人気ブログランキング |

カテゴリ:石川県( 6 )

 

舳倉島

d0147406_18204627.jpg
(石川県輪島市舳倉島)

2019年夏、これから日本海に浮かぶ3島、石川県の能登半島輪島市沖にある「舳倉島」、新潟県の下越村上市沖にある「粟島」、そして山形県の庄内酒田市沖にある「飛島」を再訪します。それぞれ離れていますので、メッチャ長距離移動の旅となるでしょう。
d0147406_18501390.jpg
舳倉島
能登半島の北端・輪島市の北海上約48kmに位置する。長卵形で海抜12mの平坦な島。厳しい自然の影響を受け、断崖が連なり複雑な入江をつくり出している。また、島は対馬暖流の影響下にあって好漁場であることから、海女を中心に輪島市内から季節的な島渡りの歴史は古く、「万葉集」には「沖つ御神」「沖つ島」としてアワビをとる珠洲の海女のことが詠まれている。島内からは、5世紀から8世紀にかけての当時の食糧となった魚介類や海洋性哺乳類の骨、祭祀に供されたとみられる牛骨などが出土している。また、式内社である奥津比咩神社からは青銅の海獣葡萄鏡発見され、抜海國との交渉を背景とする国家的祭祀場だった可能性が指摘されている。永禄年間(1558-70)筑前国宗像郡鐘ケ崎の海女ら12人が羽咋郡赤崎付近に漂着、その後輪島・光浦に移住し、天正年間(1573-92)加賀藩主前田利家の「のしあわび」を献上、舳倉島での漁業権を認められたと伝えられる。以来、漁業中心の生活が営まれ、海女漁によるアワビ・サザエ採取、ブリ・メバル・タイなどの刺網・一本釣が行われている。夏場の漁期には輪島市本土漁業者の渡島で人口は増加するが、冬季には十数人に減少するなど人口の変化が大きい。また、島全域が能登国立公園に指定されており、日本と大陸との間を渡る渡り鳥の大切な羽休めの島でもある。(「シマダス」参照)
d0147406_09484190.jpg
舳倉島は石川県輪島市に属し、輪島港から「へぐら航路株式会社」の運航する定期船で渡ります。1日1便ですが、輪島港発着で舳倉島に4時間半停泊して戻るので、十分日帰り探訪が可能です。島には民宿もあるようですが、1泊して翌日天候悪化で船が出なかったりしたら大変ですから、日帰りが安心です。
d0147406_10421066.jpg
切符を買ってから、市内の朝市で弁当の買い出し。栗ご飯を用意しました。島には食堂はありませんので。
定期船は、輪島港の漁業施設前で、漁船に混じって停まっていました。
d0147406_09484386.jpg
新しい船です。20年前に乗った時は漁船に毛の生えたような船だった気がする。
d0147406_09484563.jpg
至って海は穏やか。それでも能登半島から離れるにつれ波が高くなってきました。
d0147406_09484847.jpg
輪島港から1時間25分。絶海の孤島、舳倉島に着きました。下船したお客さんで島関係者以外は4、5人かな。訪れる人は、バードウォッチング釣りが目的です。集落探訪などする人は私だけ。
d0147406_09485166.jpg
平らな島の真ん中で一番高い場所に灯台があります。灯台を背景にした集落に入っていきます。
d0147406_09491944.jpg
舳倉島漁港に面する小岩地区の家並み。
d0147406_09503884.jpg
短冊形の敷地に、日本海のこの地域らしい切妻妻入の家々が並んでいます。この集落は、輪島市内の海士町(輪島漁港の西側の町)に住む漁師の別宅なので、町名も同じ海士町ですし、集落形態も似ています。
d0147406_09492417.jpg
下見板張り総二階の家。
d0147406_09493255.jpg
屋根は黒色の桟瓦葺です。そして共通要素でありユニークなのが瓦屋根の上に縄が置いてある事。元々は漁で使用していたツールでしょうが、屋根の瓦が強風で飛ばされないようにするための重石の役割を果たしているのでしょう。
d0147406_09505239.jpg
船が浜に引き上げられて置いてある。
d0147406_13092092.jpg
ひもの
d0147406_13093684.jpg
雲がとてもキレイ
d0147406_13094283.jpg
砂利の浜辺に家が建つ。これが舳倉島集落の特徴の一つ。
d0147406_13094759.jpg
d0147406_13095580.jpg
灯台を背にした集落。灯台が島の真ん中にある。平べったい島ならでは。
d0147406_13131190.jpg
さぁ、今回初めて飛ばします新しいドローン機DJI Mavic2Pro。スピード、バッテリー容量、安定感、そしてカメラ、どれをとってもMavic Air に比較して良い!
遠くまで飛ばして島を撮ることは、バッテリーの持ち時間や電波の関係でAirではちょっとためらっていましたが、Proなら安心です。
d0147406_13131829.jpg
小さく本当に平坦な島だ。そして絶海度が凄い。よくもここに集落が形成されたものだと改めて感心します。
d0147406_13132571.jpg
d0147406_13375357.jpg
小岩地区の家々の配置が放射状であることがよくわかる。
d0147406_13114425.jpg
西邑地区の空撮。防波堤がない海岸すれすれの集落。
d0147406_13114959.jpg
北ズラ地区。大きな船溜りに面した集落。この大きな船溜りに輪島からの船が入るのですから、漁業基地としていかに重要であるかがわかります。
d0147406_13124010.jpg
ここで一服。港に日陰を作ってくれるあずまやがあり、弁当の栗ご飯を食べる。
d0147406_13143251.jpg
西邑地区を歩きます。
d0147406_13124948.jpg
空から見てもわかりましたが、防波堤がなく、砂利敷きの浜辺に家々が並んでいます。
d0147406_13125371.jpg
このように石を積み上げて神様を祀っている場所が所々に見られます。安全祈願だそうです。
d0147406_13125734.jpg
建物は切妻妻入、下見板張、黒瓦。主屋と付属屋で前庭を囲み、前庭は浜辺に連続する。屋根の上には縄が置かれている。
d0147406_13140871.jpg
小岩地区へ戻り、反対方向の北ズラ地区へ歩いていきます。小岩地区の背後の丘上に小中学校の分校がありました。
d0147406_13141020.jpg
法蔵寺。お寺も島に1つあって、ここも輪島の本寺の出先という大きさだ。
d0147406_13160108.jpg
北ズラ地区の家。
d0147406_13361517.jpg
船溜りの中にお社がありました。
d0147406_13144485.jpg
北ズラ地区は比較的大きな家が多く見られます。民宿もありました。
d0147406_13160187.jpg
前庭の一角にある祠。
d0147406_13343867.jpg
d0147406_13344295.jpg
北ズラ地区の町並み。
d0147406_13354299.jpg
ちょうどお昼時。午前中の海人漁を済ませ昼飯を食べに家に戻ってくる方々が多くおられた。前庭にはウエットスーツが干してある。
d0147406_13345218.jpg
北ズラ集落の端部。
d0147406_13345452.jpg
島の北端の岬に恵比寿神社があります。ここにも「ケルン」とい石を積み上げた塔があります。これを崩したり石を持って帰ると不幸が起こると言われています。
d0147406_14102963.jpg
恵比寿神社。石垣に守られたお社は海を向いています。ここからの海岸の風景は素晴らしいの一言。
舳倉島は何もない小さな島ですが、何度も訪れたくなります。

by marunouchi_no1 | 2019-08-09 08:34 | 石川県  

町並みWEB集団いらかぐみ 2015オフ会 3

2015/6/14(日)、Yasukoさんと私万訪は加賀の温泉街を中心に歩く予定です。
まず、金沢の奥座敷と言われる湯涌温泉へ行ってみる。目的は、古い旅館がゴースト化して残っていると聞いたので確かめるために。
旧白雲楼ホテル。廃墟となり、廃墟マニアに注目されていた建物だったようで、危険なため解体されていました。
http://freett.com/hachinosu175/1hakuun.htm
跡地はすっかり更地、公園になっていました。廃墟マニアではありませんが、見られず残念でした。
能登半島の付け根、かほく市宇野気に移動。ここでは遊里跡探し。名残がちょことありそうな建物一つだけだった。

d0147406_08295977.jpg

スカ続きですが気を取り直して日本海を西へ。
能美市福島は北国街道の町かな?ソコソコの集落。調子が出てきました。
d0147406_08295946.jpg

小松市粟津温泉の街に入るやいなや、写真の建物が現る。「ん?第3期歌舞伎座にそっくりだ」
そう、第3期歌舞伎座ができた後に造られた粟津演舞場。歌舞伎座に似せた建物では日立の芝居小屋(第2期にそっくり)も知られていますが、影響力あったんですね。
d0147406_08331319.jpg

内部はこんな感じ。インテリアも似てますが、面白いのは花道が斜めなこと^o^
d0147406_08331370.jpg

粟津温泉には余り古い旅館はありませんでした。この老舗旅館は古いのか新しいのか。
d0147406_08472543.jpg

d0147406_08472557.jpg

↑これは何屋さんかな?

加賀市の温泉郷、山中温泉。
d0147406_08581154.jpg

結構広い。まずサクッと車で流して見るとなかなか良さそう。
で、クルマを降りて歩く。景観的には揃ってるけどグッと来ない。何故か。ほとんどが新しい建物なのでしょう。伝統的なんだけど重量感に乏しいというのか。いいんですが、体が感じてしまいます。
d0147406_08581103.jpg


山中温泉から10分で山代温泉。ここもあまり見所はなかった。というか、目玉の建物が工事中。人気の宿「星のや」になるそうです。
d0147406_20164191.jpg

九谷須田せいか。魯山人を九谷焼に目覚めさせた窯元。↓
d0147406_23223594.jpg


最後は片山津温泉です。ここも歴史があるのに割と近代的なホテルが多い。おそらく昭和時代に加賀の温泉地が流行ったのでしょう。繁盛した時期に建て替えたのかな?
d0147406_23223658.jpg

d0147406_23223680.jpg

それでも一軒だけ、見番所が保存されていました。
d0147406_23223619.jpg

二階に演舞場が備わっている。遊里として隆盛の時期があったことを感じます。
d0147406_23223764.jpg

芸妓の名札。タイムマシンがあったら過去へ行ってみたいな。


by marunouchi_no1 | 2015-07-01 23:37 | 石川県  

町並みWEB集団いらかぐみ 2015オフ会 2

d0147406_23510382.jpg

(七ちょめさん撮影)
金沢十間町にある「すみよしや旅館」がオフ会開催の宿。金沢でも古い歴史を持つ旅館だそうで、観光客がごった返しているエリアに無いのが良い。
d0147406_2262369.jpg

かんぱーい!
七ちょめさん、Kさん、孫右衛門さん、Yasukoさん、太泉さん、野村万訪に、今年から新たなメンバー浦野さんが加わり7名。全員がそろいました!
七ちょめさんは、西の町並みを攻めながら金沢へ。Kさんは早く金沢市内に入りスケッチ三昧。浦野さんは私と同じように能登半島を歩いてた。そして、Yasukoさんと孫さんはレンタカーで石川県内の山沿いを徘徊。ところがトラブルが、、、孫さんがけがをされて小松の病院で手当てをされてやってきた。いやぁ大変でしたね、大事にならずに良かった。

食事の後は部屋で町並み談義。その途中に宿の女将が割って入ってきた。
「そろそろ夜景撮影のお時間ですが」
七ちょめさんが夕景を撮るのだと話をしていたらしい。女将が気を利かせて教えてくれた。うーむ、素晴らしき気配り。こうして撮れた写真が冒頭の一枚。
ずいぶん飲んだぁ。みんな歳かな、、、日付が変わる前に寝床へ。

いらかぐみは朝が早いのです。一日の長さが一番長い時期にオフ会するというのもあるけど、朝飯前に泊まった町並みを歩いてしまうというのが、これまた恒例なのです。
d0147406_2311337.jpg

主計町のこの坂道。朝の光もあいまってみんな興奮していた。
d0147406_2313371.jpg

浅野川を渡って東茶屋街へ。かつては東の廓と呼ばれていて観光客もさほどではなかったのに、年々整備され訪れる人も増え、北陸新幹線が開通した現在の週末はとんでもない人ごみだそうです。
でも早朝は人がいない。
d0147406_2316379.jpg

d0147406_23163464.jpg

↑の通りなんか、昼間来たら竹下通り並だとか。それでも五分十分するとパラパラと人が出てきていました。
d0147406_23185165.jpg

宿の前で記念撮影!「すみよしや旅館」は女将の応対も見事なもので、大変好感度の高い宿でした。
d0147406_23201211.jpg


朝食を食べて9:00。宿の前で早々と解散です。それぞれが気の向くままにそれぞれの旅に戻ってゆく。
一部のメンバーで近江町市場を歩き、
d0147406_23261019.jpg

孫さん+Yasukoさん+万訪で、金沢弁天町を訪ねました。ここで、孫さんともお別れ。
d0147406_23291325.jpg

by marunouchi_no1 | 2015-07-01 21:42 | 石川県  

町並みWEB集団いらかぐみ 2015オフ会 1

2015/6/13~14 町並みWEB集団<いらかぐみ>の恒例のオフ会です。2003年に結成されたいらかぐみは12年目、オフ会も13回目。今年の場所は北陸金沢なりました。
全員が行動を共にするコアタイムは、6/13(土)17:00~6/14(日)9:00頃で、以外はそれぞれに勝手気ままなルートで旅をする。これが、いらかぐみの長年の中で暗黙のルールとなっているもの。
ここでは、幹事をつとめたわたくし万訪の旅程にてレポートをいたします。

2015/6/13(土)早朝便のANAで能登空港から石川県に入りました。能登空港なんか利用者多いもんかと思っていたけど、、、満席。空港ではツアーらしき集まりでごった返している。
「まれツアー?」
そうNHKの朝の連続テレビ小説「まれ」の舞台となっているのが能登なのでした。今日最初に行く予定の門前町皆月もロケ地の一つのようです。彼らと混ざりたくない。。。

輪島市門前町皆月は、能登半島中部西海岸にある集落です。20年くらい前に訪れていますが、写真が乏しく再訪です。
d0147406_217734.jpg

d0147406_20591580.jpg

集落を歩いていると、地図を持ってうろうろしているおばさんがいる。そして話しかけられた。
「あの~〇〇ってどこですか?」「ん?(怪訝な顔で)」「まれのロケ地めぐりしてるんですか?」「ちがう!」
間違えられたぁ。これが嫌なんだなぁ。
d0147406_21121511.jpg

集落を端から端まで歩いていると、太泉さんから電話が入った。「門前町いくのでしたら中野酒造で純米酒を買ってきてください!」と頼まれました。彼は、金沢に北陸新幹線で着いて、穴水までのローカル線に乗っている模様。

門前町の中心部。そうだ、ここは2007年の能登半島地震で大きく被害を受けた町です。震度6.4を記録した。町はほぼ復興していますが、かつての町並みの風情を残しています。
d0147406_2116265.jpg

総持寺はまだ修復工事途中でした。
d0147406_2117657.jpg

奥能登清酒中野酒造は、門前町の中心部からやや離れた場所でした。店の人に何しに来たと聞かれたので、町並みを歩いている建築設計の仕事をしている者だというと、是非家の中を見てくれと案内されました。お~すげい!みごとな梁組です。能登半島地震では家がやや傾いたものの耐えたとのこと。祖先がしっかりした家を建ててくれたことに感謝しているとおっしゃっていました。
d0147406_2123692.jpg
d0147406_21232560.jpg


西海岸を南下していきます。志賀町赤崎という集落は、町並み関係では特に取り上げられていないけれど、会社の同僚から面白いと聞いていました。
「のっぺらぼう集落」
d0147406_21263258.jpg

能登半島をはじめとする日本海岸では、海風を防ぐために間垣などが有名ですが、それがなく建物の窓を海に面して造らない建て方なのです。窓なしの下見板張りファサード群がとっても美しいじゃありませんか。
d0147406_21292880.jpg


金沢へ向かいましょう。途中、羽咋市飯山とかほく市高松に寄りました。写真をどうぞ!
d0147406_21315423.jpg

d0147406_21323532.jpg

by marunouchi_no1 | 2015-07-01 21:08 | 石川県  

にっぽん集落町並み縦走紀行 第17日

大聖寺駅前のビジネスホテルにいます。今週は仕事で出張が多かったから、まだその延長にいるような気分です。
天気は曇り。連続雨スタートの記録はここで途絶えるかな。

完全に寝坊しました。昨晩遅かったからやむなし。山代温泉街、山中温泉街はカットします。全然平気です。
d0147406_8575276.jpg


大聖寺を歩きます。名前の通り寺だらけの街。旧北国街道が町中をくねっていますが、そこに従って切妻平入り、上り梁形式の町家が残っていました。
d0147406_1463685.jpg

寺だらけだから大屋根があちこちで現れます。
d0147406_1463868.jpg

旧北国街道を歩いて、次は遊郭探し。「全国津々浦々遊里リスト」にはあげていたもののろくにした調べもせず家を飛び出てきたので場所がわからない。今出町ということらしい。場所を絞りこんで、らしき建物がありました。
d0147406_1464046.jpg


山の中に入ります。加賀市東谷の伝建地区は離れた四つの集落が指定されています。
炭焼で栄えた村。山中ににあわずゴージャスな民家がたくさんある!
d0147406_14144429.jpg

これはかなり見応えのある集落です。
d0147406_1415124.jpg


上の二枚の写真は今立地区。下は最奥の集落です。
d0147406_17372141.jpg


そして、一時間半走ること、白山の麓の白峰村。ずっと行きたかった場所でした。
d0147406_17372250.jpg

カフェで一服しています。
d0147406_17372429.jpg

白峰には板張りの家がたくさんあり、景観はいいけどどれが古い家か見分けがつきません。土壁にぽつ窓が開いた三階建のでっかい民家がありましたがこれは見るからに古そう。
d0147406_20552462.jpg

白峰は白山連峰を挟んで合掌造りの白川郷と反対側にあり、養蚕によって形の違う多層民家が生まれたと言われていますが、このことか。
答えは民族資料館の野外展示場に移築保存されている古民家にありました。
d0147406_2055323.jpg

すごいでしょこの迫力。圧倒されちゃいました。合掌造りよりカッコいいです絶対!街中でみた家もこの系統だったんですね。ちなみに、但馬地方(兵庫県北部)の養蚕農家に通じるものがありますね。

さぁ、白山を超えるぞ!問題は我が万訪号が上りでオーバーヒートしてしまって越えられなくなりはしないかということ。
最初は順調でしたが、最後の急坂でついに水温が100度超えてアラーム!残雪が残ってるほど暑くはないのにぃ。休んで冷やしながら何とか峠を越えることができました。
白川郷荻町を見渡しながらいっぷく。
d0147406_2142986.jpg


白川郷から高山まで高速ができていてスイスイ。高山では宮川沿いにある定宿の寿美吉旅館に泊まります。最初に来たときは25年前か。3年前にいらかぐみでオフ会やった場所でもあります(私は欠席)。
d0147406_21114815.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-07-14 07:29 | 石川県  

にっぽん集落町並み縦走紀行 第16日夜

何としてでも、前回の縦走紀行をアップしてから出発するんだと作業してたら遅くなってしまった。
東京を18:45に出て首都高大渋滞により、東名高速東京料金所を通過したのが19:35くらい。新東名をなるだけスイスイ走って、上郷SAできしめんの遅い夕食。前回の第16日ラストが米原駅だったので、名神高速から北陸道への米原ジャンクションが今回の始点となります。ちょうど12:00ころ通過。そして、石川県大聖寺駅前のアパホテルに1:10に着きました。
d0147406_130536.jpg

流石に6時間の運転は疲れました。明日ゆっくり出発しよっと。

by marunouchi_no1 | 2012-07-14 01:21 | 石川県