人気ブログランキング |

海界の村を歩く 東シナ海 水納島

d0147406_10350222.jpg
(沖縄県本部町水納島)

沖縄本島の北西部、本部町沖の東シナ海に浮かぶ小さな島「水納島(みんなじま)」へ渡ります。沖縄県内にある定期船でいける有人島の最後が、この水納島になりました。
d0147406_10354648.jpg
水納島
本部半島の西方約7kmに位置する標高12mと低平な隆起珊瑚礁の島。島の東から北にかけて連なる純白の砂丘、島を取り巻くように発達したサンゴ礁、エメラルドグリーンの海の美しさは、観光沖縄のキャッチフレーズ「海と空の美しさ」を象徴する景観だ。「クロワッサンアイランド」として沖縄の観光ポスターなどにもよく登場する。かつては、島全体がメンナノ御嶽として聖域となっていた。島内からは1000〜1500年前のものとみられる貝塚が発見されているが、明治23年、瀬底島の製糖組が開発するまでは無人島だった。同36年頃か瀬底島から13戸が移住、集落が形づくられた。現在は、ニンジン・スイカなどの栽培と畜産が営まれている。島名は文献によると「井泉皆無なり、島名これによって起こるか」とあり、水のない島ということから名づけられたようだ。(「シマダス」参照)
d0147406_10373585.jpg
渡久地港。今年の1月に伊江島探訪で本部に来た時、冬だったので1日3便、水納島に渡れませんでした。
d0147406_10453261.jpg
ところが夏は1日10便、簡単に日帰りができます。
d0147406_10374234.jpg
城山のある伊江島の島影。
d0147406_11025531.jpg
水納島港は水納ビーチの中。「マリンレジャーの島」という印象です。
d0147406_10443842.jpg
クロワッサン島と呼ばれる島の形。集落は島の真ん中の高いところにあります。瀬底島から移住した人々が作った集落の名は瀬底です。
d0147406_10382044.jpg
水納島瀬底集落の町並み。集落がマリンレジャーランドという感じで、水着姿の人たちが歩き回っています。
d0147406_10435689.jpg
水納島瀬底集落の民家。
d0147406_10425043.jpg
セメント瓦
d0147406_10440523.jpg
鉄筋コンクリート壁で補強した家。木造民家の外壁の主に四隅を鉄筋コンクリート壁で補強しています。
d0147406_10443381.jpg
水納島瀬底集落の町並み。
d0147406_10432802.jpg
d0147406_10462801.jpg
水納島瀬底集落の町並み。
d0147406_10463138.jpg
宿泊施設のログハウス。集落は小さくあっという間に終わった。
d0147406_10463473.jpg
d0147406_10474719.jpg
本部町水納島小中学校
d0147406_11170118.jpg
Googleマップでみると、島の西端の集落から離れた場所に不可解な建物がある。屋根がなく廃墟のようにも見える。行ってみよう。
d0147406_10475179.jpg
???
d0147406_10472838.jpg
上屋がなく基礎だけ?だけど上屋のある場所もあって中に牛がいる!そうか牛舎でしたか。画像の水の溜まっているところは餌場。一部の上屋が撤去されているということでした。
d0147406_10473335.jpg
クロワッサンの内側のビーチ。マップに名前がない。ということで、道標には「名もなきビーチ」とありました。
画像は青空ですが、実はここで大雨に。残念ながらドローン空撮はできませんでした。
d0147406_11254298.jpg
本部に戻ってランチ。有名な「きしもと食堂」本店は長蛇の列、ちょっと離れた八重岳店に入りました。面がシコシコしていて美味かった!

by marunouchi_no1 | 2019-07-28 20:00 | 沖縄県  

海界の村を歩く 東シナ海 伊是... >>