カテゴリ:香川県( 9 )

 

海界の村を歩く 瀬戸内海 牛島

d0147406_19460072.jpg
(香川県丸亀市 牛島 里浦)

d0147406_19465104.jpg
本島港からすぐ隣の牛島へ渡ります。すぐそばでも定期船の本数が少なく、丸亀港からだと適切な滞在時間の便がなく、本島から往復することになります。
d0147406_19494269.jpg
牛島
丸亀市の北7.7km、塩飽諸島中4番目に小さな島。里浦と小浦の2集落があり、ノリ・ワカメを中心とした養殖漁業と、瀬戸内の温暖な気候を利用した温州ミカンの栽培が主要産業となっている。とくに穏やかな瀬戸内で育った温州ミカンの味は格別だ。江戸時代には「内海の海上王」といわれた丸尾五左衛門の本拠地となっていた。(「シマダス」参照)
d0147406_19500857.jpg
牛島里浦は小さな港。コリャフェリーがつけない訳だ。
d0147406_19513013.jpg
集落の家々もあまりよく見えない。住人の数はかなり少ないのでしょう。
d0147406_19524553.jpg
d0147406_19525013.jpg
里浦地区の東側から歩きます。本瓦葺きや土壁板壁の古民家が結構見られるものの、いずれも朽ちていて、人っ気が全くない。
d0147406_19543255.jpg
里浦地区の西側エリア。ココも廃屋だらけです。江戸時代に「内海の海上王」といわれた丸尾家跡もこのエリア。
d0147406_19543318.jpg
寺や神社(無住ですが)があり、家も集まっている一角。島の中心の様相です。
d0147406_19543562.jpg
本瓦と板壁に囲まれた心地よい空間。真ん中の空き地にもかつては建物が建っていたのでしょう。
d0147406_19543637.jpg
朽ちてなければ、本島レベルの町並みが見られたはず。
d0147406_19543861.jpg
屋敷構えは外周に建物を巡らす形態です。
d0147406_19594723.jpg
里浦から島の反対側にある小浦へ向かう。途中、島の背尾根の辺りで「写真展」のサインがあった。集会所内ギャラリーになっていて、古写真が展示されていました。
d0147406_19594899.jpg
d0147406_19594981.jpg
d0147406_19595067.jpg
里浦か小浦かわかりませんが、たくさんの建物があった頃の姿です。
d0147406_20040426.jpg
d0147406_20040653.jpg
牛島は農業と漁業の両方が生業でした。写真は小浦地区の一部で、温州ミカンを栽培していた農村の風景。
d0147406_20041036.jpg
何の施設?使っているのかな。
d0147406_20041219.jpg
d0147406_20041393.jpg
小浦港。おそらく古写真は小浦地区だったのでしょう。沢山あった家は数軒しか残っていませんでした。
d0147406_20075550.jpg
船が来るまでまだ1時間ある。集会所のギャラリーで一服して船の時間を待ちました。

by marunouchi_no1 | 2018-04-08 20:30 | 香川県  

海界の村を歩く 瀬戸内海 本島・岩黒島

d0147406_19492076.jpg
(香川県 丸亀市 本島・笠島地区)

瀬戸大橋の四国へ渡った所に坂出北ICがあり、その直ぐそばにあるホテルに泊まりました。早朝に岩黒島行くためです。瀬戸大橋の橋桁になっている島は、北から櫃石島、岩黒島、与島の3島。いずれも、岡山県側の児島駅と香川県側の坂出駅から路線バスで行くことができます。
d0147406_19493035.jpg
この辺りの大小28の島々は、塩飽諸島(しわく)と呼ばれ、最大の大きさである本島(ほんじま)は、近世では塩飽水軍の本拠地でした。
今日は、坂出から路線バスで与島まで行き、乗り換えて岩黒島バス停で降りて島里を歩きます。その後、児島駅まで行き、旅客船で本島へ。重伝建地区になっている笠島地区やそれ以外の集落を訪ねた後、隣の牛島を散策し、夕方丸亀港に戻って旅は終了です。
d0147406_19495945.jpg
瀬戸大橋の路線バスは、なんと本日無料。架橋30周年記念イベントが与島で行われるそうです。コリャ道が混む前に岩黒島を片付けなきゃならぬ。
岩黒島はバスも一般車も集落には寄れません(宿泊者は別ですが)。瀬戸大橋上にあるバス停で下車し、何とエレベーターで下の集落へアクセスするのです。下の写真にある巨大なループは、島の方だけが使えるものです。
d0147406_20022936.jpg
d0147406_19434474.jpg
岩黒島
坂出港の北約13kmの海上に位置する。主産業は、刺網漁業と撒き餌釣りを中心とした沿岸漁業。昭和63年4月、瀬戸大橋開通で一方通行ながらループ線で緊急自動車などが進入できるようになり、バス停も設けられ陸上交通が確保されている。また、前方には景観を考慮した雄大なトラス斜張橋・連続トラス橋がそびえる。島名は、島の南半分は白っぽい花崗岩であるのに対し、北半分は黒っぽい閃緑岩できていることに由来する。(「シマダス」参照)
d0147406_20023143.jpg
岩黒港から集落を眺める。背後に瀬戸大橋とループが、、、集落とのスケールの違いがお分かりでしょう。
d0147406_20023336.jpg
岩黒島の町並み
d0147406_20023544.jpg
歴史性あるいは密集度はさほどではなく、集落の規模も小さい。
d0147406_20023773.jpg
30〜40分でひと通り歩き終わってしまった。
d0147406_11551330.jpg
ループの中にあるエレベーターで橋上バス停へ戻る。
d0147406_11551949.jpg
バス停から見た本島。すぐ目の前でもここから直接は渡れません。バスで児島へ行っって旅客船乗り換えて向かいます。
d0147406_19445047.jpg
本島
昭和9年、国立公園として第1次指定を受けた瀬戸内海国立公園の中にあって、備讃海域に点在する塩飽諸島の中心島。秀吉以来、自治権を安堵されていた人名制度の中心島で、人名から選出された4人の年寄によって政治が行われ、江戸時代は天領として明治維新まで人名の自治が続いた。年寄衆が政務を執った塩飽勤番所をはじめ、歴史・文化財の宝庫としても有名で、笠島地区では町並み保存を進めている。瀬戸大橋の完成後は、橋を横に見ながらのハイキング・サイクリングなども盛んになり、若い人からお年寄りまで楽しめる。大規模な養殖場でのクルマエビ、水揚げされる瀬戸内の魚は、訪れる人の大きな魅力となっている。(「シマダス」参照)
d0147406_12585947.jpg
自転車借りて島の東部にある笠島地区へ。途中にあった史跡塩飽勤番所跡。建物は復元されたもの。
d0147406_12590118.jpg
電動機付き自転車借りたから坂道も何のその。丘を越えて笠島地区の裏手からアプローチです。
笠島を訪れるのは2度目、20年ぶりくらいかな。
d0147406_12590351.jpg
東小路(とうこうじ)という笠島港から本島港(泊地区)へ通じる古い道。
d0147406_12590623.jpg
さすが国の重要伝統的建造物群保存地区だ。見事に伝統的な民家が続く。
d0147406_12590810.jpg
天然の良港を持つ恵まれた場所に中世城が築かれ、城下町的な計画された町割りだそうです。
d0147406_12595181.jpg
近世は、海運・廻船業で知られた塩飽水軍の根拠地として、江戸中期まで繁栄を極めた。その後、全国的な廻船業の発達により塩飽船方への需要は減り、彼らの技術は塩飽大工へと受け継がれ、塩飽大工は中国地方を中心に活躍するようになった。
d0147406_12595410.jpg
塩飽大工により築かれた町並みは、計画された町割りも相まって、周辺の島の集落とは趣を異にしています。
d0147406_12595687.jpg
d0147406_12595839.jpg
本瓦と漆喰と板壁の調和が実に綺麗です。
d0147406_13000092.jpg
マッチョ通りの町並み。「マッチョ通り」とはガタイが良いという意味ではなく「町通り」のこと。
d0147406_13002679.jpg
「吾亦紅(われもこう)」というカフェで一服。店の方が建築のご専門で、塩飽大工のお話や資料をいただきました。
d0147406_13010745.jpg
本島には外周に複数の集落があります。本島港のやや西にある泊集落。木烏神社の境内に「千歳座」という古い芝居小屋が残っています。小屋といっても舞台だけ。客席は青空です。
d0147406_13010925.jpg
d0147406_13011183.jpg
泊集落も良い町並みが見られました。
d0147406_13011473.jpg
ココは何でしょう。
d0147406_13014465.jpg
d0147406_13014751.jpg
d0147406_13014983.jpg
鏝絵(こてえ)
d0147406_13015131.jpg
島西部の生ノ浜にある夫婦蔵
d0147406_13015454.jpg
旧小学校?映画のロケ地になったそうです。
d0147406_13023136.jpg
島北西部の福田地区の町並み。
d0147406_13023465.jpg
密集した集落で、海鼠壁の蔵もあり見所ポイントでした。
d0147406_13023603.jpg
隣の牛島を望む。これから渡ります。

by marunouchi_no1 | 2018-04-08 20:00 | 香川県  

海界の村を歩く 瀬戸内海 手島

d0147406_21543340.jpg
(香川県丸亀市手島)

石島から宇野港に戻り、JR瀬戸大橋線では行かず、フェリーで四国高松へ。レンタカーで丸亀に着きました。明日早朝6:05の定期船で塩飽諸島手島へ渡ります。
d0147406_21565394.jpg
d0147406_10335586.jpg
丸亀港の北21kmの海上に位置する。平家の落人が住みついて集落ができたと伝えられている。本島と同じく人名の島だった。瀬戸内の温暖な気候を利用した農業が主体である。かつてタイ網漁で賑わった豊かな漁場があり、市内外からやってくる釣り客に親しまれている。また、手島供養踊り、新嘗踊り、やっとこせ踊りなど芸能・民俗も豊富だ。(「シマダス」参照)
d0147406_21573154.jpg
今日は昨日とはうって変わり、冷たい風が吹き荒れてる。爆弾低気圧が北日本にあって大荒れの空模様だそうで、瀬戸内も余波を受けているます。みてください、この海、日本海じゃないですからね。
d0147406_22053285.jpg
手島に着きました。この島、滞在時間が4時間45分もあるので、慌てることはない。日が差すまで港の待合室で待機します。
d0147406_22053437.jpg
集落にようやく陽が当たってきた。探訪開始。
d0147406_22084205.jpg
手島集落は漁村ではなく農村の様相。庭を持つ屋敷地がゆったりと並んでいます。
d0147406_22084416.jpg
そして、讃岐ならではの本瓦葺。いいですね。これだけで☆1つ上がります。
d0147406_22315112.jpg
海岸線から1列目のところに大きな屋敷が並んでいます。
d0147406_22315581.jpg
屋敷地は、主屋付属屋によって囲まれている。せせこましい漁村とは対照的です。
d0147406_22331977.jpg
高札場が残っているのも珍しいですが、近くの櫃石島にもあったかな。
d0147406_22344353.jpg
集落は背後の斜面にも広がっている。その地中から港を眺める。
d0147406_22350389.jpg
立派な石垣を築いて広い屋敷地を造っています。瀬戸内の島々はそもそも花崗岩盤でできていますので、採石には苦労しません。
d0147406_09351029.jpg
本瓦葺の大屋根。いい味わいじゃぁないですかぁ。棟のところが朽ちて壊れてますが。
d0147406_09363987.jpg
波型ポリカーボネートで屋根と壁を覆った小屋。シンプルで、汚れた感じもイイ。
d0147406_09364168.jpg
集落の平部に戻ってきました。屋敷が大きく立派です。
d0147406_09444173.jpg
集落の1/3を歩いて45分。寒さに居た堪れず、港の待合所に戻って暖をとる。マフラーをマチコ巻きにして、さぁ中盤戦スタート。
d0147406_09364396.jpg
海岸線から一本入った道が集落のメインストリート。
d0147406_09364540.jpg
d0147406_09364703.jpg
本瓦葺入母屋屋根の町並みが続く。角Rの漆喰の剥がれた土塀が美しい。
d0147406_09510185.jpg
平部の屋敷地。外周を主屋・付属屋・塀で囲み、中庭が形成されているます。そこを覗いたところ。空き家ばかりですから怒られません。
d0147406_09510479.jpg
斜面の屋敷地。石垣を積んで、広い屋敷地を造成し、平部同様に周囲を囲んだ屋敷構えをしています。下からアクセスする入口が特徴的。
d0147406_09510644.jpg
入口から中庭を除く。
d0147406_09510807.jpg
違う家。島とは思えない立派ですよね。
d0147406_09570578.jpg
メインストリート(横道)へ出る縦道。大きな屋敷には蔵があります。
d0147406_09584360.jpg
再度港の待合所で休んだ後、最後の3/3を歩きます。集落は2つの山の間の平部に広がっていますが、今まで歩いた斜面と反対側の斜面に神社があります。その参道から集落を見渡す。
d0147406_09584612.jpg
港から遠いところの集落。
d0147406_09584800.jpg
高台を越えると島の反対側(西側)の浜に出ます。海水浴に良さそうな砂浜が続いていました。
d0147406_10055570.jpg
メインの集落からやや離れたところに、数軒の家が集まっているエリアがあります。その中心には大きな屋敷がありました。
d0147406_10062505.jpg
主屋の正面側を洋風・下見板張りの大壁にしています。手島集落で一もしくは二の大きな屋敷と思います。隣の讃岐広島にも離れた場所にポツリと豪邸がありました。このように豪邸が集落から離れて存在することはよく見られます。
d0147406_10062741.jpg
4時間45分を持て余すことはありませんでした。しかし寒かったです。

by marunouchi_no1 | 2018-02-25 20:00 | 香川県  

海界の村を歩く 瀬戸内海 讃岐広島(香川県丸亀市)

d0147406_21263198.jpg

丸亀のビジネスホテルにて朝を迎えました。今日は塩飽(しわく)諸島を攻めます。
d0147406_21010494.jpg

丸亀駅北口駅前は、以前は遊郭でした。「遊里を歩く」シリーズで取材済みではありますが、その名残の建物がまだ残っていました。
d0147406_21010484.jpg

そうそう、この神社すごいんだ。境内に飲み屋街ができてしまっていた(今は無住の様子)。こういうのって割とあります。東京新橋の烏森神社とか。
d0147406_21010505.jpg

ここまで痛んで使われていないと、防災の面からもいつなくなるかわかりませんね。
d0147406_21031859.jpg

讃岐広島は、丸亀市の北12.5kmの海上にあり、塩飽諸島の中で最大の面積です。戦国時代末期、長宗我部氏に敗れた香川一族と長尾一族の落人が住みついたのが始まりとされ、本島と同じく人名の島でもありました。
d0147406_21010546.jpg

丸亀港から高速艇で20分、近づくと島全体が岩盤でできていることが判ります。岩が随所に露出していて高木がない。
d0147406_21010561.jpg

島の東部にある立石地区まで歩いていたら、途中に石の積出場があった。
d0147406_21010608.jpg

そして、その背後の丁場(採石場)に入ってみた。まだ現役で掘り出しているようでした。
島の主要産業は採石業で、島の南西部で古くから花崗岩の青木石が採掘されています。
d0147406_21031908.jpg

立石地区に着きました。目的の「旧尾上家住宅」は海岸近くの集落ではなく、ちょっと離れた山沿いにあります。
d0147406_21031989.jpg

この旧尾上家住宅は、江戸時代に廻船業で財を成した家柄であり、塩飽大工と呼ばれた人たちの建築技術が随所に発揮された建物です。
しかし、こういう富豪の家が集落からちょっと離れた場所にあるケースは他にもあります。なぜでしょうか?
d0147406_21031968.jpg

島の民家は、瀬戸内海で良く見る屋敷全体を建物や塀で囲んだ形式で、本瓦葺きが特徴。江の浦地区でも、集落の山際に石垣を築いた大型の屋敷が散見されました。

塩飽諸島の本島(重伝建地区の笠島地区がある)は既に歩いていますので、午後は変わったところで、瀬戸大橋を支えている島を巡ろうと思います。
d0147406_21054547.jpg

与島は、坂出港の北約10kmに位置します。昭和63年4月瀬戸大橋開通によって車での進入が可能となり、島内にバス停も設けられ、坂出や児島からバスが通うようになりました。
d0147406_21054593.jpg

坂出駅前から「与島FW経由浦城行き」という普通の路線バスに乗ります。路線バスは何食わぬ顔して高速道路に入り、瀬戸大橋を走ります。
d0147406_21032068.jpg

与島PA内にあるバス停で降り、PAの庭の片隅にある村への出口を使い、大橋の下をくぐって歩いて行くと集落の最上部に出ました。
d0147406_21054502.jpg

石垣に挟まれた階段を下りていきます。
d0147406_21054684.jpg

海に降りました。目前には空中を飛ぶ道路がズバッと走っています。すごい風景だ。
d0147406_21054650.jpg

大橋を背景とした与島集落。シュールです。
d0147406_21054634.jpg

与島の家並み。なまこ壁の家も見られ、岡山近いことを感じました。
d0147406_21054698.jpg

d0147406_21054751.jpg

d0147406_21090961.jpg

d0147406_21090996.jpg

与島港のある浦城バス停。待合所は船のキャビンを再利用したものでした。

d0147406_21091013.jpg

大橋ができた直後、与島には民間活力を生かした観光リゾート施設もオープンし、観光客が急増して活況を呈しましたが、その後島で滞在する観光客は減少し、リゾート施設も閉鎖解体され、集落は昔の静けさを取り戻していました。
バス停の「与島FW」とはフィッシャーマンズワーフのことで、例のリゾート施設。今では取り壊され何もない場所です。そこで、児島行きに乗り換えます。
d0147406_21091078.jpg

d0147406_21510274.jpg

櫃石島は、備讃瀬戸の最北端、坂出港の北約16kmにあり、岡山県下津井港のすぐ南に位置しています。主産業は潜水による立貝採取と底引網漁業です。
d0147406_21091034.jpg

d0147406_21091022.jpg

島の連絡板。江戸時代のものが保存されています。
d0147406_21091183.jpg

島内にある石切り場は大阪城築城にも使われた石の丁場。採石の島ということもあり、石垣が見事な集落ですが、建物はあまり古くないと見受けられました。
d0147406_21091160.jpg

d0147406_21091214.jpg

d0147406_21091211.jpg

日が暮れた。寒い!いよいよ本格的な冬ですね。





by marunouchi_no1 | 2016-01-10 20:00 | 香川県  

海界の村を歩く 瀬戸内海 豊島(香川県土庄町)

新年早々の金曜夜、京都駅の地下で京都に住む友人と一杯飲んでから新幹線→瀬戸大橋線で高松に入りました。
「海界の村を歩く」シリーズ第1フェーズの瀬戸内攻めも終盤です。あとは、先日渡ることのできなかった安居島(愛媛県)と大きな能美島&江田島(広島県)が残るのみ。
d0147406_18342953.jpg

今日は、豊島(てしま:香川県)→犬島(いぬしま:岡山県)を歩く計画です。高松市内のホテルから高松港までは歩いて15分くらい。余裕があるので途中にある「すき家」で朝食をとりました。高松港は慣れているので、早目に行くことはないだろう。気が緩んでた。
ところが、客船ターミナルについて掲示されている時刻表を見ると目的の便がない。「こりゃまた、夏季時刻か何か間違えて計画したかぁ」
豊島へは直島経由か小豆島経由で行くことになるが、調べているうちに小豆島行きの高速船の出航時間が迫ってる!エイヤで小豆島土庄行きに乗ってしまった。けど、船内でゆっくり調べたら、実は計画の船はあったのでした。フェリーだった。隣のターミナルから乗るんだった。
「船は乗り場が離れていたり、季節で時刻が変わったりすることがあるんで、出航時間に対して余裕を持って港へ行くべし」とは、私自身の言葉ですが、見事に自分でハマりました。いけません。先日の安居島に続き失敗です。

ということで、犬島を諦めることになってしまいました。小豆島土庄で乗り換え、豊島唐堰港から入ります。
d0147406_19250433.jpg

港近くの唐堰(からと)浜集落。いきなり、この石塀が迎えてくれました。ただの石塀と思うなかれ、使われている石の割肌が荒々しい。瀬戸内の島の多くは岩でできていますから、石は島の中でいくらでも調達できるのです。
d0147406_19360092.jpg

てくてく丘の上まで歩いて上りました。棚田が広がる一角にある「豊島美術館」は学会賞にも輝いた名建築。晴れた日もいいけど、雨のなんかも面白そうです。また来たいと思いました。
d0147406_19360045.jpg

その近くにある丘の上の集落唐堰(からと)を歩きます。
d0147406_19360070.jpg

d0147406_19360101.jpg

アップダウンのある私好みの地形です。そして讃岐の集落らしく、本瓦葺が綺麗です。
d0147406_19360108.jpg

とある民家の玄関先に小さいサインで「cafe 101」とありました。が、いかにも普通の民家で入りづらい。
d0147406_19465547.jpg

ちゃんとしたレストランでした。畳にコタツ。
d0147406_19465576.jpg

床の欄間が綺麗。
静かに食事をしていたのに、地元のおっちゃんが入ってきてうるさくなったのでサッサと食べて店を出ました。
d0147406_20541605.jpg

島内のコミュニティバスで家浦地区へ移動。家浦は豊島の中心集落で、唐堰浜同様に石塀が良い!
d0147406_20541695.jpg

d0147406_20541751.jpg

d0147406_20541769.jpg

色んな積み方が見られます。その上にちゃんと瓦屋根が付いていて綺麗ですね。
d0147406_20541893.jpg

昭和な理髪店がありました。
d0147406_20541880.jpg

うーむ(^_^)
モダン





by marunouchi_no1 | 2016-01-09 20:00 | 香川県  

海界の村を歩く 瀬戸内海 伊吹島(香川県観音寺市)

d0147406_08290591.jpg

昨夕、観音寺港から伊吹島へ渡りました。昨日探訪した粟島や志々島とは全く異なる様相。島全体が台地のような形状で、沿岸には港や水産加工工場だけがあり、全ての集落が台地の上に形成されている。そして、その規模も大きい。これから歩きますが、どんな集落を見せてくれるのか。とても良さそうな予感がしていて、やや興奮気味です。
d0147406_07472819.jpg

島の再奥にある民宿いぶきからの眺め。晴れていれば向こうに浦島伝説のある荘内半島が横たわっている。
昨夜は雨が降っておらず、離島ならではの無音&漆黒の夜でした。小さな離島に泊まることで体験できることの一つです。
d0147406_12423100.jpg

台地の上と表現しましたが、上は上で険しい。起伏があります。集落は荒神社あたりが高く、南北に斜面。北は北浦港へ向かって谷があって、谷を挟んで東西に見合うように、斜面上に集落が形成されています。
d0147406_12423172.jpg

↑これは谷の西側から東側の集落を眺めた全景。
d0147406_12423155.jpg

↑斜面の先端にある伊吹産院跡。伊吹島では女性が出産するとき、この産院に泊まって子供を産んでいたそうです。島の女性が共同で世話をして出産を助けたとか。出産後も母子は1カ月ここで生活する。独特の風習があるのも島ならではでしょう。
d0147406_12550311.jpg

ここから北浦港へ下りていく。
d0147406_12550318.jpg

いりこ(カタクチイワシ)漁の漁船が沢山停泊している。若い漁師のにいちゃんもいましたから、漁業が盛んなんですね。
港で船から降りてバイクに乗ったオッチャンが、防波堤に座っている私の方にやってくる。そして声かけてきた。
???
なんだ、民宿の主でした。漁師だったんですね〜。
d0147406_12550401.jpg

島には4つの水産加工工場があるそうです。ここ北浦にも一つ。いりこを採って加工しているのです。観音寺に本拠地を置く加ト吉と関係あるかと聞いたら、関係なく全く島オリジナルの企業だそうです。だから漁業が盛んなんですね。
d0147406_13314590.jpg


d0147406_13122905.jpg

谷の東側集落を再登坂。外装の板はみな舟板。古い漁船の材料を再利用したもの。
d0147406_13122934.jpg

荒神社前の「オコジノイズミ」伊吹集落内には何ヶ所か水源があります。水は島の生命線ですからね。ここは、コンクリート製のでっかい貯水池なんでしょう。
d0147406_13314651.jpg


d0147406_13122930.jpg


集落のど真ん中に八幡神社の鎮守の杜があります。その東側近くに郵便局があって、旧家らしい大きな屋敷が集まってる。集落の中心部でしょう。↑郵便局前の商店。
d0147406_13122954.jpg

d0147406_13123040.jpg

↑旧家の集まった町並み
郵便局あたりから真浦港へ下っていく道がメインストリート。港近くは傾斜がきつく、道路を緩やかに通すために切土されて石垣が積まれていました。
d0147406_13180263.jpg

d0147406_13180259.jpg

伊吹島の集落はとにかく広かった。隅々まで迷路のような道をほぼ全て歩いて、3時間半みっちりかかった。
早めに船に乗り込んで、カーペットの上に寝転がって、このブログを書いてます。
d0147406_13180398.jpg

丸亀に戻りました。金曜夜に食べたラーメン屋の広島風冷麺が食いたくて再度行ったけどまだ営業時間前。丸亀のアーケード街入口にあるうどん屋に入りました。さすが讃岐、海鮮ぶっかけ旨かった。
d0147406_15243124.jpg

丸亀駅前のアーケード街は歴史的建造物がかなり残っています。
d0147406_15243168.jpg

銀行も残ってたぁ006.gif
d0147406_15243279.jpg

さぁ、一本早い便に切り替えて帰ろう。

今回、香川県西部の三つの島に行って改めて感じたこと。瀬戸内の島の過疎化は急激に進行していて、廃村寸前であること。しかし、生業がうまく行ってる島とそうでない島で、近くにあっても全然違うということ。山村であればエリア内の差はないけど、島の集落は差が出ますね。
伊吹島に近づいて行った時、海岸線に工場がびっしり建っていることに驚きました。イリコの水産加工場です。でも、集落内の人口は最盛期の1/3とも言われております。廃屋や空き地化した家も多く見かけました。
伊吹島は、今年も瀬戸内国際芸術祭で盛り上がるそうですが、安易に観光へシフトせず、漁業+水産加工業でがんばってほしいと思います。



by marunouchi_no1 | 2015-07-05 07:34 | 香川県  

海界の村を歩く 瀬戸内海 志々島(香川県三豊市)

粟島の東隣にある志々島に渡ります。


d0147406_17220773.jpg

↑先ず石垣の防波堤に上って集落を眺める。斜面上の密集系だな。本瓦葺の屋根も多そうだし、こりゃ期待できそうです。
d0147406_17220806.jpg

↑写真右手にカラフルな小屋が沢山見えるでしょう。さてなんでしょう?
答えはお墓です。この島では両墓制で埋め墓と参り墓が分かれています。海岸に近いここは埋め墓で、極小の小屋が密集してる。一つ一つに花が供えられていました。
d0147406_17220838.jpg

さて、集落に入っていきましょう。
d0147406_17220889.jpg

ほうほう、店がある。。。と思いきや、歩みを進めると様子がおかしいぞ。
d0147406_17220980.jpg

こんもりとした樹林があるかと思ったら家ではないか。
建物が植物に食われている。
d0147406_17220965.jpg

そう、家々のほとんどが無住で廃墟化していたのです。005.gif
d0147406_17220935.jpg

そして、集落の背後の斜面の上に寺があり、境内に上ってみたら、なんと寺までもが廃墟!
住んでいる家は数えるほどしかなさそうだ。
d0147406_17220956.jpg

寺の境内から見下ろした本村地区の全景。寺の横には石造の参り墓がありますが、皆海に近い埋め墓に参っているようです。
d0147406_17221003.jpg

しかし、住んでいないから改修もしていないわけで、古い町並みがよく残っている。もちろん、手入れしていないから、朽ちていますが。。。
d0147406_17221017.jpg

隣の集落も歩きましたが、こっちは全て無住=廃墟だった。私は廃墟マニアではありませんが、これじゃあそう思われても仕方ないですね。
d0147406_17304682.jpg

↓放置されたままの神社
d0147406_17304641.jpg

↓朝顔に覆われた建物
d0147406_17304746.jpg

d0147406_17304787.jpg

この島は、かつては農業も盛んで、背後の山には畑が広がっていた。
d0147406_17304830.jpg

しかし、今や森林です。自然の力ってすごいですね。
d0147406_17304826.jpg

d0147406_17304920.jpg

映画のロケ地としては何本も使われている。ロケ地観光で売り出した時期もあるようですが、もうそんな観光客も訪れないのか。
d0147406_17304927.jpg

寂しい気持ちになりました。瀬戸内海の過疎化の凄まじさを目の当たりしました。山村では沢山見てきた廃村の状況ですが、やはり漁村は密集しているだけにインパクトが強烈。ショックでした。
d0147406_17304997.jpg







by marunouchi_no1 | 2015-07-04 16:41 | 香川県  

海界の村を歩く 瀬戸内海 粟島(香川県三豊市)

d0147406_17401948.jpg

(粟島の旧国立海員学校)
海界の村を歩く=離島の集落を歩く旅では、このところ外洋ばかりを攻めておりましたが、いよいよ瀬戸内海を始めます。つまり、離島の宝庫です。なぜ瀬戸内を敬遠していたか。ここに入り込むとしばらく出られないから。。。
ハマる自分が怖いんです。
d0147406_15232757.jpg

金曜日の夜、高松空港から丸亀に入りました。梅雨真っ只中ですが、今日は曇り。ホテルの前のラーメン屋で夜食をとって0時に就寝しました。

丸亀から予讃線で宅間へ。コミュニティバスで須田港へやってきました。土曜日朝8:20。
d0147406_15343784.jpg

須田港から出る粟島行きの渡船は9:05だから時間がある。須田の町を歩きます。
d0147406_15343822.jpg

d0147406_15343825.jpg

かつて港町として栄えた街は、なんとなしに面影が残っている。というか、讃岐の町並みは本瓦が基本だから見栄えが良いのです。
d0147406_15343818.jpg

↓波の静かな海に浮かぶ粟島。これからあそこに渡るんだ。
d0147406_15343866.jpg

粟島。塩飽諸島に属し、3つの島が砂州で繋がって一つになった島です。
d0147406_15461049.jpg

従って、集落に起伏はなく、かつては北前船の寄港地として栄えました。
集落の周りは、古くは塩田だったそうです。
d0147406_15461020.jpg

1897年(明治30年)設立の国立粟島海員学校は、日本で最初に村立(当初)で開設され、海運業界に多くの人材を送り出したのだそうで、1987年(昭和62年)に廃校となりました。うーむ、割と最近まで使われていたんですね(最近でもないか)。
d0147406_15461182.jpg

集落の構成は、屋敷の海側に長屋門、庭を挟んで主屋という配置。
d0147406_15554306.jpg

そして、讃岐らしい本瓦葺きが見事であり見所です。
d0147406_15554381.jpg

d0147406_15554483.jpg

妙な名前の郵便局だ。「漂流郵便局」あっ、テレビで見たぞ。
d0147406_15554407.jpg

届け先のない郵便物を受け付ける郵便局で、それが展示されている。アートプロジェクトの一環です。なかなか良い発想だな。ロゴもオシャレ。
d0147406_16374417.jpg

↓粟島の東海岸にある上新田集落。ここは砂州上ではなく、斜面上密集系漁村です。船から眺めただけ。
d0147406_20110931.jpg

粟島は、ほのぼのとした穴場的ながら魅力のある島でした。
d0147406_20110920.jpg


by marunouchi_no1 | 2015-07-04 15:13 | 香川県  

にっぽん集落町並み縦走紀行 第11日

縦走紀行第11日は高松スタートです。
はじまりはいつも雨。これで全回雨スタート。もう慣れたというか諦めたというか。午後には上がりそうです。まずは瀬戸内の男木島から。
d0147406_875731.jpg


船は鬼ヶ島女木島に立ち寄ります。オーテと呼ばれる防風石塀の集落。ここは来たことあるから降りません。
d0147406_827239.jpg


8:40、高松から40分男木島です。船から眺めただけでもはかなり良さそうです。
d0147406_110199.jpg


おっと、石垣の上に舟板張だぁ
d0147406_1101370.jpg


すごいいい!男木島星5つです!
そして、ついに2000カ所を達成いたしました。応援ありがとうございました。
d0147406_1135850.jpg


11:40高松港へ戻ります。
お昼は讃岐うどんが定番でしょうが、徳島ラーメンの店が目に入ったので、今日はラーメンにするか。
玉藻公園で時間潰して、13:30発土庄行高速船で小豆島へ。

旅の計画をもたもたしたため、レンタカーが取れずレンタバイクで移動し、東の苗羽から歩きます。マルキン醤油の街。
d0147406_1747065.jpg

d0147406_17471223.jpg


工場裏手の町並み
d0147406_17472525.jpg


坂手も行きましたが、今一つでカット。
戻って、土庄歩きます。ここは漁村がそのまま都市化したようで、迷路の街と呼ばれています。
d0147406_1747361.jpg


古い町並みではあまりない。
d0147406_17475535.jpg

d0147406_1748687.jpg


小豆島を歩いていたら、いらかぐみのYasukoさんから連絡が入りました。地元岡山を通るのであれば、旦那さんと三人で一緒に食事しましょうということになった。前回広島での孫右衛門さん、岡山のYasukoさん、旅先でこうしてお会いできるのはとっても嬉しいです。そして、今晩は2000カ所記念を一緒に祝っていただきました。ありがとうございました。
d0147406_22373457.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-05-03 08:06 | 香川県