遊里を歩く 別府

d0147406_13371230.jpg
(大分県別府市鉄輪温泉)

別府。
国際的な温泉保養地として超有名であり、その巨大な温泉街は「泉都」と呼ばれています。源泉数は2100箇所で全国の源泉のなんと1/10、総湯量も全国一。歴史を語れば何ページも書き下ろすことになりますのでwiki などに任せるとして、受け売りになりますがポイントだけおさらいしましょう。
柴石温泉が平安時代から、別府温泉と鉄輪温泉が鎌倉時代から、浜脇温泉も八幡朝見神社の門前町として栄えました。江戸時代に入って瀬戸内からの湯治船が集まって賑わうようになると、街道沿いの亀川温泉などが開かれます。
そして、文明開化。明治4年に別府港が整備されると大阪からの航路が開かれて益々多くの人々が訪れるようになり、湯治場から温泉都市へと発展します。明治44年の別府駅が開業、明治45年の大阪商船の大型船「紅丸」の就航を契機に、駅と港の間に商店や飲食店・娯楽施設が建ち並ぶ歓楽街が形成されました。
温泉街といえば歴史的な観光地。そしてかつての観光地には「遊里」がつきもの。別府が巨大な「泉都」であれば、別名「遊都」と呼んでも良いでしょう。今回の旅は、その遊里に着目し、別府の深い処を端から端まで歩こうと思います。
d0147406_14081023.jpg
大分空港からリムジンバスに乗り別府へ向かいます。終点は別府駅ですが、その手前の亀川駅で下車します。
東に別府湾を、西に温泉の源となっている火山由布岳・鶴見岳の連山を臨み、その裾野から海岸にかけて南北約8kmにわたって広がる泉都。その最も北に位置するのが亀川温泉です。
駅前広場を出て国道を渡り、「亀川温泉」のゲートをくぐります。
d0147406_14081417.jpg
海岸線に沿った旧街道沿いに町が形成されています。ここで町並みの特徴をキャッチ。大小・色とりどりの丸石を使った石塀が共通して見られます。由布岳・鶴見岳連山から別府湾に注ぐ河川の川原の石でしょうか。
d0147406_14081723.jpg
浜田温泉。↑の建物は現在の浜田温泉の正面に建っている浜田温泉資料館で、旧浜田温泉の建物を原位置に復元したものです。
d0147406_14082097.jpg
建物の前で動画撮影していると、管理の方が出てきて早速説明を始めてくれました。旧建物は湯気や老朽化でボロボロだったそうで、この温泉を愛していた方が自費を投じて復元されたそうです。奇特な方がおられるのですね。湯船や床の仕上げはオリジナルだそうです。
d0147406_14082352.jpg
旧街道に沿った亀川の街は、国道とJR日豊本線を斜めに横切り、さらに南へと延びています。↑は「亀川筋湯温泉」で狭い旧街道から面しており、引きもなくイキナリ入るようになっています。右が男湯、左が女湯で、脱衣所が道から丸見えです。
d0147406_14085335.jpg
旧街道に沿った亀川四の湯の町並み。
d0147406_14085840.jpg
亀川四の湯温泉。公園の奥に洋風の共同浴場が建っています。周りには旅館だった?らしき建物が見られました。
d0147406_14090118.jpg
四の湯温泉の背後の崖地。街は崖を駆け上がっていますが、この建物は旅館だったのかな?
d0147406_14094148.jpg
路線バスで亀川から鶴見岳の山腹に広がる鉄輪温泉へ。鉄輪温泉のバス停まで行かず、手前の「みはらし坂」で降りました。鉄輪温泉が一望できます。
d0147406_14094444.jpg
熱の湯通り。「別府石の古い石畳」と解説が書かれていました。そうか、色とりどりの石は別府石という地のものだったんですね。
d0147406_14094886.jpg
富士屋旅館。国登録有形文化財。
d0147406_14095082.jpg
鉄輪温泉の目抜き通り「いでゆ坂」。右手は別府石の石垣石塀。
d0147406_14095378.jpg
「鉄輪銀座通り」の町並み。やたらカフェが多い。昼飯食べたいんだけど食堂がないなぁ。
d0147406_14102758.jpg
平田川沿いの道。至る所で蒸気が上がっています。ものすごい湯量だ。
d0147406_14103041.jpg
配管に硫黄が付着して鍾乳洞のようになっている源泉。迫力あるなぁ。
d0147406_14103346.jpg
平田川にある「谷の湯温泉」。ここも外から中が丸見え。
d0147406_14103661.jpg
旅館の手摺のデザイン。斜めの羽目板は珍しい。
d0147406_14103922.jpg
「湯けむり通り」の町並み。道の真ん中に排水溝があって、湯けむりが上がってる。
鉄輪温泉、初めて歩きましたが良い町並みでした。
d0147406_19011644.jpg
さて、ここから本題に入ります。冒頭に説明しました駅と港の間に形成された繁華街・歓楽街を歩きます。⭐︎の場所がポイント!
d0147406_14113876.jpg
まずは、JR日豊本線のガード下の「べっぷ駅市場」から。昭和41年の鉄道の高架化に伴って造られた「南高架商店街」が前身おだそうです。
d0147406_14114148.jpg
時代的に古いものではありませんが、どことなく闇市系の昭和な香りがする。
d0147406_14114427.jpg
店舗が入居していない区画では、賑わい途切れないように色々ディスプレイされています。
d0147406_14125113.jpg
駅前から北方へ移動します。北浜の春日通り(東西方向)。別府タワーが背後にそびえる町並み。
d0147406_14114821.jpg
「仲間通り」の「北部旅館街」です。ここはかつて「行合町」と呼ばれた遊郭だったそうで、昭和33年の売春防止法が施行された後、旅館街に転業して現在まで続いています。一泊2000円から3000円の超格安旅館ばかりですが、ドヤではないし、連れ込み宿(昔のラブホ)なんでしょうか。
d0147406_14115118.jpg
ありました!モザイクタイルのタタキと丸柱のカフェー建築だ!戦後レッドラインの証し。
d0147406_14133927.jpg
海に向かって歩いていくと大きな建物が現れた。「山田別荘」という昭和初期の建物だそうです。別府石の石垣も素晴らしい。
d0147406_14134255.jpg
そして国道10号線にそそり建つ「別府タワー」。東京タワーを設計した内藤多仲によるタワーシリーズの一番最初の建築で、昭和32年(1957年)竣工しました。
d0147406_18100199.jpg
今見ても新鮮なデザインだなぁ。
d0147406_23363022.jpg
駅前通りの南側へ。駅前通りから中浜通りにかけてが商店街と歓楽街です。
d0147406_14134471.jpg
「別府やよい商店街」のアーケードから入っていきます。
d0147406_14134758.jpg
やよい商店街の一本東側を並走する「ソルパセオ商店街」アーケード。
d0147406_18162515.jpg
かつての楠本町通り。
d0147406_14135019.jpg
物販店が並ぶアーケード街の裏は飲食店街です。この構成は全国共通ですね。「八坂レンガ通り」は歩行者専用のスナック街・飲み屋街でした。
d0147406_14152030.jpg
そして有名な「竹瓦温泉」。明治12年(1879)創設で、現在の建物は昭和13年(1938)のもの。立派な建物です。
d0147406_14152434.jpg
竹瓦温泉の前の竹瓦小路は、「わが国最古のアーケード」と言われています。ほんとかな。
d0147406_19014937.jpg
繁華街・歓楽街の中心部である流川通り(東西方向)のかつての様子。
d0147406_14152818.jpg
d0147406_18131509.jpg
主軸の楠本町通りの東側はスナック街。古い地図でもその様子が伺えます。
d0147406_19023971.jpg
「妙見川通り」は極細の路地ですが、川を暗渠化した通り。
d0147406_19024257.jpg
中浜筋の町並み。
d0147406_18053737.jpg
やよい商店街の南端付近。そこに怪しげな路地が、、、
d0147406_18053927.jpg
???
d0147406_14153272.jpg
西法寺通り梅園温泉付近の町並み。
d0147406_14153786.jpg
その途中に怪しげなエリアがある。画像右側方向。
d0147406_14162085.jpg
土管の煙突!
d0147406_14162617.jpg
その怪しげなエリアを入ってみます。さっきアーケードから覗いた路地の先でした。
d0147406_14163027.jpg
2階建ての長屋が建て込んでいる。これこそ戦後闇市飲食店街のようだけれど、別府は戦災を受けていません。どういう経緯でこの街が生まれたのか。謎ですが実に魅力的です。
d0147406_14163517.jpg
楠銀天街=楠本町通り+アーケード
d0147406_18032960.jpg
別府駅前通りからここまで離れると人通りも少ない。
d0147406_18165085.jpg
かつては映画館が建ち並ぶエリアの商店街で、さぞ賑わったことでしょう。
d0147406_18033523.jpg
そのエリアを探索していたら、これまた怪しげな旅館が出現。今や営業はしていなさそうですが、意匠に色気を感じます。
d0147406_18033834.jpg
うーむ、遊里の匂いが、、、
d0147406_18034004.jpg
これはスナック街だ。しかも古そう。映画館の周りにはブルーラインの街があったりしますが、そうなのかな。この辺は空き地が多く見られましたが、かつてはこういう街が広がっていたのでしょうか。
d0147406_14173152.jpg
そして、別府の最南端までやってきました。楠銀天街を抜け、しばらく静かな街を歩いて朝見川を渡ると、浜脇温泉です。最初に記したように浜脇は、鎌倉時代に開かれた八幡朝見神社の門前町であり、戦後まで遊郭、つまりレッドラインでした。以前歩いた時から建物が減ったかな?でも無住ながらかろうじて遊里の面影を残していました。
d0147406_14173725.jpg
JR日豊本線東別府駅。国の登録有形文化財になっている駅舎。ここで、「遊里を歩く 別府編」のレポを終わりますが、どうぞ動画も見てやってください。

# by marunouchi_no1 | 2019-03-15 15:00 | 大分県  

海界の村を歩く 東シナ海 多良間島

d0147406_17475270.jpg
「海界の村を歩く」での沖縄最後の島、多良間です。
d0147406_17483067.jpg
多良間島は、宮古島と石垣島のちょうど中間にあります。
d0147406_17475607.jpg
多良間島へは、宮古島からしか行くことができません。飛行機か船です。
d0147406_17480179.jpg
飛行機は琉球エアーのプロペラ機。
d0147406_17480782.jpg
1時間足らずで多良間島に到着しました。
d0147406_17493800.jpg
多良間空港。飛行機を降りるとターミナルビルまで歩いて、ビル内を簡単に通り過ぎる。飛行機降りてから3分で空港を出る。この感じが離島に来たという気分にさせてくれます。
d0147406_17485463.jpg
多良間島
宮古島の西67km、石垣島の北東35kmにある隆起サンゴ礁の島で、今なお隆起している。北側の標高34mの八重山遠見台を最高点とした円形の平坦な地形で、南へのなだらかな傾斜は沖合い300〜1000mまで延びるサンゴ礁へ続く。島の北寄りにほぼ一体化した仲筋・塩川の2集落があり、住宅や主要施設はこの地区に集中している。この周辺にみどころや史跡も多い。島全体によく整備された圃場がひろがり、ほぼ一直線の農道が島中央部を東西に走っている。主産業はサトウキビ栽培で、単位面積収穫高は沖縄一を誇っている。このほか肉用牛の生産も行われ、のどかな牛の放牧風景も見られる。島の海岸線を防潮林取り囲み、集落の抱護林御嶽を取り巻く森など貴重な植物群落が多い。また、民俗芸能が継承され、なかでも琉球王朝文化の流れをくむ豊年祭「八月踊り」(国指定無形民俗文化財)は、今や多良間島でしかみられない組踊りが奉納されるとあって注目を集めている。(「シマダス」参照)

空港を出ると迎えに来ているクルマに何人かが同乗させてもらっています。のどかだ。そして、レンタカーを頼んでいた民宿 クロスの島丸宮さんがやってきた。「沖縄の離島で最後なんですよ」と話したら「そういう方多いですね」と言われました。リゾートやレジャー施設がないので観光客はほとんど来ないそうです。泊まり客は仕事の方主体。
d0147406_17501261.jpg
前泊港。宮古島平良港からフェリーで来るとこの港に着きます。
d0147406_17501551.jpg
琉球海運のコンテナが積まれています。こういう風景も離島ならでは。
d0147406_17501979.jpg
島には集落が1箇所、以外はサトウキビ畑か牧場です。
d0147406_17502597.jpg
ムシャムシャ
d0147406_17511680.jpg
普天間港・多良間漁港。
d0147406_17512103.jpg
多良間集落の中心地。スーパマーケットがあります。
d0147406_17512758.jpg
まずは腹ごしらえ。丸宮さんの隣の店でお蕎麦を食べよう。だが引き戸が開かない。「←玄関からお入りください」と書かれている。玄関できつ脱いで上がりこむと、、、
d0147406_17513212.jpg
食堂になっていました。民宿もやっておられるみどりや旅館。
d0147406_17513834.jpg
焼きそばを食しました。太く平たい麺とスパムやピーマンが美味しい!
d0147406_17525306.jpg
多良間集落の目抜き通り。
d0147406_17525952.jpg
多良間島も宮古島や伊良部島と同様で瓦屋根の木造民家があまり見られません。昭和34年の台風で被害を受けたのでしょうか。しかし、味わい深い鉄筋コンクリート造の家並みもいいものです。画像のように日射を遮る深いバルコニーを備えた民家は沖縄ならでは。
d0147406_17530532.jpg
しっとり
d0147406_17531188.jpg
d0147406_17540312.jpg
珊瑚石による石塀。
d0147406_17541063.jpg
商店
d0147406_17541877.jpg
d0147406_17543297.jpg
やっと見つけた瓦屋根の民家
d0147406_17543816.jpg
嶺間部落公民館
d0147406_17552246.jpg
d0147406_17552879.jpg
碁盤目状の町割りなのでジグザグに歩きます。
d0147406_17553644.jpg
黄色い花が綺麗
d0147406_17554356.jpg
所々にヤギがいます。空港の駐車場にも木につながれたヤギがいました。そっちは観光用だそうです。
d0147406_17554880.jpg
ピィトゥマタウガン。塩川字の八月豊年祭を催す場所です。八月御願はここを出発して地区内の各御嶽を参拝し、豊年の感謝と祈願を捧げた後、ここに戻って余興を演じるそうです。空港のモニターに祭りの様子が流れていました。
d0147406_17562112.jpg
新しいお店?
d0147406_17562534.jpg
図書館や多良間島小学校に通じる道。
d0147406_17563355.jpg
多良間村役場。
d0147406_17563828.jpg
八重山遠見台
d0147406_17564167.jpg
右の石垣が古い遠見台。タワーは展望台。
d0147406_17571621.jpg
展望台から多良間島の北にある水納島(みんなじま)を臨む。ここは有人島ですが定期船はありません。行く際はチャーター船(往復3万円)で渡るしかない。しかも、海が荒れたら渡れません。今日の天候では無理です。
d0147406_17572095.jpg
多良間の集落。平らですね。
d0147406_17572434.jpg
また風雨が強まってきました。ドローンを飛ばしたかったなぁ。そして終わっちゃった。なんか寂しいです。いずれまた、水納島目指して訪れる日が来るかな。

# by marunouchi_no1 | 2019-02-17 20:00  

海界の村を歩く 太平洋 大神島

d0147406_19233982.jpg
(宮古島市大神島)
d0147406_10445460.jpg
d0147406_19272479.jpg
伊良部佐良浜集落の取材を終えたら急に雨が降り出しました。できれば島の南東部も巡りたかったのですが、雨足強く気が乗りません。北東端に近い島尻港へ早めに移動し、クルマの中で雨が止むのを祈ります。
14:15発の大神島行き渡船に乗ります。
d0147406_19272802.jpg
大神島
宮古島の北部、島尻漁港から約4kmにある、標高75mの円錐形の小島。古くから宮古諸島に暮らす人たちの崇敬を集める「神の島」とされ、信仰と祭祀を大切にする暮らしが受け継がれている。民俗行事の「祖神祭」は島外の人々には観ることさえ許されず、なお神秘の島ともいわれている。また、島内には御嶽も多く、集落以外大部分は祖神が宿るとされる聖地なので立ち入りには注意が必要。半農半漁の生活を営んでいるが、保存食として生まれた「干ダコ」は注文に応じきれないほどの人気。離島の池間島の海んちゅ(漁師)の多くは大神島の出身者だったともいわれている。(「シマダス」参照) 
d0147406_19282418.jpg
大神島の集落は港から離れたやや高所にあります。取材したいのですが、雨風が強くレンズがすぐに濡れてしまう。まず一番高い「遠見台」へ登って雨が弱まるのを待ちます。
d0147406_19282918.jpg
遠見台から麓の集落と港を見下ろす。風が吹き上げてくるので、傘が役に立ちません。
d0147406_19284017.jpg
遠見台への登山道の入り口にあった井戸。集落の一番高所です。雨は弱まりそうにないので、取材を開始します。
d0147406_19284414.jpg
大神は小さな集落で、家の数は10軒くらいでしょうか。
d0147406_19293648.jpg
木造瓦屋根(セメント瓦)の伝統様式が2、3軒かな。建具の木もいい感じ。
d0147406_19293910.jpg
d0147406_19294312.jpg
d0147406_19295103.jpg
↑こちらのお宅がいい感じでして、四周の写真を載せてしまいました。
d0147406_19295945.jpg
d0147406_19303915.jpg
d0147406_19304551.jpg
壊れた家も周りにあったので、かつての集落はもう少し大きかったのでしょう。
d0147406_19304979.jpg
集落と港の間にあるコミュニティセンター。動画編で映っているわんちゃんは、船が港に着いた時からあちこちで出会いました。島紹介のサイトにも出てました。島のマスコットのようです。
d0147406_19305940.jpg
ノッチ?と呼ばれる奇岩の場所。
d0147406_19313926.jpg
港に戻ったら雨が止んできました。動画取材にもう一度集落へ行こうか。

# by marunouchi_no1 | 2019-02-16 21:00 | 沖縄県