人気ブログランキング |

海界の村を歩く 太平洋 浜比嘉島

d0147406_15025063.jpg
(沖縄県うるま市 浜比嘉島 勝連比嘉)

夏の沖縄へやってきました。今回の旅の目的は、沖縄本島の北西部にある伊是名島で毎年行われている「ウンナー」という稲の豊作を祈願する祭を見ること。そして、沖縄県で未踏最後の島里(定期船がある有人島)である本部の水納島を訪れることです。合わせて、最新ドローンMavic pro 2の筆下ろしでもあります。
d0147406_15541805.jpg
夕方の便で那覇空港に着きました。時刻は19:00、まだ日が落ちていません。今晩はステーキ食べてエネルギーを充電します。
d0147406_15562437.jpg
運天港から伊是名島へは1日2便が往復しています。午後便で渡ることにして、浜比嘉島の空撮と未踏の比嘉集落を歩きます。
d0147406_15161354.jpg
沖縄本島中部にある勝連半島から東方海上4kmにある島。浜比嘉という島の名前は、浜と比嘉の集落名を合わせてつけられたもの。農漁業を中心に生活するこの島は、緑豊かな自然と、のどかで素朴な風情のある島として最近注目されている。比嘉地区の洞窟遺跡からは打製石器が出土し、琉球開闢の祖神アマミキョとシネリキョの神々が住む島として伝えられ、沖縄本島内外から多くの参拝者が訪れる。北1.5kmにある平安座島とを結ぶ浜比嘉架橋工事が完成、平成9年2月に開通した。(「シマダス」参照)

浜比嘉島は2015年に訪れていますが、大雨の中浜集落を探訪し、比嘉集落をやり過ごしていました。今日は青空広がる最高の天気です。
d0147406_15183664.jpg
島の北西部にある浜集落。
d0147406_15263048.jpg
橋が架かってまだ10年。徐々にモータリゼーションの影響、つまりクルマを庭に入れるための屋敷囲の変化が現れ始めている事でしょう。今日は暑いんで歩きません。
d0147406_22342985.jpg
島の北東部にある比嘉集落。集落と港との間に広い平地がある。
d0147406_22353918.jpg
d0147406_22343915.jpg
フクギの林と石灰岩の石塀。
d0147406_22344524.jpg
石垣で築かれた古い共同の水場がありました。綺麗な水ではなさそう。
d0147406_22355443.jpg
クルマの入れない縦道(海岸線に直交する道)。石塀が続いています。途中に「
元登録文化財」書かれた家がありました。新築でした。
d0147406_22360333.jpg
ブロック塀の町並み。
d0147406_22360753.jpg
石塀とセメント瓦の屋根。
d0147406_22361016.jpg
d0147406_22361270.jpg
この島では高架水槽が結構残っています。
d0147406_22361689.jpg
棟だけ赤瓦で平瓦はセメント瓦。
d0147406_22432180.jpg
d0147406_22443003.jpg
赤瓦の家。
d0147406_22433957.jpg
岩場に湧水の出ている場所がありました。
d0147406_22434384.jpg
浜比嘉島の比嘉集落では、琉球石灰岩による石塀が続く場所が一番のみどころでしょう。

by marunouchi_no1 | 2019-07-26 15:13 | 沖縄県  

<< 海界の村を歩く 東シナ海 伊是... 天界の村を歩く2 関東山地 多摩川 >>