人気ブログランキング |

海界の村を歩く 太平洋 父島(東京都)集落編

d0147406_17572691.jpg
(東京都小笠原村本村)

さて観光はこれくらいにして、本題の集落を歩きましょう。
d0147406_17581365.jpg
父島の集落は主に二見湾の周りにあります。湾の北岸に大村、北東岸に奥村・清瀬、南岸に扇浦の各集落があります。
d0147406_19060886.jpg
二見湾を空撮。おがさわら丸よる奥に見える集落が清瀬・奥村。
d0147406_19093140.jpg
小笠原村の中心集落である大村地区。
d0147406_19061170.jpg
旭山の山麓から眺める。手前が奥村の集落です。
d0147406_12170456.jpg
ペリーが小笠原に立ち寄ったことを知った幕府は、文久元年(1861)臨海丸をはけんした。絵図はその頃の奥村の裏山から二見湾を見てえがかれたもの。
d0147406_19061736.jpg
大村地区の東側。海岸から三本の通りで構成されています。小さいですね。
d0147406_19062061.jpg
大村地区の西側。この辺りに平地があって最初の集落が形成されたようです。戦後の建物ばかりですが、町割りは変わっていないのかな?
d0147406_19072943.jpg
大村地区の海岸通。目抜き通りです。
d0147406_19073492.jpg
海岸通の町並み。この建物は3泊滞在中の宿「パパスアイランドリゾートHale」。一階がレストランになっています。
d0147406_19073632.jpg
Haleの前にある小笠原生協。村内最大のショッピングセンターです。
d0147406_19073842.jpg
生協の前にもスーパーマーケット。島に人たちはどっちかで食材を調達している様子。
d0147406_19074071.jpg
d0147406_19110928.jpg
生協の並びにはお土産物屋さんが並んでいます。店頭を飾っているのはサンダル。まぁ海に入りに来ている人達がほとんどだから、持ってくるの忘れて買うってか?私は帰りの船の中で使うために買いました。
d0147406_19083639.jpg
しばらく歩いて行くと小笠原村役場。
d0147406_19083812.jpg
役場の前に小笠原に関係ある⁉︎場所への距離と方向を示した集合サインがあった(こういうのなんていうのだろう)。東京が979km、沖ノ鳥島までさらに同じ位あるのがビックリです。
d0147406_19115971.jpg
d0147406_19084147.jpg
役場の前で海岸通と交差する幅広の通り。そこに郵便局、警察署、総合庁舎、そして突き当たりに東京都の小笠原支庁があります。
d0147406_19100786.jpg
さらに、一本入ったところにあるのが小笠原世界遺産センター。世界自然遺産の対象となっている動植物を保護するための調査研究など取り組みがされている。その展示がありますが、とにかくマニアック。大きなスクリーンで何の映像を流しているかと思ったら、西之島(近年噴火した)の土をドローンに付けた掃除機で吸い取る映像が延々と流れていました。
d0147406_19101326.jpg
小さな教会が現れた。戦後小笠原は米軍の統制下に入りました。その中で帰島が許されたのが欧米系の住民でした。彼らは、戦前からあった教会が失われていたため、新たに建てたのがこの教会になります。
d0147406_19101627.jpg
気象庁父島気象観測所
d0147406_19102003.jpg
海岸通りの突き当たりにある海上自衛隊父島基地分遣隊。街はこのあたりで終わります。
d0147406_20052965.jpg
海岸通りから一本山側を平行する「ボニン通り」は飲食店街。夜の賑わいを取材しましたが、絵にならないので掲載はやめました。それほど小さくて静かな街です。
d0147406_20052893.jpg
和食・洋食・中華(やや離れた場所)一通りのメニューが揃っています。カラオケパブまである。
d0147406_20084053.jpg
昭和初期の大村の町並み。どの通りかわかりませんが、両方に家が建っているからボニン通りかな?木が多いですね。
d0147406_20120114.jpg
開拓時代の住居の模型。ビジターセンターに展示されています。
d0147406_20084118.jpg
大神山神社下の民家。ビジターセンターにあった古い写真にも写っていましたので、数少ない返還前の民家と思われます。
d0147406_20084479.jpg
大神山神社への参道。この階段を登り切って社があると思ったら、さらに上まで参道が続いてた。
d0147406_20120899.jpg
二見湾を望みます。湾の対岸に見える集落は扇浦。
d0147406_20114450.jpg
ガジュマルの屋敷林。かつては暴風のために植えられていたそうです。家がなくてもガジュマルがあるとそこは屋敷の跡だとか。
d0147406_20114544.jpg
大村と清瀬・奥村を結ぶトンネル。その中に大きな木戸がありました。防空壕として使用するために付けられたものだそうです。
d0147406_20114506.jpg
旭山山麓から眺めた二見。
d0147406_20115141.jpg
幕府が派遣した臨海丸による調査団の描いた絵図?。奥村から湾口を望む。
d0147406_20115933.jpg
大村から見て二見湾の対岸に扇浦という集落があります。
d0147406_08033146.jpg
明治政府は、明治9年に小笠原が日本の領土であることを各国に通知し、扇浦に内務省出張所を建てました。その時に扇浦を描いた図です。
d0147406_20135756.jpg
d0147406_20140113.jpg
奥村と扇浦との間は険しいため以前は道路がなく、大村とは船で行き来していたそうです。その時の桟橋の痕跡が見られます。
d0147406_20140431.jpg
扇浦の海岸線の町並み。丘の上にも集落があります。古絵図を見ても丘の上にも集落が見えます。ほとんどがペンションで、大村地区より静かな扇浦地区に泊まるのを好む旅行者も多いそうです。
d0147406_09055963.jpg
二見湾の過去と現在。大村地区の一部に集落が見え、他は戦後埋め立てられたことがわかります。
d0147406_20152544.jpg
船で1泊、父島で2泊、4日目の朝を迎えました。これから母島に渡ります。

# by marunouchi_no1 | 2019-11-25 20:00 | 東京都  

海界村をの歩く 太平洋 父島(東京都)名所編

d0147406_12472522.jpg
(東京都小笠原村父島)
d0147406_06074444.jpg
小笠原諸島、行きたくてもなかなか行くことができない東京。竹芝桟橋から父島二見港までちょうど24時間かかります。最低でも現地に3泊して5日必要。しかも出港日が6日毎でズレていくから、連休に合わせていい具合に予定を組むことができない。
昨年も11月に計画し旅費も払い込んだのに、直前で仕事のトラブル。泣く泣くキャンセルして半額払い戻しされませんでした。今年はなんとか実行できそうです。
d0147406_06044091.jpg
父島
東京の南南東約1000kmにある小笠原諸島最大の島。2016年7月に就航した新造船おがさわら丸」で東京から24時間。1639年オランダ船によって初めて発見されたと言われている。ほかにも1543年のスペイン船発見説、また文禄2年(1593)信州深志城主の小笠原貞頼の発見・上陸という説もある。寛文10年(1670)に阿波国のミカン船が母島に漂着、のちに父島を経て帰国したことから、幕府は5年後に島谷市左衛門らを派遣し、実測図などを残している。長崎に渡来したドイツ人医師ケンペルは、この無人島の記録を著書「日本誌」(1727)で紹介している。また、天明5年(1785)には経成学者林子平の地理書「三国通覧図説」にも記された。19世紀に入るとイギリスやロシアの捕鯨船・探検船が来航している。実際の開拓は天保元年(1830)ナサニエル・セーボレーら5人の欧米人と20人のハワイの人々の入植によるもの。嘉永6年(1853)にはペリーが来航している。文久元年(1861)幕府は小笠原島の帰属を諸国に通告、外国奉行水野忠徳を臨海丸で派遣している。翌年には八丈島から30人数人が入植、国内外の事情により全員が一旦引き揚げるものの、明治9年には日本領と確定し、再び入植が始まった。戦前は野菜・花栽培、カツオ・マグロ漁などが主に意図まれていた。戦時中は海軍飛行場などが造られ、昭和19年には住民のほとんどが本土へ強制疎開、戦後21年にはアメリカ軍統治下で欧米系住民120人余りの帰島が認められたが、ほかの住民は昭和43年の日本返還まで帰島が帰島が許されなかった。昭和47年に国立公園指定され、平成23年6月には世界自然遺産として登録された。世界的にも珍しい動植物が多く、「東洋のガラパゴス」とも呼ばれ、ダイビングなどのマリンスポーツやホエールウォッチングなどの拠点としても注目を浴びている。(「シマダス」参照)

おがまるパック」というので往復の船代と宿がセットになっているツアーを押さえました。往復共に2等寝台、宿は父島の同じところに3連泊です。
父島の集落は二見湾に面してありますが、大きいのは湾の北側にある大村・清瀬・奥村と南にある扇浦です。他にも小集落が点在しています。
d0147406_12254515.jpg
私を乗せたおがさわら丸は、水曜日の11:00に竹芝桟橋を出航します。
d0147406_12281995.jpg
天気がいいぞ!とはいえ同じ東京でも1000km離れているから、あまり関係はないです。
d0147406_12282446.jpg
船内に航路付近の通過予定時刻が掲示されてます。東京湾から外洋に出て、伊豆諸島の島々の東側を順次通過していく。
d0147406_12282686.jpg
伊豆七島とはこの角度からみたモノだと思わずにいられないほど綺麗に七島が並んでいました。そして、三宅島と御蔵島のあたりで日没です。
d0147406_12283461.jpg
展望ラウンジで小笠原限定のレモンチューハイをいただきます。これが結構美味しい!
d0147406_12315396.jpg
日が変わってデッキに出ると生暖かい。飛行機で沖縄に降り立った時の気分が、船で味わえるのは新鮮です。
水平線には変わった形の島が並んでいました。そこはもう小笠原諸島、聟島(むこじま)列島です。
d0147406_12101491.jpg
そして父島列島が見えてきた。左から弟島、兄島、父島。父島列島は男性、母島列島は女性の名前が付いています。
d0147406_12101706.jpg
24時間丸一日して11:00父島二見港に到着です。港には各宿の人たちが出迎えてくれます。
d0147406_12101839.jpg
宿は「パパスアイランドリゾートHale」という街のど中心にあるけれど、とっても居心地の良さそうな建物。
d0147406_12102507.jpg
早速、Hale1階のレストランで腹ごしらえです。海鮮丼には南の島で採れた新鮮なお魚がいっぱい。
d0147406_12102888.jpg
宿の目の前は、小笠原諸島で最も大きなショッピングセンター「小笠原生協」です。飲み物を買いましたが、メッチャ高いのにびっくり!運送代が高いのでしょう。
d0147406_12260372.jpg
父島の集落を歩く前に、まずは島の観光名所を一周します。ここはウェザーステーション展望台へ上がる途中にある二見湾を見下ろせる場所。手前が中心集落の大村地区、湾の奥に見えるのが奥村地区です。いずれも沖縄のような白い街という印象。
d0147406_12264627.jpg
ウェザーステーション展望台の近くにある戦跡のひとつ。通信施設だったかな。
d0147406_12211370.jpg
ウェザーステーション展望台。ここは隣の兄島・西島・南島から遠く50km離れた母島まで見わたせる見晴らしの良い高台で、断崖絶壁の頂点にあります。父島近海には12月から5月まで、ザトウクジラがやってくるそうでホエールウォッチングの場所、そして夕陽の絶景スポットでもあります。
d0147406_12243218.jpg
二見湾から見て島の反対側にある宮ノ浜。太平洋戦争では、特攻兵器「震洋」(小型 特攻ボート)の基地でもありました。実際に出撃はなかったそうですが。
浜の向かいに兄島、その間の兄島瀬戸に面しています。この湾内の水面は静かですが、兄島瀬戸に近づくと潮の流れが速いので、海に入る人は要注意。
d0147406_12211897.jpg
浜には色々な形をした珊瑚の小石がたくさん見られます。
d0147406_12243884.jpg
兄島と兄島瀬戸を望む長崎展望台。
d0147406_12212123.jpg
枕状溶岩の断面が現れた擁壁。円形の枕を積み重ねたような形をしていて、境目がガラス質になっています。
d0147406_12274359.jpg
国立天文台VERA小笠原観測所。青森県三沢、鹿児島県入来、沖縄県石垣島、そして小笠原父島の4箇所に電波望遠鏡があり、この四ヶ所を使って半径約1000kmの大きな望遠鏡が形成されているんだそうです。人は三沢にいて、遠隔操作で動かしています。
d0147406_12311023.jpg
島の東海岸真ん中辺りにある初寝浦展望台。ものすごい風だ。
d0147406_09173161.jpg
島の周回道路(夜明道路)から初寝浦展望台へいく途中に戦跡があります。外壁には銃弾を受けた穴が空いている。
d0147406_09141232.jpg
戦前の鉄筋コンクリート造で、入口や窓に分厚い鉄扉が付いていたであろうことが、残っているバカでっかい丁番から想像できます。
d0147406_09225672.jpg
ここも軍事施設の跡。悲しいかなたくさん落書きが描かれている。だれか書き始めると記念に描くのか。描く道具なんてそこらにないから、あらかじめ用意してたってことか。
d0147406_09272510.jpg
壁は一枚半積みの煉瓦造です。
d0147406_09141708.jpg
道端の綺麗な植物。私は植物に興味がないから調べようともしないけど、きっと固有種なんでしょうね。
d0147406_12280489.jpg
ヤシの木って大きな実がなっているイメージでしたが、普通のやつはこういう小さい実がいっぱいなのだそうです。
d0147406_09301643.jpg
宇宙航空研究開発機構小笠原追跡所。種子島で打ち上げられたロケットは5分後に小笠原諸島上空を通過するそうです。その追跡確認のための施設です。電波望遠鏡と違ってここの敷地には入れません。
d0147406_09302112.jpg
北袋沢地区の農村。小笠原村で一番大きな農地だそうです。盆地のようになっている北袋沢地区は他と比較して気温が低い。
d0147406_09302417.jpg
八ッ瀬川に沿った遊歩道を小港海岸まで歩いていきます。
d0147406_09302303.jpg
小港海岸。湾になっていて海も穏やか、とても静かな場所です。
d0147406_09334723.jpg
村内バスはここまで来る。東京都最南端のバス停がありました。
d0147406_12312635.jpg
初日は観光名所を巡るだけ。明日は集落中心に歩きます。

# by marunouchi_no1 | 2019-11-24 06:00 | 東京都  

海界の村を歩く 日本海 飛島

d0147406_13580067.jpg
(山形県酒田市飛島)

日本海の孤島を巡る旅。石川県舳倉島、新潟県粟島と北上し、最後は山形県の飛島です。2012年に初めて訪れて以来7年ぶりとなります。
d0147406_15095625.jpg
飛島
酒田港の北西約39kmの日本海に浮かぶ島。標高68mの高森山を最高点とする平均50mほどの平坦な台地で、対馬暖流の影響を受け県内でもっとも暖かい。北西の季節風を避け、島の南東側に集落がある。歴史は古く、縄文時代の土器も見つかっている。イカ漁を主とした漁業が産業の中心であり、水揚げされたイカで作る魚醤の文化が残る島としても知られる。鳥海国定公園に指定され、周辺の海は自然の宝庫として釣り、海水浴、バードウォッチング、スキューバダイビングなどを楽しむ人たちが数多く訪れる。古くはトド島ともいわれた。また、遊歩道や展望台、「日本の渚百景」に選ばれた荒磯海岸など、自然散策を楽しむ人たちも増えている。平成12年には酒田市となって50周年を迎え、さらに最近は、海岸漂流物のボランティア清掃などを契機に「公益」をキーワードとした大学生や本土側住民との交流も進みつつある。(「シマダス」参照)
d0147406_15144717.jpg
お盆真っ最中。昨日は予約しても満席で今日になりました。
d0147406_15130674.jpg
新潟県粟島への船は大きなフェリーでしたが、こっちは旅客船。当然定員も少ない。
d0147406_15131441.jpg
飛島は全体が台地の島で、集落は崖下の海岸線に沿った平地に細長く形成されています。まず、船着場から一番遠い法木地区の一番端まで一心不乱に歩いてから戻りながら取材したいと思います。画像は法木地区の入口手前にある道。車を通すために開いたのでしょう。
d0147406_15151335.jpg
法木地区を空撮。本当に台地の上には集落が一切ないんですね。
d0147406_15152756.jpg
d0147406_14350804.jpg
法木地区は飛島の特徴ある民家形態が見られます。妻面に細やかな軸組を表わすせがい造り。屋根が剥がれた1棟以外、7年前と変わっていない様子でした。
d0147406_14351068.jpg
なんで妻面を「せがい造り(持ち出し)」にするのかわかりません。雪対策で屋根の出が大きいからでしょうか?
d0147406_14374404.jpg
角の片持ち材が斜めに出ている。
d0147406_14351687.jpg
こうしてみると屋根の軒が深いのがよくわかります。
d0147406_14374969.jpg
なんでもない小屋ですが妻面の意匠が面白い。
d0147406_14363122.jpg
この左手の黒い民家の窓に使われていた型ガラスが綺麗でした。動画をご覧あれ。
d0147406_14390430.jpg
妻面に二階の窓があってその上に軸組みのせがい造りが見られる家。
d0147406_14363752.jpg
法木地区の最も南のエリア。
d0147406_14384380.jpg
法木地区と中村地区との間にある鼻戸崎の沖にある寺島という大きな岩。ドローンで近づきました。
d0147406_14364344.jpg
長〜い集落の真ん中に位置する中村地区。
d0147406_14414541.jpg
d0147406_14391713.jpg
大きな港湾施設が広がっており、漁業が盛んなことがよくわかります。
d0147406_14415157.jpg
中村地区の町並み
d0147406_14415362.jpg
中村地区の町並み
d0147406_14392700.jpg
中村地区の町並み
d0147406_14531323.jpg
中村地区の町並み
d0147406_14531637.jpg
勝浦地区の町並み
d0147406_14531754.jpg
勝浦地区はフェリーターミナルのある島の中心集落です。ざっと眺めてもかなりの数の旅館や民宿の看板表示があります。
d0147406_14532207.jpg
d0147406_14532501.jpg
集落を貫く一本道の山側が主屋で海側に小屋が多いと思われます。
d0147406_14541864.jpg
d0147406_14542022.jpg
勝浦地区の町並み
d0147406_14542471.jpg
石蔵が残っていました。
d0147406_14542849.jpg
入母屋造二階建妻入り
d0147406_14542999.jpg
最後に空撮。日本海に浮かぶ絶海の孤島三連ちゃんの旅を終わります。

# by marunouchi_no1 | 2019-09-06 19:14 | 山形県