2012年 02月 18日 ( 1 )

 

にっぽん集落町並み縦走紀行 第3日

にっぽん集落町並み縦走紀行の第3日。鹿児島県です。第2日を羽田空港で終えましたので、今日は羽田から開始、鹿児島空港で乗り換えて屋久島に9:50到着しました。
また大寒波が訪れていて、先島諸島に引き続き荒れ模様です。運が悪いなぁ。
さぁて、今回はどんな旅になるのかな。
d0147406_10191396.jpg


雨だ、やりにくいよー。
先ずは島の南東にある安房集落からいきましょ。
安房川の上流にそびえる屋久島の山々
d0147406_11552765.jpg


漁師町という感じ。街が小さいのに飲み屋が結構ある。そして驚いたことにモスバーガーがある!
うーむ、街と街の間にもペンションや食いもんやが多いし。こりゃシーズンは大勢観光客が来てそう。恐るべし世界遺産。
d0147406_11554315.jpg


島南部の尾の間から見た山
険しいぞい
d0147406_1271657.jpg


時々晴れるけど突然降るので傘は必須。
南部の中間集落。
トンネル状のガジュマルがあった。
d0147406_17495347.jpg


屋久島の特徴はどうやら石垣のようですね。しかも石がでっかい。そして、屋久杉の産地らしく、木板縦張りの民家が多い。
d0147406_17495512.jpg

d0147406_17495841.jpg


空港とちょうど180度正反対の位置ある栗生集落。ここが今回目的だった最重要未探訪地です。
d0147406_18205586.jpg


港の役目を果たす栗生川に沿って集落が形成されているのですが、ちょっと珍しい配置。この手の場合、川に平行に主軸の道路があって、家は川と道路の間の土地を順番に埋めて行くものですが、栗生集落の場合、主軸と垂直方向の道路が何本かあって、川に突き当たり、その垂直の道路に沿って家々が並んでいるのです。
d0147406_1821029.jpg


栗生は、全国の町並みを紹介する本にあったのですが、たいしたこたぁありませんでした。世界遺産に合わせて町が売り込んだか?
d0147406_18233778.jpg

木建がいい感じのお店
d0147406_18234033.jpg


栗生から北の西海岸はとても険しく、集落はしばらくありません。逆に動物の楽園で、道端に鹿や猿を多く見かけました。

長い時間かけて越え、ようやく人家が現れた。吉田という集落が良さそうなので歩いてみました。
d0147406_1838458.jpg


巨石がゴロゴロしている斜面上の集落。
d0147406_18382057.jpg


予想通りよいです。やっぱり起伏があると石垣が効果を発揮し町並み度が増します。
d0147406_18383252.jpg


これは奄美大島でも見かけた門柱の装飾。鹿児島で多いのかな。
d0147406_18384393.jpg


沢庵作ってた。
d0147406_18384550.jpg


最後、島の北側にある最大の町宮之浦。
橋は昭和五年の年代物。背後には雪が降ってる山々。南の島とはとても思えません。
d0147406_18452330.jpg


商店街もありました。ここは石塀の町並み。
d0147406_18452632.jpg

d0147406_1845296.jpg


すっごいバイクが置いてあった。
d0147406_18453230.jpg


崩れかけていた廃屋あり。料亭でしょうか。それなりに大きな町だったんですね。
d0147406_18453471.jpg


第3日終了。空港近くのホテルです。
印象をまとめて早めに寝ることにしますか。
明日朝、飛行機が飛び立てるか心配です。冬の島旅はリスキーですね。

by marunouchi_no1 | 2012-02-18 10:14 | 鹿児島県