人気ブログランキング |

カテゴリ:山形県( 5 )

 

海界の村を歩く 日本海 飛島

d0147406_13580067.jpg
(山形県酒田市飛島)

日本海の孤島を巡る旅。石川県舳倉島、新潟県粟島と北上し、最後は山形県の飛島です。2012年に初めて訪れて以来7年ぶりとなります。
d0147406_15095625.jpg
飛島
酒田港の北西約39kmの日本海に浮かぶ島。標高68mの高森山を最高点とする平均50mほどの平坦な台地で、対馬暖流の影響を受け県内でもっとも暖かい。北西の季節風を避け、島の南東側に集落がある。歴史は古く、縄文時代の土器も見つかっている。イカ漁を主とした漁業が産業の中心であり、水揚げされたイカで作る魚醤の文化が残る島としても知られる。鳥海国定公園に指定され、周辺の海は自然の宝庫として釣り、海水浴、バードウォッチング、スキューバダイビングなどを楽しむ人たちが数多く訪れる。古くはトド島ともいわれた。また、遊歩道や展望台、「日本の渚百景」に選ばれた荒磯海岸など、自然散策を楽しむ人たちも増えている。平成12年には酒田市となって50周年を迎え、さらに最近は、海岸漂流物のボランティア清掃などを契機に「公益」をキーワードとした大学生や本土側住民との交流も進みつつある。(「シマダス」参照)
d0147406_15144717.jpg
お盆真っ最中。昨日は予約しても満席で今日になりました。
d0147406_15130674.jpg
新潟県粟島への船は大きなフェリーでしたが、こっちは旅客船。当然定員も少ない。
d0147406_15131441.jpg
飛島は全体が台地の島で、集落は崖下の海岸線に沿った平地に細長く形成されています。まず、船着場から一番遠い法木地区の一番端まで一心不乱に歩いてから戻りながら取材したいと思います。画像は法木地区の入口手前にある道。車を通すために開いたのでしょう。
d0147406_15151335.jpg
法木地区を空撮。本当に台地の上には集落が一切ないんですね。
d0147406_15152756.jpg
d0147406_14350804.jpg
法木地区は飛島の特徴ある民家形態が見られます。妻面に細やかな軸組を表わすせがい造り。屋根が剥がれた1棟以外、7年前と変わっていない様子でした。
d0147406_14351068.jpg
なんで妻面を「せがい造り(持ち出し)」にするのかわかりません。雪対策で屋根の出が大きいからでしょうか?
d0147406_14374404.jpg
角の片持ち材が斜めに出ている。
d0147406_14351687.jpg
こうしてみると屋根の軒が深いのがよくわかります。
d0147406_14374969.jpg
なんでもない小屋ですが妻面の意匠が面白い。
d0147406_14363122.jpg
この左手の黒い民家の窓に使われていた型ガラスが綺麗でした。動画をご覧あれ。
d0147406_14390430.jpg
妻面に二階の窓があってその上に軸組みのせがい造りが見られる家。
d0147406_14363752.jpg
法木地区の最も南のエリア。
d0147406_14384380.jpg
法木地区と中村地区との間にある鼻戸崎の沖にある寺島という大きな岩。ドローンで近づきました。
d0147406_14364344.jpg
長〜い集落の真ん中に位置する中村地区。
d0147406_14414541.jpg
d0147406_14391713.jpg
大きな港湾施設が広がっており、漁業が盛んなことがよくわかります。
d0147406_14415157.jpg
中村地区の町並み
d0147406_14415362.jpg
中村地区の町並み
d0147406_14392700.jpg
中村地区の町並み
d0147406_14531323.jpg
中村地区の町並み
d0147406_14531637.jpg
勝浦地区の町並み
d0147406_14531754.jpg
勝浦地区はフェリーターミナルのある島の中心集落です。ざっと眺めてもかなりの数の旅館や民宿の看板表示があります。
d0147406_14532207.jpg
d0147406_14532501.jpg
集落を貫く一本道の山側が主屋で海側に小屋が多いと思われます。
d0147406_14541864.jpg
d0147406_14542022.jpg
勝浦地区の町並み
d0147406_14542471.jpg
石蔵が残っていました。
d0147406_14542849.jpg
入母屋造二階建妻入り
d0147406_14542999.jpg
最後に空撮。日本海に浮かぶ絶海の孤島三連ちゃんの旅を終わります。

by marunouchi_no1 | 2019-09-06 19:14 | 山形県  

直近3ヶ所のデータベースアップ

d0147406_18251232.jpg


直近に歩いた3ヶ所のデータベースをアップしました。

山形(山形県)
http://www.shurakumachinami.natsu.gs/03datebase-page/yamagata_data/yamagata121203/yamagatafile.htm

山形花小路(山形県)
http://www.shurakumachinami.natsu.gs/03datebase-page/yamagata_data/hanakoji121203/hanakoji_file.html

精進(山梨県)
http://www.shurakumachinami.natsu.gs/03datebase-page/yamanashi_data/shoji121201/shoji_file.html

花小路ですが、調べてみたら昭和初期に形成された遊郭だったようです。私の持っている文献では、「山形市遊郭」は小姓町というところにあったようですが、明治27年に大火があって移った模様。一方、花小路のほうは、明治44年に市街地に大火があって、その後料亭「千歳館」の周りに形成されたそうです。歩いておいてよかったぁ。

おまけに遊里リストも久々に更新しました。結構リンク増えました!
http://www.shurakumachinami.natsu.gs/04rensai-page/yuriwoaruku/yukaku_list.htm

by marunouchi_no1 | 2012-12-09 18:31 | 山形県  

にっぽん集落町並み縦走紀行 第27日

昨夜早く寝たら今朝早く目が覚めてしまいました。歳ともに起床時間が早まっています。
上山温泉を早朝Walking!気持ちいいです。早朝歩くと確実に町並み評価の☆は一つ増えます。
上山は城下町と街道町に温泉街が重なった大変ユニークかつ見所多い町でした。武家屋敷街を抜けると湯町という温泉街があって、大型旅館もなくいい感じです。
d0147406_7253079.jpg


複雑ぅ
d0147406_7263487.jpg


さらに歩くと街道町に。茅葺町家何かも数棟ありました。
d0147406_7282265.jpg


かつて大火があったのでしょうか、鉤型の南側には店蔵が多い。裏には飲食店街もあって、映画館だったような建物もあって、たっぷり1:30かけて楽しめました。
d0147406_7303018.jpg


赤湯へ移動。ここから山形鉄道フラワー長井線に乗ります。
d0147406_11234441.jpg


第三セクターの万年赤字線だった山形鉄道は、数年前に社長の一般人公募をしました。そこで、選ばれたのが旅行代理店に勤めていた鉄キチのサラリーマン。彼の斬新なアイデアで乗客は増え、一躍有名人になりました。
なぜ、その鉄道に乗りにきたかというと、実は私万訪のいとこでして、一度彼の演出した鉄道に乗りたいと思っていたのでした。互いに旅好きだった二人、私は町を、彼は鉄道を追っかけていった。
d0147406_11303810.jpg


長井駅は山形鉄道本社がある町。確かに、ローカル私鉄とは思えないほど客がいる。大したもんです。
長井の町は再訪です。いい街です。
d0147406_11324054.jpg


10年以上前と変わらない。茅葺の町家は全て健全でした。
d0147406_11412480.jpg

d0147406_11453918.jpg


終点の荒砥駅
駅前には何にもねぇ。。。ここで二時間半かいな。
d0147406_11483236.jpg


自転車借りました。我慢できず、たまらず一杯、いや一本
d0147406_12134630.jpg


荒砥では、今までこの蔵しか印象になかった。
d0147406_1338911.jpg


そこから最上川に下って行く道に町並みが。その道が突き当たった通り、つまり最上川の河岸段丘のヘリに沿った道にあったぁ。こりゃ歩きじゃみつかんねぇべ。
d0147406_1342528.jpg


四キロ離れた最上川の河原で鮎まつりやってるというのでいってみた。すごい人!鮎なんかずっと並ばないと食えない。アイス食って引き返す。あっつーい‼
d0147406_13443736.jpg


フー、クールダウン。赤湯に戻って山形新幹線で郡山へ、、、と思ったけどもう一箇所いけちゃうぞ。で福島で降りてしまった。ずっといけてなかった飯坂温泉イッテミヨー。
d0147406_18125369.jpg


飯坂温泉は大型旅館林立ってイメージだったけど、ちゃうぞ。結構いい!
d0147406_18151535.jpg


福島市内に残っていないだけに、貴重です。
でも、建物の前の公園で三線弾いてるひとがいた。場所違いますよ~。
d0147406_18161519.jpg


餃子が有名らしく一軒は長蛇の列。もう一件は焼肉やで一席空いてた。よーし、ここで飲んでしまおう。なぜか徳永英明がずっと流れている。
d0147406_18255653.jpg


餃子はまぁまぁ、焼肉うまかった。
d0147406_18281882.jpg


縦走紀行第27日も終盤。郡山まで移動です。福島駅前から飯坂温泉でも、この旗が随所に掲げられていました。本当、その通りです。福島ももちろんそうだけど、東北も、
そしてにっぽんガンバんなきゃ。
d0147406_19265017.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-09-16 07:15 | 山形県  

にっぽん集落町並み縦走紀行 第26日

縦走紀行第26日、山形県酒田。天気は良すぎて暑すぎます。

朝、酒田市内を散策。酒田は何度も訪れていますが、どこからかの帰りの途中が多く、その都度町並みをチェックしては、山居倉庫と本間家以外はやり過ごし続けてきました。今回じっくりです。
まずは山居倉庫。いいですねぇ、大好きです。
d0147406_9351790.jpg


裏がまたいい。
d0147406_9365449.jpg


町並みとしての目玉は、町の北方。昭和51年の大火は私も記憶にありますが、その際免れるた地域。北前船で栄えた町並みだからか、北海道で見かけるような洋風町家が多い印象を受けました。
d0147406_9405033.jpg


そして、遊里の町並みがしっかり残っています。
d0147406_9444427.jpg


おくりびとのロケにも使われた丘の上の料亭
d0147406_946390.jpg


飛島へ渡ります。日本海に孤島、念願の地です。
d0147406_1465861.jpg


島に降りたら、どっか!何ですかこの暑さは。酒田市営の無料チャリで、離れた法木集落へ。画像は途中の勝浦集落。
d0147406_1495897.jpg


チャリで走ること20分で着きました。
d0147406_14121384.jpg


珍しいでしょう、この破風の軸組を表した意匠
d0147406_1424387.jpg


綺麗な型ガラスの民家があった。
d0147406_14255044.jpg


法木集落の端っこ。今回はレンズにツァイスイエナフレクトゴン持ってきました。いい色でしょ。
d0147406_14282113.jpg


港の西村食堂で昼飯食うか、、、休みぃ
連休だっていうのに、観光地意識全くなし
しゃーないんで、屋台みたいな屋外カフェでビールとつまみのじゃがバタ、うまい!
d0147406_18283065.jpg


さぁ陸に戻った。港にはタクシーを呼んでおいたんでロスなく駅前へ移動。タクシーの運転手に昭和51年の大火のことを聞いた。風速30mの風にあおられ中心市街地は鉄筋コンクリート造まで全焼したという。でも、寺院と本間家は消防隊の努力で残ったそうな。

出羽三山越えて山形盆地へ移動します。寒河江市の白岩地区は図説日本の町並みに載ってた場所。以前訪れた時は、「ナイナイ」と慌てて判断していたため、気持ち悪くて再訪しました。街道に面して座敷蔵が並ぶ町並みとの紹介でしたが、、、二棟しかなかった。あの時消しときゃ良かったのに、なんでぇ。
d0147406_18365731.jpg


日も短くなりました。曇り空もあって5:00で暗い。もう歩くのはやめよう。あまりの暑さにばてました。
美味しいラーメン屋を調べたら、山形市内にけんちゃんラーメンというのがある。いってみました。縮れ麺のしょう油味。ところが本店は酒田だった。なーんだ。。。
d0147406_18414418.jpg


山形市の南、上山温泉のホテル。古い旧館のシングルルームが本日の宿です。何となくレトロ。
d0147406_2011526.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-09-15 09:28 | 山形県  

縦走紀行 東北編へ

大阪の戦後のビルばっかりを集めた写真集。なかなか面白いです。
こうしてみると、団地や工場なんかも出てるから、集落町並み系の本でも出すこと考えようかな。
d0147406_19402677.jpg


さて、これから庄内空港へ飛びます。縦走紀行の第11弾です。
d0147406_2003185.jpg


今夜は山形県酒田市のこの倉の前に泊まります。
d0147406_2034732.jpg


庄内空港に着きました。最終便です。でも、路線バスはガラガラ。乗客はみんなお迎えのクルマか自家用車を空港に停めていたのでしょう。

しかし、前回酒田で終わり盆休み明けからは忙しかった。出張が立て続けにあり、
沖縄、神戸、長崎、沖縄、神戸、福井、名古屋、名古屋と週に2日間づつでした。身体が疲れているところに、今度は縦走紀行が立て続けです。体調管理に気をつけなければ。。。
酒田市山居町に着きました。フー。
d0147406_2229172.jpg


街に繰り出して飲み行く気力がない。。。

by marunouchi_no1 | 2012-09-14 19:36 | 山形県