブログランキング |

天界の村を歩く2 関東山地 荒川

d0147406_12322794.jpg
(埼玉県秩父市大滝栃本)

前回「天界の村を歩く2 関東山地 吉田川」より。

動画  https://youtu.be/O6ozoimMw1Y
d0147406_12493393.jpg
「天界の村を歩く2」の2日目夜は埼玉県小鹿野泊、明日の奥秩父攻めに備えます。
d0147406_12462340.jpg
荒川上流、最奥の地に秩父市大滝(旧大滝村)があります。このエリアは関東山地「天界の村」のクライマックスです。まずは、荒川が二瀬ダムに堰き止められできた秩父湖を見下ろす大滝寺井・麻生集落から歩きます。
d0147406_12462511.jpg
荒川の左岸、南斜面上の寺井・麻生地区。
d0147406_12462705.jpg
d0147406_12462999.jpg
麻生加番所跡。寛永20年(1643年)幕府の役人が巡見の際、栃本の関の警備が手薄なのをみて、関より江戸側に加えて設置することになった番所だそうです。建物は名主宅を兼ねていましたが焼失し、現在の建物は幕末に建てられたもの。それ以降も番所と呼ばれていたそうです。
d0147406_12463185.jpg
集落の背後の畑地。
d0147406_12474643.jpg
お地蔵さんが並んでいます。
d0147406_12474844.jpg
集落上部から見下ろす。秩父湖の対岸奥には三峰神社とその下に形成された三峰集落があります。
d0147406_12484252.jpg
斜面の一部は石垣によって段々状に宅地化されている。
d0147406_07100729.jpg
画像は2006年のもの。建物がちょっと減ったかな。
d0147406_07110952.jpg
d0147406_07111529.jpg
寺井・麻生地区の1つ上流側にある上中尾地区(2006年撮影)。
d0147406_12475230.jpg
荒川最奥の栃本集落。武蔵国と甲斐国を結ぶ秩父往還が国境雁坂峠を越える武蔵側にあり、関所がありました。
d0147406_12475580.jpg
ドローン空撮(上2枚)。さぞ迫力あるだろうと思って飛ばしましたが、地上から撮った方が迫力あるなぁ(下)。
d0147406_12492183.jpg
斜度は20度くらいでしょうか。家々が固まっておらず、割と離れています。畑は段々畑になっておらずゼリ畑。
d0147406_12492461.jpg
栃本の関。
d0147406_12492742.jpg
秩父往還にあたる国道140号線から見下げる。
d0147406_12493055.jpg
d0147406_12502528.jpg
駐車場も一苦労です。
d0147406_12501227.jpg
栃本バス停のところの大きな家。
d0147406_12501315.jpg
名主格の家でしょうか、とにかく造りが立派です。
d0147406_12501632.jpg
d0147406_12501870.jpg
谷側の建物。円窓がある。旅館だったのかな?
d0147406_12502006.jpg
斜面上の集落を結ぶ上下方向の道が、集落全体を斜めを一直線に通ってます。
d0147406_12520856.jpg
d0147406_12521229.jpg
さて、計画ではここから関東山地最後の奥多摩を歩く予定です。しかし、明日天候が崩れるので今日のうちに南アルプス東麓を訪ねておきたい。奥多摩は家から近いので、後日改めて訪れることにします。

by marunouchi_no1 | 2019-04-29 12:00  

<< 天界の村を歩く2 関東山地 富士川 天界の村を歩く2 関東山地 吉田川 >>