カテゴリ:熊本県( 3 )

 

海界の村を歩く 東シナ海 御所浦島・横浦島

d0147406_20334323.jpg
(熊本県御所浦島御所浦)

d0147406_18224183.jpg
昨夜歩いた本渡の不思議な商店街は、やはり大火復興の街だった。1964/10/25未明に発生した火事は、中央商店街をほとんど焼き尽くしたという。
d0147406_20474092.jpg
早朝スタートで、本渡の大火復興の街を歩く。まずは、中央銀天街というアーケード街から。
d0147406_20490624.jpg
アーケード街の反対側へ振り返ると明らかに1964年以前と思われる町並みだ。大火復興の町並みは周りとの対比がポイントとなる。古い民家が残る街の中で、そこだけ昭和40年代という時代の純度が高い町並みが見られるのだ。
d0147406_20530833.jpg
d0147406_20531260.jpg
アーケード街の町並み。戦後昭和ですなぁ。
d0147406_20543434.jpg
d0147406_20543995.jpg
銀天街の一本西側の大通り。歩道上がアーケードになっていて、大火や戦災復興都市でよく見る防火建築帯のような建物が並ぶ。だが、統一されている訳ではないので、いわゆる防火建築帯ではないだろう。
d0147406_20575146.jpg
諏訪神社の参道沿いの石塀。
d0147406_20575533.jpg
祇園橋という石橋。
d0147406_20584653.jpg
大通りから入ったところにモダンな建物が!一瞬映画館かと思ったけど、銭湯だね。背後に煉瓦煙突がある。
d0147406_20595858.jpg
さて、本日の主題に取り掛かろうか。八代海に浮かぶ御所浦島と横浦島だ。昨日渡った鹿児島県の獅子島の北側にある。
御所浦島
大崎上島の南東5km、御所浦町内有人3島の中で一番大きな島。御所浦とは、景行天皇の西国巡幸時に行宮が置かれたという伝説にちなむ地名だ。6集落が点在し、いずれも家が密集している。島の周辺には、養殖イケスが点在し、全国の離島の中でも屈指のタイとトラフグの養殖規模を誇る。温暖な気候を利用して甘夏ミカンを中心とする柑橘類の栽培も盛んである。地質的に歴史が古く、平成9年には島内の白亜紀の地層から国内最大級の肉食恐竜の歯の化石を始め草食恐竜の骨の化石やたくさんの貝の化石が発見された。「全島まるごと博物館」をテーマにした町おこしを展開中だ。古くはタタラ製鉄が行われていた地区もある。島の中央、標高442mの烏峠からの眺望が素晴らしい。(「シマダス」参照)
d0147406_22035147.jpg
石垣石塀で知られる旧倉岳町棚底港から渡船が出る。
棚底http://www.shurakumachinami.natsu.gs/03datebase-page/kumamoto_data/tanasoko/tanasoko_file.html
渡船はフェリーと高速艇があり、他の港からの渡船も合わせると割と頻繁に出ている。
d0147406_22061801.jpg
8:10発のフェリー御所浦で渡った。画像は御所浦島の御所浦港。
d0147406_22094459.jpg
港ではいきなり恐竜がお出迎えだ。なんで?
d0147406_18244740.jpg
天草は地質が古いところだそうで、御所浦島では珍しい化石が発掘された。それもあって、島おこしとしてジオパークで売り出している。資料館ではとても詳しい展示がなされており、ガイドの方もいた。そっち方面に興味があればメチャ楽しいのだろうが、私は集落が目的である。
d0147406_22121144.jpg
資料館の階段室から眺めた集落景観の方に惹かれる。
d0147406_22134231.jpg
その集落を端から入っていく。このブログやサイトで散々書いていることだが、集落はメインストリートから入るのが鉄則である。メインの通りには大抵名主クラスの見応えのある古民家があるし、メインから主編へと順に歩くことで集落の構成を理解しやすくなる。
d0147406_22134785.jpg
しかし、私はついつい端から入ってしまう。分かっていても治らぬ習性だと思っていただきたい。
集落は出来るだけ平地を造るべく、周囲を石垣やコンクリートの擁壁になっていた。
d0147406_22135125.jpg
そして、メインの縦道(海岸線対して垂直)。
d0147406_22135664.jpg
ほうら、立派な家が並んでるじゃないか。
d0147406_22140195.jpg
曲がり角とお地蔵さん
d0147406_22145237.jpg
屋根が見事な造りの家
d0147406_22145533.jpg
御所浦港をぐるっと移動
d0147406_22150066.jpg
するともう一つのメインの縦道があった。神社に行き着くので、この道が一番メインかな。丸石の石塀が続くお屋敷。
d0147406_22150337.jpg
神社前の一角。
d0147406_22150733.jpg
古いわけではなさそうだが、ガッチリと玄関を備えた大きな家が並ぶ。漁業で潤ったのだろう。
d0147406_22153328.jpg
d0147406_22153699.jpg
路地の風景。鏝絵の家があった。
d0147406_22154014.jpg
御所浦地区から北へ3kmの嵐口(あらぐち)を目指してテクテク歩く。今年の夏は観測史上トップクラスの猛暑だそうで、かなりキツイ。途中、町営の図書館があったので一服して体を冷やした。
嵐口は斜面上の密集系漁村集落。
d0147406_22154479.jpg
画像のような石垣があったりして中々良いが、時間がなく、くたびれているのもあって、全ての道を歩くことができなかった。
d0147406_22154773.jpg
嵐口港から横浦島横浦港へ高速艇で渡る。
横浦島
天草上島の南1kmに位置する。魚類養殖業と海運業が盛んな島で、与一ケ浦と横浦の2集落に住宅が密集する。以前はカツオ釣り漁船の餌イワシの基地として賑わいを見せていたが、現在は養殖業への転換で一部を残すのみとなっている。春から夏にかけてエビ漁が最盛期を迎え、加工用・一本釣りエサ用として利用される。御所浦島とを結ぶ御所浦第二架橋(長さ900m)が平成12年度から建設着工している。(「シマダス」参照)
d0147406_22163274.jpg
一見して家々が新しい。戦後に漁業で栄えた印象である。
d0147406_22163657.jpg
同じような構えの家並み。
d0147406_22164005.jpg
家の前には一軒一軒に恵比寿様が祀られていた。恵比寿様は漁業の神様である。
d0147406_22164587.jpg
ちょっと変わった破風。なんでヌメッとしてるのかなぁ。
d0147406_22164944.jpg
立派な造りの家が並ぶ。漁業で潤った感がここ横浦島にもある。
d0147406_22180509.jpg
巨大な恵比寿様。
d0147406_22172321.jpg
島を半周した与一ヶ浦地区。猛暑の中3km歩いてもうダメだ。集落をやっつけ的に歩く。
d0147406_22173252.jpg
d0147406_22173649.jpg
d0147406_22174109.jpg
d0147406_22183078.jpg
d0147406_22183592.jpg
くたびれて解説文も思い浮かばない。
d0147406_22184072.jpg
内海の干満の差が現れた突堤。
d0147406_22184319.jpg
この後、まだ3ヶ所予定していたが、もう歩く気がしないので、早々と宿に入った。

by marunouchi_no1 | 2018-07-23 20:00 | 熊本県  

復興の町を歩く 熊本(熊本県)

熊本を襲った直下型地震=熊本地震が発生したのは2016/4/14。8ヶ月が過ぎて今まさに復興を始めたところ。私が今回歩くのは、戦災復興の町です。
d0147406_13394849.jpg

加藤清正が設計した熊本城。被災したため立ち入りが制限されていますが、加藤神社まで入ることができます。加藤くんと天守。建物は瓦をのぞいて大丈夫そうですが、石垣は内側に崩れたそうです。20年かかる復旧を見守りたいと思います。
d0147406_13394960.jpg

熊本で戦災を受けたのは、中心市街の7割くらいでしょうか。現在の中心商業地の新市街から下通町、かご町辺りは戦災を受けていますが、熊本駅周辺、新町古町、上通町辺りは非戦災地区です。
d0147406_13394999.jpg

非戦災地区の電車道にある戦前のオフィスビル。地震の被害はなさそう。
d0147406_14200653.jpg

非戦災地区の古町。碁盤目状の区画は城下町形成時からのもの。旧第一銀行熊本支店は傷んでなさそう。
d0147406_17483792.jpg

だが、画像の西村邸はじめ、木造の古民家がことごとく熊本地震で被災している模様。
d0147406_17483820.jpg

新町電停のこの洋風の商家は大丈夫。
d0147406_17483940.jpg

しかし、新町のこの薬問屋松花堂は、、、
d0147406_17483985.jpg

震災前に訪れた時の写真。なんとか修復して蘇ってほしい。
d0147406_17484087.jpg

d0147406_17484097.jpg

非戦災地区の新市街から下通町にかけて歩きます。
d0147406_17484149.jpg

戦後の闇市で形成されたと思われる玉屋通り。
d0147406_17484135.jpg

この右手の建物は改修だよね。
d0147406_17484253.jpg

木造建物たちだけど、地震の影響はなかったみたい。屋根がトタンで軽いからかな。
d0147406_17512157.jpg

栄町通りに面するビルとビルの隙間に形成された横丁。とても営業していると思えない。
d0147406_19110420.jpg

下通商店街アーケード
もうすぐクリスマスだ
活気があります
d0147406_19110535.jpg

三年坂通りの熊本ビル
一見してディープこの上ない感じ
d0147406_19110690.jpg

通りから直接急な階段が一直線に上がってる。
d0147406_19110667.jpg

団地みたいに階段室に面して店が付いており、横移動する廊下はありません。三階は階段室ごとお店のカラーリングになっていたぁ。
d0147406_19110771.jpg

駕町通りのセントラルビル
村野とうごさんぽいデザインだ
d0147406_19192035.jpg

スナックビルはこのように、通りに面してオープンな通路があって、両側に店が張り付く
d0147406_19192168.jpg

武蔵ビルというレトロなビル。
d0147406_19192113.jpg

通りに面してオープンな廊下は、向こうの通りまで貫通していた。こういうのって、銀座が発祥なのかな。右手の喫茶店に入っていっぷく。
d0147406_19192237.jpg

うーむ、店内もご覧のように超レトロ。地元の旦那衆が入れ替わり立ち替わり出入りしてた。
d0147406_19523934.jpg

さぁ、もう1つの非戦災地区、上通町を歩きます。北へ伸びる商店街のアーケードは下通地区とあまり変わりはしない。裏手の町がちょっと違うかな?
d0147406_19524062.jpg

アーケードが終わるところに、あったぁ!
木造の町家。間違いなく戦前です。
d0147406_19524188.jpg

あるある!
d0147406_19524140.jpg

d0147406_19524215.jpg

坪井町の町並み。地震の被害はややありそうですが、新町古町のほどではない感じ。
d0147406_19524258.jpg

熊本電鉄藤崎前駅からまっすぐ南へ歩く。上通町アーケードの一本東側の道です。ここにも古い町並みがある。
d0147406_20124517.jpg

それらの建物がオサレなお店に使われている。
d0147406_20124679.jpg

界隈性が魅力になっているのか。こういう商業地での古い建物の活用は、今各地で見られます。熊本では下通町がそのスポットとして人気を集め始めているようでした。






by marunouchi_no1 | 2016-12-24 13:13 | 熊本県  

海界の村を歩く 有明海 湯島(熊本県)

熊本駅前でレンタカーを借り、今日は天草へ向かいます。
d0147406_23131237.jpg

宇土半島の北岸を西へ走ります。有明海の浅瀬がずっと続く。電信柱や竹の杭が海の中に立っています。
d0147406_23131346.jpg

船着場が海に向かって延び、段々下がっている。どういうことかな?
d0147406_20041697.jpg

今日の目的地は、有明海に浮かぶ湯島。こんなところに島があるとは、全く知りませんでしたが、グーグルマップの空中写真で良さそうなので、ピックアップしてました。
d0147406_23131325.jpg

上天草の江樋戸港から、簡単な船で渡ります。
d0147406_23131454.jpg

湯島に着きました。ご覧の通り雛段上の集落です。こうして見上げると、すぐに上りたくなる。
d0147406_23221544.jpg

d0147406_23221523.jpg

しかし、上りの縦道は行き止まって、横道がないため一旦下りて、また隣の縦道を上る、の繰り返しです。
d0147406_23221537.jpg

そうこうしているうちに、斜面中腹の横道に出ました。これは集落をまっすぐ横刺ししているメインストリートのようです。
だから、漁村はメインストリートを探せと何度も自分に言い聞かせているのに、一向に学習しない。
d0147406_23221666.jpg

d0147406_23221665.jpg

山の上のタバコ屋さん。上に商店があるというのは珍しい。
d0147406_23221664.jpg

メインストリートを下ります。
d0147406_23221767.jpg

ここにも中腹の商店あり。
d0147406_23221705.jpg

旧屋敷の残骸。
d0147406_23221770.jpg

いい景色でしょ
d0147406_23221762.jpg

なんじゃ、この壁に富士山のお家は、、、
d0147406_23282435.jpg

あっという間の2時間半
湯島を後にします。
d0147406_23282411.jpg

熊本市内を横切って、阿蘇外輪山の麓にある熊本空港へ向かいます。途中、菊陽町の原水にある鉄砲小路へ。
d0147406_23282483.jpg

ここは郷士集落の形態で、延々と生垣が続くのが特徴。どうかよろしくお願いいたします。
d0147406_23282564.jpg

d0147406_23282542.jpg

d0147406_23282504.jpg

まっすぐなんで、鉄砲なのかな。



by marunouchi_no1 | 2016-03-07 22:58 | 熊本県