人気ブログランキング |

舳倉島

d0147406_18204627.jpg
(石川県輪島市舳倉島)

2019年夏、これから日本海に浮かぶ3島、石川県の能登半島輪島市沖にある「舳倉島」、新潟県の下越村上市沖にある「粟島」、そして山形県の庄内酒田市沖にある「飛島」を再訪します。それぞれ離れていますので、メッチャ長距離移動の旅となるでしょう。
d0147406_18501390.jpg
舳倉島
能登半島の北端・輪島市の北海上約48kmに位置する。長卵形で海抜12mの平坦な島。厳しい自然の影響を受け、断崖が連なり複雑な入江をつくり出している。また、島は対馬暖流の影響下にあって好漁場であることから、海女を中心に輪島市内から季節的な島渡りの歴史は古く、「万葉集」には「沖つ御神」「沖つ島」としてアワビをとる珠洲の海女のことが詠まれている。島内からは、5世紀から8世紀にかけての当時の食糧となった魚介類や海洋性哺乳類の骨、祭祀に供されたとみられる牛骨などが出土している。また、式内社である奥津比咩神社からは青銅の海獣葡萄鏡発見され、抜海國との交渉を背景とする国家的祭祀場だった可能性が指摘されている。永禄年間(1558-70)筑前国宗像郡鐘ケ崎の海女ら12人が羽咋郡赤崎付近に漂着、その後輪島・光浦に移住し、天正年間(1573-92)加賀藩主前田利家の「のしあわび」を献上、舳倉島での漁業権を認められたと伝えられる。以来、漁業中心の生活が営まれ、海女漁によるアワビ・サザエ採取、ブリ・メバル・タイなどの刺網・一本釣が行われている。夏場の漁期には輪島市本土漁業者の渡島で人口は増加するが、冬季には十数人に減少するなど人口の変化が大きい。また、島全域が能登国立公園に指定されており、日本と大陸との間を渡る渡り鳥の大切な羽休めの島でもある。(「シマダス」参照)
d0147406_09484190.jpg
舳倉島は石川県輪島市に属し、輪島港から「へぐら航路株式会社」の運航する定期船で渡ります。1日1便ですが、輪島港発着で舳倉島に4時間半停泊して戻るので、十分日帰り探訪が可能です。島には民宿もあるようですが、1泊して翌日天候悪化で船が出なかったりしたら大変ですから、日帰りが安心です。
d0147406_10421066.jpg
切符を買ってから、市内の朝市で弁当の買い出し。栗ご飯を用意しました。島には食堂はありませんので。
定期船は、輪島港の漁業施設前で、漁船に混じって停まっていました。
d0147406_09484386.jpg
新しい船です。20年前に乗った時は漁船に毛の生えたような船だった気がする。
d0147406_09484563.jpg
至って海は穏やか。それでも能登半島から離れるにつれ波が高くなってきました。
d0147406_09484847.jpg
輪島港から1時間25分。絶海の孤島、舳倉島に着きました。下船したお客さんで島関係者以外は4、5人かな。訪れる人は、バードウォッチング釣りが目的です。集落探訪などする人は私だけ。
d0147406_09485166.jpg
平らな島の真ん中で一番高い場所に灯台があります。灯台を背景にした集落に入っていきます。
d0147406_09491944.jpg
舳倉島漁港に面する小岩地区の家並み。
d0147406_09503884.jpg
短冊形の敷地に、日本海のこの地域らしい切妻妻入の家々が並んでいます。この集落は、輪島市内の海士町(輪島漁港の西側の町)に住む漁師の別宅なので、町名も同じ海士町ですし、集落形態も似ています。
d0147406_09492417.jpg
下見板張り総二階の家。
d0147406_09493255.jpg
屋根は黒色の桟瓦葺です。そして共通要素でありユニークなのが瓦屋根の上に縄が置いてある事。元々は漁で使用していたツールでしょうが、屋根の瓦が強風で飛ばされないようにするための重石の役割を果たしているのでしょう。
d0147406_09505239.jpg
船が浜に引き上げられて置いてある。
d0147406_13092092.jpg
ひもの
d0147406_13093684.jpg
雲がとてもキレイ
d0147406_13094283.jpg
砂利の浜辺に家が建つ。これが舳倉島集落の特徴の一つ。
d0147406_13094759.jpg
d0147406_13095580.jpg
灯台を背にした集落。灯台が島の真ん中にある。平べったい島ならでは。
d0147406_13131190.jpg
さぁ、今回初めて飛ばします新しいドローン機DJI Mavic2Pro。スピード、バッテリー容量、安定感、そしてカメラ、どれをとってもMavic Air に比較して良い!
遠くまで飛ばして島を撮ることは、バッテリーの持ち時間や電波の関係でAirではちょっとためらっていましたが、Proなら安心です。
d0147406_13131829.jpg
小さく本当に平坦な島だ。そして絶海度が凄い。よくもここに集落が形成されたものだと改めて感心します。
d0147406_13132571.jpg
d0147406_13375357.jpg
小岩地区の家々の配置が放射状であることがよくわかる。
d0147406_13114425.jpg
西邑地区の空撮。防波堤がない海岸すれすれの集落。
d0147406_13114959.jpg
北ズラ地区。大きな船溜りに面した集落。この大きな船溜りに輪島からの船が入るのですから、漁業基地としていかに重要であるかがわかります。
d0147406_13124010.jpg
ここで一服。港に日陰を作ってくれるあずまやがあり、弁当の栗ご飯を食べる。
d0147406_13143251.jpg
西邑地区を歩きます。
d0147406_13124948.jpg
空から見てもわかりましたが、防波堤がなく、砂利敷きの浜辺に家々が並んでいます。
d0147406_13125371.jpg
このように石を積み上げて神様を祀っている場所が所々に見られます。安全祈願だそうです。
d0147406_13125734.jpg
建物は切妻妻入、下見板張、黒瓦。主屋と付属屋で前庭を囲み、前庭は浜辺に連続する。屋根の上には縄が置かれている。
d0147406_13140871.jpg
小岩地区へ戻り、反対方向の北ズラ地区へ歩いていきます。小岩地区の背後の丘上に小中学校の分校がありました。
d0147406_13141020.jpg
法蔵寺。お寺も島に1つあって、ここも輪島の本寺の出先という大きさだ。
d0147406_13160108.jpg
北ズラ地区の家。
d0147406_13361517.jpg
船溜りの中にお社がありました。
d0147406_13144485.jpg
北ズラ地区は比較的大きな家が多く見られます。民宿もありました。
d0147406_13160187.jpg
前庭の一角にある祠。
d0147406_13343867.jpg
d0147406_13344295.jpg
北ズラ地区の町並み。
d0147406_13354299.jpg
ちょうどお昼時。午前中の海人漁を済ませ昼飯を食べに家に戻ってくる方々が多くおられた。前庭にはウエットスーツが干してある。
d0147406_13345218.jpg
北ズラ集落の端部。
d0147406_13345452.jpg
島の北端の岬に恵比寿神社があります。ここにも「ケルン」とい石を積み上げた塔があります。これを崩したり石を持って帰ると不幸が起こると言われています。
d0147406_14102963.jpg
恵比寿神社。石垣に守られたお社は海を向いています。ここからの海岸の風景は素晴らしいの一言。
舳倉島は何もない小さな島ですが、何度も訪れたくなります。

# by marunouchi_no1 | 2019-08-09 08:34 | 石川県  

海界の村を歩く 東シナ海 水納島

d0147406_10350222.jpg
(沖縄県本部町水納島)

沖縄本島の北西部、本部町沖の東シナ海に浮かぶ小さな島「水納島(みんなじま)」へ渡ります。沖縄県内にある定期船でいける有人島の最後が、この水納島になりました。
d0147406_10354648.jpg
水納島
本部半島の西方約7kmに位置する標高12mと低平な隆起珊瑚礁の島。島の東から北にかけて連なる純白の砂丘、島を取り巻くように発達したサンゴ礁、エメラルドグリーンの海の美しさは、観光沖縄のキャッチフレーズ「海と空の美しさ」を象徴する景観だ。「クロワッサンアイランド」として沖縄の観光ポスターなどにもよく登場する。かつては、島全体がメンナノ御嶽として聖域となっていた。島内からは1000〜1500年前のものとみられる貝塚が発見されているが、明治23年、瀬底島の製糖組が開発するまでは無人島だった。同36年頃か瀬底島から13戸が移住、集落が形づくられた。現在は、ニンジン・スイカなどの栽培と畜産が営まれている。島名は文献によると「井泉皆無なり、島名これによって起こるか」とあり、水のない島ということから名づけられたようだ。(「シマダス」参照)
d0147406_10373585.jpg
渡久地港。今年の1月に伊江島探訪で本部に来た時、冬だったので1日3便、水納島に渡れませんでした。
d0147406_10453261.jpg
ところが夏は1日10便、簡単に日帰りができます。
d0147406_10374234.jpg
城山のある伊江島の島影。
d0147406_11025531.jpg
水納島港は水納ビーチの中。「マリンレジャーの島」という印象です。
d0147406_10443842.jpg
クロワッサン島と呼ばれる島の形。集落は島の真ん中の高いところにあります。瀬底島から移住した人々が作った集落の名は瀬底です。
d0147406_10382044.jpg
水納島瀬底集落の町並み。集落がマリンレジャーランドという感じで、水着姿の人たちが歩き回っています。
d0147406_10435689.jpg
水納島瀬底集落の民家。
d0147406_10425043.jpg
セメント瓦
d0147406_10440523.jpg
鉄筋コンクリート壁で補強した家。木造民家の外壁の主に四隅を鉄筋コンクリート壁で補強しています。
d0147406_10443381.jpg
水納島瀬底集落の町並み。
d0147406_10432802.jpg
d0147406_10462801.jpg
水納島瀬底集落の町並み。
d0147406_10463138.jpg
宿泊施設のログハウス。集落は小さくあっという間に終わった。
d0147406_10463473.jpg
d0147406_10474719.jpg
本部町水納島小中学校
d0147406_11170118.jpg
Googleマップでみると、島の西端の集落から離れた場所に不可解な建物がある。屋根がなく廃墟のようにも見える。行ってみよう。
d0147406_10475179.jpg
???
d0147406_10472838.jpg
上屋がなく基礎だけ?だけど上屋のある場所もあって中に牛がいる!そうか牛舎でしたか。画像の水の溜まっているところは餌場。一部の上屋が撤去されているということでした。
d0147406_10473335.jpg
クロワッサンの内側のビーチ。マップに名前がない。ということで、道標には「名もなきビーチ」とありました。
画像は青空ですが、実はここで大雨に。残念ながらドローン空撮はできませんでした。
d0147406_11254298.jpg
本部に戻ってランチ。有名な「きしもと食堂」本店は長蛇の列、ちょっと離れた八重岳店に入りました。面がシコシコしていて美味かった!

# by marunouchi_no1 | 2019-07-28 20:00 | 沖縄県  

海界の村を歩く 東シナ海 伊是名島ウンナー

d0147406_16270236.jpg
(沖縄県伊是名村伊是名)

沖縄本島の北西、東シナ海に浮かぶ伊是名島と伊平屋島は、かつては1つの村だったそうですが、現在は別の村であり、船も運天港からそれぞれに運行しています。13年前、伊平屋島に渡ったあと、チャーター船で伊是名に渡ったことを思い出します。懐かしいです。
d0147406_16353056.jpg
伊是名島
沖縄本島の北約27kmの東シナ海に浮かぶ島。周囲には具志川島、屋那覇島、降神島の3つの無人島がある。島はリーフに囲まれ、海岸沿いに伊是名・内花・勢理客・仲田の5集落が点在している。標高120mのチジン山と大野山を結ぶ山々を中心に東西へ緩やかな傾斜地が広がり、サトウキビが栽培され、コメ作りも盛ん。また、沖縄随一の養殖モズクの産地としても知られている。まわりの無人島は、キャンプやダイビング・釣りのメッカだ。琉球王朝第二尚氏の始祖「尚円王」の出生地として広く知られ、文化財も多く、歴史と自然が残る。(「シマダス」参照)
d0147406_16373831.jpg
伊是名港では、大学時代に伊是名集落を研究していたという会社の同僚が迎えに来てくれていました。バイクを借りて早速伊是名集落へ向かいます。
集落では、祭りの前日の準備をしていました。ウンナー祭りのクライマックスでは大綱引きが催されます。その綱を作る準備です。田んぼの藁を集めて、数本を束ねて結び、それをつなぎ3本を引っ張りながら捻って最初の縄にしていきます。
d0147406_16450583.jpg
これが結構力がいる作業。伊是名地区の中に10班があり、一つ一つの班がこの縄を作って、明日持ち寄り、大きな縄にするのです。
d0147406_16445526.jpg
祭り前日の作業が終わったのが19:30頃。これから飲み会が始まります。
d0147406_16474002.jpg
私たちが参加したのは、集落の西(イリ)地区。漁師の方の家で刺身がふるまわれました。
d0147406_16512456.jpg
d0147406_16512998.jpg
祭りの行われる集落の中心にある公民館では、準備を終えた青年会の方々が酒盛りをしているというので、そこに参加。いつしか三線を奏でた踊りが始まった。
地酒の泡盛をしこたま呑んで潰れました。気がついたら民宿のトイレの前で寝ていました。
d0147406_16561985.jpg
祭り当日。午前中は空撮です!伊是名ビーチからドローンを飛ばします。
d0147406_16562455.jpg
伊是名ビーチはサンゴ礁のリーフです。船の通路だけリーフが削られているのがよくわかる。
d0147406_16573921.jpg
伊是名集落。周囲は田圃が広がっています。
d0147406_16563962.jpg
左下の陸屋根の建物が公民館。この公民館から北側(奥側)が古い集落で、フクギ林も多く残っています。
d0147406_06553201.jpg
集落の一番北側には、旧家の二つの大きな屋敷が並んでいます。一番右にある赤瓦の家は「旧銘苅家住宅」です。銘苅家住宅は、琉球王朝第二尚氏の始祖「尚円王」の叔父にあたる家系の家で、明治39年に再建された建物です。沖縄戦の被害を免れ保存状態も良く、国重文に指定されています。
d0147406_06564453.jpg
島の南東端にあるチジン山から伊是名集落を遠望。左にある三角形の山の向こうに「陸ギタラ」「海ギタラ」という珊瑚石の頂があります。
d0147406_06553728.jpg
大綱引きは伊是名集落を東(アガリ)と西(イリ)に分かれての対抗戦。公民館前が中央になります。
d0147406_06565271.jpg
各班で作られた綱が公民館前に集められました。ここでそれらを束ねて、大綱を作ります。
d0147406_06564986.jpg
50cmくらいおきに縛って、それらがズレないように長手方向にも繋いでいきます。ここが綱引きの際に持つところになるのです。

東西の大綱は互いに向かい合う側の端を輪っかにして結びつけます。その真ん中に刺して外れないようする「カヌチ棒」。男根の形をしています。
d0147406_10122011.jpg
大綱が出来上がりました。伊是名酒造で贈呈用のお酒を購入。
d0147406_10220370.jpg
さぁ始まるぞ!
d0147406_06583517.jpg
午後6時から集落内の巡行。稲作農家、お祝い事のある家を一軒一軒回って家の前庭で踊ります。各家ではお酒とお料理を振舞います。
d0147406_06593276.jpg
伊是名ビーチではキャンプやバーベキューをしている方々がいて、そこでもひと踊り。
d0147406_06593341.jpg
カジマヤー97歳のおばぁの家。なんと、おばぁも一緒に踊っておられる!おめでとうございます!握手をさせていただきました。
d0147406_07004520.jpg
沖縄の遅い日没。巡行は2時間弱かかりました。
公民館前に戻って、スナイという担がれた板の上での取っ組み合いなど、前座的なイベントを終えて、いよいよ大綱引!
d0147406_06593678.jpg
伊是名区長の掛け声で一斉に東西が引き合います。1回目はドロー。
d0147406_06593739.jpg
2回目は東(アガリ)に軍配が上がりました。私は、西(イリ)側の所属でしたが、撮影していたため競技に参加できず、すいませんでした。

# by marunouchi_no1 | 2019-07-27 23:00 | 沖縄県