カテゴリ:宮城県( 5 )

 

海界の村を歩く 太平洋 陸前大島

d0147406_21004108.jpg
(宮城県気仙沼市大島)
東北三陸の島旅、2日目は気仙沼からスタートする。
d0147406_23554936.jpg
今日の目的地は東北地方最大の島である陸前大島(気仙沼大島)である。今晩の宿を島内の国民休暇村としたので、島へはゆっくり渡れば良い。まずは、大島の東側に横たわる唐桑半島から探訪することにしよう。
d0147406_23583884.jpg
d0147406_23585134.jpg
半島北東にある海中公園・巨釜の上の駐車場から見たリアス式海岸。ここは3.11の震源地に最も近い場所である。押し寄せた大津波がしぶきを上げて断崖にぶつかったであろう様を想像する。
d0147406_00025189.jpg
西岸にある鮪立集落の全景。マグロ漁で財を成した御殿が建ち並ぶ集落だ。以前訪れているのでDataBaseを参照されたい。
http://www.shurakumachinami.natsu.gs/03datebase-page/miyagi_data/magurodate/magurodate_file.htm
d0147406_00125011.jpg
唐桑半島は丘陵地形で、丘の上に集落が点在する景。唐桑半島ではあまり古い建物を見かけない中、画像の古民家があった。長屋門と寄棟の直家だ。
d0147406_00125189.jpg
中井地区の町並み。
d0147406_00125306.jpg
d0147406_21093046.jpg
入母屋赤瓦が特徴である。
d0147406_00125441.jpg
中井地区の理容所大畠。いい感じの看板建築だ。
d0147406_21100502.jpg
陸前大島に渡る前に陸前高田・大船渡界隈の気仙大工のつくった集落の取材に向かう。
d0147406_21115032.jpg
陸前高田の気仙川河口の水門。津波が来た時に閉鎖する。陸前高田のかさ上げ工事は、すでにベルトコンベアが撤去されていた。かさ上げされた上の市街地建設はこれからだ。
d0147406_21151501.jpg
d0147406_21151763.jpg
d0147406_21152074.jpg
陸前高田市小友町の気仙大工左官伝承館。移築された気仙大工のつくった古民家が屋外展示されている。
d0147406_01410459.jpg
そして、大船渡市野々前。この地域に分布する気仙大工による集落のひとつである。
d0147406_23281883.jpg
d0147406_23282016.jpg
匠の技が素晴らしい。
ところが、野々前を取材していたら、お巡りさんがやってきて職務質問された。最近、空き巣があったそうである。物騒な事件も多いゆえやむなしだが、いい感じはしない。
d0147406_01443099.jpg
気仙沼に戻ってきた。これから午後一番のフェリーにクルマを乗せて、陸前大島へ渡ろう。
d0147406_01461016.jpg
d0147406_01461473.jpg
「海界の村を歩く」シリーズでは、基本的に本土と橋で繋がっている島は、もはや離島ではないので対象としていない。実は、陸前大島はもうすぐ大橋が開通する予定である。震災の時に孤立した経験から、念願の橋建設が急ピッチで行われた。今回の取材は、離島のうちにと慌てて計画されたわけである。
d0147406_01502467.jpg
陸前大島
宮城県北東部の気仙沼湾内、本土から航路距離7kmに位置する東北地方最大の島。島内には縄文時代の磯草貝塚や浦の浜遺跡があり、『三代実録』(901年)や『延喜式』(927年)に大島神社が記されている。古くは「薬師島」いわれた。海岸線は出入りが激しく、北部には235mの亀山がそびえており、全島が一望できる。風光明媚な自然は陸中海岸国立公園と海中公園に指定されている。亀山リフト、国民休暇村のプールやキャンプ場、海中公園のグラスボートなどの観光施設も整備され、多くの観光客が訪れる。周辺の海は水産資源に恵まれ、沿岸漁業とワカメ・カキなどの養殖が盛んで、基幹産業となっている。(「シマダス」参照)
d0147406_01513430.jpg
上記の「シマダス」の解説文では、観光の島・養殖の島というイメージであるが、震災によるダメージは大きく、以前より賑わいも大きく失われてしまったようだ。
d0147406_01513600.jpg
さて、島の集落を見ていこう。画像は要害地区の板倉。シンプルながらデザイン的に良くできている。
d0147406_01514893.jpg
要害集落の町並み。
d0147406_01515970.jpg
長崎集落の町並み。赤い屋根で統一されている。
d0147406_01521847.jpg
亀山山腹から大島南方を眺める。丘陵地形に赤い屋根の集落が点在しているのがわかる。
d0147406_01544301.jpg
島北端の外浜集落。
d0147406_01544531.jpg
外浜集落と唐桑半島との間の大島瀬戸。3.11大津波の際は、気仙沼で流れ出した油に引火し、火の海になったという。地獄絵図のように恐ろしかったと言われている。
d0147406_15455458.jpg
d0147406_15455503.jpg
翌日、陸前大島を後にし、仙台より南の陸前浜街道(国道6号線)沿の町を歩いた。
画像は、亘理の町並み。このエリアの特徴であるなまこ壁が見られる。
d0147406_15480541.jpg
d0147406_15480688.jpg
南相馬市の原ノ町。旧街道沿いの蔵造り系の町並みと映画館の建物が残っていた。
d0147406_15501850.jpg
そして更に南下し、浪江町の街を通る。大津波で被災した福島第一原発の避難区域が解除された浪江町であるが、旧街道沿いの商店や住宅は皆無住の状態だった。
そして、帰還困難区域は常磐自動車道と国道6号線バイパスのみが通行可能。バイクや自転車はNGでクルマのみが通れる。沿道の町は、2011.3.11で時間が止まっていた。

by marunouchi_no1 | 2018-07-02 21:00 | 宮城県  

海界の村を歩く 太平洋 寒風沢島・朴島

d0147406_14482580.jpg
(宮城県塩竈市朴島)
d0147406_14492437.jpg
野々島の端には浦戸中学校があって、その学校下の桟橋から隣の寒風沢島と朴島への渡し船が出ている。何と無料(市営)であり、通常は野々島に待機していて、対岸から電話一本で呼ぶことができる。
d0147406_14540069.jpg
野々島の学校下の桟橋。対岸の見えるは寒風沢島。すぐそばである。
d0147406_15244805.jpg
6月末だけど真夏のような猛暑日。寒風沢港の待合所でいっぷくする。
d0147406_14552283.jpg
寒風沢島
浦戸諸島の中では一番大きな島。ここは数々の歴史が語り継がれている。江戸時代は伊達藩の江戸廻米の港として栄えた。当時の港の繁栄を今に伝える十二支方角石や縛り地蔵などの遺跡・文化財が日和山展望台にあるほか、道を歩けば化粧地蔵、六地蔵をはじめ、沢山の野仏や石碑、道祖神を見ることができる。(「シマダス」参照)

寒風沢島の集落は、寒風沢水道に面する一ヶ所だけにある。大津波が押し寄せたのは島の反対側だったからか、集落内の古い建物も残っているようだ。
d0147406_15284808.jpg
看板建築の商店。
d0147406_15300038.jpg
この建物も古い。注目は手前の木造の下屋ではなく、奥の建物を見ると石積みになっている。
d0147406_15311846.jpg
d0147406_15312026.jpg
d0147406_15314285.jpg
随所に石蔵が残っていた。野々島や桂島にはボラと呼ばれる凝灰岩の崖をくりぬいた横穴が多数みられたが、寒風沢島ではその凝灰岩を使った石蔵が多く見られる。寒風沢集落の特徴といっていいだろう。
d0147406_15345041.jpg
集落内には非常用発電機が備わっていた。大津波で孤立した教訓からの非常時対策であろう。
d0147406_15355830.jpg
渡し船を携帯電話で呼び、朴島へ向かう。朴島周りは牡蠣の養殖場であり、その間を縫うように船が航行する。
d0147406_15355927.jpg
そして、朴島に着いてびっくりさせられたのが、このホタテの壁だ。
d0147406_15384352.jpg
牡蠣養殖の棚として使われている帆立貝の殻。高々と集落の随所に積まれていた。

朴島
朴島の名の由来は、大昔、伝説上の鳥「鳳凰」ば棲んでいたとか、奈良・平安時代にみちのくを統治するための通信用烽火(のろし)をあげたと考えられることから、烽島とも。また、江戸時代に仙台藩の軍用金や貴重な宝物が隠されたという伝説があり、宝島と呼ばれていたものが朴島になったのだという説もある。浦戸諸島では一番小さいが、豊かな自然と謎めいた伝説に包まれた魅力的な島だ。特に春は菜の花が島全体を覆い尽くし、美しい黄色の衣をまとう。(「シマダス」参照)
d0147406_15412118.jpg
d0147406_15412220.jpg
朴島集落の町並み。海岸線に直交する向きに棟を並べる形態だったようだが、古い家はあまりない。上の写真は凝灰岩を使った石蔵、下の写真は復興住宅である。
d0147406_15440895.jpg
実は、随時就航している渡し船の存在を知らなくて、定期船で1日かけた計画をしていたため、大幅に時間が余ってしまった。
さて、塩竈港に戻ってからどうしようか。
d0147406_17194285.jpg
塩竈から石巻をかすめ、北上川に沿って北上する。登米から支流二股川に沿って上ると東和町米川がある。
d0147406_17195697.jpg
d0147406_17200311.jpg
旧街道に沿った古い街並みがよく残っている。本吉を経て気仙沼へ至る街道と千厩へ至る街道の分岐点の宿場町として栄えたと思われるが、このエリアはタタラ製鉄の盛んだった地域でもあるので、その町場としても賑わったのか。
d0147406_17200740.jpg
d0147406_17201102.jpg
左右対称形の洋館もあり。
d0147406_17222412.jpg
米川から本吉方面へ向かう途中、岩手県一関市藤川町大籠という地区を通る。岩手県が出っ張ったようになっており、その昔は伊達藩の領地だった。
この地は、潜伏キリシタンの集落だったそうで、資料館もある。資料館に入ったら、「どこからお越しですか?何故東京から?」などと理由を聞かれた。珍しい客人なのだろう。
ちなみに上の画像は、「ハシバ首塚」といい、処刑されたキリシタンの斬首が埋められた場所。哀しい歴史だが、その遺跡が多数残っている。
d0147406_17222714.jpg
大籠の奥のエリアに行くと茅葺き民家群がある。群といっても5〜6棟であるが、今ではそれも珍しくなってきている。
d0147406_17222905.jpg
d0147406_17223399.jpg
一軒の長屋門の入口。変わった形態ではないか。
d0147406_17223694.jpg
スレート屋根の建物があった。三陸気仙地方はスレートが採れることから、スレート屋根の民家が多く残っている。丁場は雄勝町明神が有名だが震災で閉鎖、この石は登米産であろう。

by marunouchi_no1 | 2018-06-30 21:00 | 宮城県  

海界の村を歩く 太平洋 野々島

d0147406_10042989.jpg
(宮城県野々島)

今年の夏は鹿児島県の南西諸島を仕上げようと口永良部島とトカラ列島の探訪を計画している。外洋にポツポツと存在するこれらの島々は、トカラの宝島と小宝島を除いて火山系の島だから、海際が切り立っており、港に十分な防波堤を構築できない。したがって、天候が荒れると船が港に就けられないリスクがある。
渡航困難度の高いこれらの島々への船の運行状況について、どういう時に欠航し、どういう時に条件付き(出航するが着岸できない場合あり)となるのか日々ウォッチしてきた。
6月末の梅雨開けの気候が安定した時期を狙って、口永良部島計画を立てていた。事実、直前1週間以上にわたって渡船は通常運行が続いていた。
d0147406_10155501.jpg
ところが、明日いよいよ旅立とうという金曜日、恐れていたことが起きた。沖縄の南で熱帯低気圧が発生した。
d0147406_10170915.jpg
そして、すぐさま台風7号に発達、見事に南西諸島に沿って北上する予測ではないか!
私が種子島から口永良部島を往復する予定は7/1&7/2。こりゃアカン。屋久島町の船舶課に問い合わせて「運行は難しそうですね」の回答。渡航を断念し、勇気ある撤退を決めた。
d0147406_15505895.jpg
こういう時のための代替案がある。西日本は台風で荒れるので、東北の未踏の島に行こう。宮城県の浦戸諸島の中から野々島・寒風沢島・朴島と気仙沼近くの陸前大島である。金曜日の夕方からマイカーで出発した。
d0147406_15560998.jpg
浦戸諸島への船が発着する塩釜港・マリンゲート塩釜。
d0147406_16404274.jpg
浦戸諸島とは松島湾の入り口を塞ぐように並ぶ島々のことで、東日本大震災の大津波の時、松島湾へ押し寄せる津波のエネルギーを吸収したと言われている。
d0147406_11500155.jpg
殆どの観光客が野々島で下船した。浦戸諸島の中で最も観光要素があり、というか他にはほとんどない。

野々島
浦戸諸島の中央に位置する島。南北に長く横たわり複雑な海岸線を特徴とする。集落の南には長者屋敷と呼ばれた場所があり、内海長者がいろは船で密貿易をし、巨万の富を蓄えていたと伝えられている。島のいたるところに見られる洞窟、林の中の細い道や苔むした階段などを歩けば、そのような伝説を強く感じないわけにはいかない。桟橋には浦戸諸島開発総合センターがあり、ここでは貿易ならぬ、様々な交易の拠点として、新たな伝説が作り出されている。(「シマダス」参照)
d0147406_13253468.jpg
港の防波堤には、大津波の傷跡がそのままであった。
d0147406_11504115.jpg
d0147406_13285589.jpg
野々島では、湾内の島や集落の背後の斜面(崖線)に、人工で掘った洞穴が目立つ。
d0147406_13275140.jpg
d0147406_13263444.jpg
これらは「ボラ」とよばれる、島の地盤を形成している柔らかい凝灰岩に掘られた横穴のこと。昔の人が資材置場などに使用したという言い伝えがある。しかし、水に半分沈んだ島の横穴は何を納めていたのだろうか。
d0147406_13330331.jpg
海産物の貯蔵などに横穴を利用することは他の地域でも聞いたことがあるが、祭壇みたいなものがあったり、
d0147406_13324105.jpg
d0147406_13324359.jpg
風呂場になっているボラもある。
d0147406_13350797.jpg
d0147406_13350807.jpg
ボラの穴の上に屋根が取り付いていたと思われる跡もある。
d0147406_13363448.jpg
d0147406_13351051.jpg
現在、ボラと集落の家々との間は広い空き地になっており、造成工事が進行中だ。一方、集落の家々は新しく、大津波の後に建てられたか改修されたものであろう。
d0147406_13392229.jpg
d0147406_13392459.jpg
つまり、かつての野々島の集落は、この崖線の際まで宅地であり(一部に残る)、ボラが付属屋の一つとして利用されていたのであろう。大津波で家屋が失われ、連続するボラ群が見られるようになったのであろう。
d0147406_13422713.jpg
崖線上の尾根道を歩いて島の東部にあるもう一つの船着場へ向かう。
d0147406_13443184.jpg
寒風沢水道を挟んで対岸の寒風沢島がすぐ近くだ。この船着場から寒風沢島と朴島への渡し船が出ている。市営であり無料とは嬉しい。

by marunouchi_no1 | 2018-06-30 20:00 | 宮城県  

海界の村を歩く 太平洋 牡鹿諸島(宮城県)

d0147406_07061353.jpg

2016年夏、お盆明に締切の仕事があったので、お盆の後に夏休みです。家族旅行ですが、前半は宮城県の島巡り。
d0147406_20594339.jpg

東京を夜中の1:00にでて、東日本大震災で大きな被害を受けた町の1つである女川港5:30に着きました。7:00発の江島行き定期船に乗ります。
d0147406_20594409.jpg

江島
女川港から航路距離13.8km、女川町の南東部にある島で、江島を含む8つの島からなる江島列島を形づくり、断崖に囲まれた島々は、特に景観が美しいことで知られている。昔は、断崖の切れ目に桟橋を設け船着場としていたが、今では長さ278mの埠頭が整備され、女川港との間に毎日定期便が運航している。(「シマダス」参考)

外者は私だけ。小さな集落ですが、タップリ3時間半使って歩きます。
d0147406_20594404.jpg

しかし、天気悪し。昨日通過した台風の余波が残っているのか。時折激しく雨が降る。
d0147406_20594541.jpg

登っていくと石垣と階段が。ところが家が建っていない。取り壊された屋敷地が続きます。
d0147406_20594602.jpg

家が現れた。古くはないが石垣との関係がいい。
d0147406_20594634.jpg

d0147406_20594782.jpg

そして、丘の上から見渡してみる。海岸近くに家はなく、全てが斜面と丘の上にある。しかも家は点在し、空き地が多いため棚田の集落のように見えるがそうではありません。
d0147406_20594793.jpg

海は時化てる。実はこの島、2011/3/11に発生した東北地方太平洋沖地震の本震震源地に最も近い離島です。この海の向こうから大津波が押し寄せました。
d0147406_21150822.jpg

d0147406_21150907.jpg

でも、集落は基本的に斜面から丘上にかけてあるので、地震の揺れの被害はあったでしょうが、津波からは救われたように思います。
d0147406_21150945.jpg

集落から港へ下る所に、大津波の到達点を示す石碑がありました。「2011.3.11ここは、東日本大震災津波到達点より高い」と記されています。ここから下には集落は基本的になかった模様。
d0147406_21151026.jpg

もともと、石碑より上に形成されていた。推測ですが、過去の大津波の教訓が生かされていたのではないでしょうか。
d0147406_21151188.jpg

牡鹿半島の周りには、まだ島はありますが、船のダイヤの関係で明日訪れる予定です。
女川から一度南に下がって、松島に行きます。
d0147406_21151157.jpg

日本三景の松島。なんと初めて歩きました(今まで何度も来てはいるが全て通過)。
d0147406_21151225.jpg

d0147406_21151209.jpg

結構な数の観光客だぁ。さすが、日本三景です。
観光地として年季が入ってる。昭和な土産物屋さんあり。
d0147406_21151359.jpg

d0147406_21151307.jpg

瑞巌寺の周りの町並み。江戸時代からの観光地です。
さて、塩釜より奥松島の浦戸諸島の中から、桂島へ渡ります。
d0147406_21221635.jpg

さすが内海、ほとんど波はなく、遊覧船のような定期船です。青山学院の学生がたくさん乗ってた。合宿かな。
d0147406_21221722.jpg

桂島
浦戸諸島のうち、市営汽船で一番最初に着く島で、桂島、石浜の2つの集落がある。瀬戸のマリンレジャーの中心地で、潮干狩や地引網、海水浴のほか、島内のペンションに頼めば水上スキー、バラセーリング、ボートセーリングなどあらゆるマリンスポーツが楽しめる。また、島おこしのひとつとして、菜の花が満開となる季節には「菜の花まつり」を開催。島の魅力を最大限生かした内容で参加者に好評だ。浦戸の島は全て特別名勝「松島」の区域内にあり、優れた自然景観もその魅力のにとつになっている。(「シマダス」参考)

d0147406_21221727.jpg

d0147406_21221872.jpg

石蔵が特徴。
d0147406_21221867.jpg

もう1つの特徴が庭の敷石に仙台石が使われていること。塩竈神社の参道と同様です。
d0147406_21342501.jpg

日が変わって、石巻港から牡鹿の南に並ぶ網地島、田代島に渡ります。船を追っきたカモメは、餌がもらえるものと思って、網地島までずっと飛んでました。
d0147406_21342697.jpg

網地島
宮城県の東部牡鹿半島の西南部、世界有数の捕鯨基地として知られた鮎川港から海上4kmにある。南北5.5km、東西1.5kmと細長く平坦な島で、中央部が標高101mとやや高台になっている。縄文土器や須恵器が出土している。康平5年(1062年)に源頼朝によって滅ぼされた安倍貞任一族の生き残りが逃れ住んだといわれる。元文4年(1739年)ロシアのベーリング探検隊支隊が上陸、日本とロシアとの初交易の場となった。気候は一年中を通して穏やかで、冬でも雪が降ることは少なく、野生のシュロやトベラなどの暖帯性植物が群生する常春の島として観光客の人気も高い。南東部に長渡浜、北西部に網地浜の集落がある。島の周辺一帯は、南三陸金華山国定公園に指定されている。(「シマダス」参考)

d0147406_21342644.jpg

島北部の網地浜地区界隈を歩きます。津波到達点の表示がデカデカと。
d0147406_21342700.jpg

網地浜地区は、かなり廃屋が多く、海水浴場以外はとっても廃れているという印象です。
d0147406_21342734.jpg

歩くこと1時間40分、島の南にある長渡集落にやってきた。集落は網地浜とは別の島かと思うくらい集落の大きと家々のグレードが違う。
d0147406_21505130.jpg

d0147406_21505203.jpg

隣の田代島へ。網地島が海水浴場客で賑わってるとすると、田代島は猫ウォッチング目的の人で賑わってるいるようです。
田代島
北上川河口の東南15kmに位置する。リアス式海岸と風光明媚な自然が自慢で南三陸金華山国定公園の指定を受けている。気候は温暖小雨で、温帯常緑広葉樹のタブや大木が自然繁茂している。集団宿泊授業や子供会などの社会教育活動の施設として「田代島自然教育センター」がある。海上遊具を備えた「ポケットビーチ」では、家族ぐるみで海水浴が楽しめる。「奥羽観蹟聞老誌」によれば、「多曝島(たざらしじま)」の字をあて、波浪が島の断崖に打ち寄せるさまが、あたかも白い練り絹を日光にさらすように見えることから島名がつけられたともいう。(「シマダス」参考)

d0147406_21505285.jpg

d0147406_21505329.jpg

ネコチのなんとまぁ太々しいことか!
d0147406_21505443.jpg

d0147406_21505452.jpg

集落は岬の南北に展開している。
d0147406_21505573.jpg

d0147406_21505666.jpg

田代島は南岸がもろ津波をかぶっており、海岸線から一皮分は更地になっていました。
d0147406_21505651.jpg

田代島にて前半の島旅を終えます。

一気に北へ走り、岩手県雫石町へ向けて移動。
d0147406_20345451.jpg

小岩井農場は歴史ある近代農場ですが、今更ながら訪れた。
d0147406_20345499.jpg

まずは、ガイド付きバスツアーで農場を一周。しかし、一部下車しますがバスから眺めるだけなので、いろいろお勉強にはなりますが、建物をじっくり見ることができません。
ツアー終わってから改めて自分の足で回りました。
d0147406_20345546.jpg

小岩井農場には9つの登録文化財がありますが、この四階倉庫はバスじゃないと見られなかった。
d0147406_20345515.jpg

d0147406_20345635.jpg

d0147406_20345749.jpg

上丸牛舎地区は、まきば園から入れる公開エリア。
d0147406_20345770.jpg

本部事務所や
d0147406_20345871.jpg

購買&理髪、
d0147406_20345876.jpg

自然冷蔵庫など、バスツアーがあったから存在を知って行くことができました。
d0147406_20500897.jpg

高速でさらに北へ移動。秋田県鹿角市花輪までやってきました。花輪ではちょうど、日本三大ばやしの1つ「花輪ばやし」のお祭りの日でした。東北の夏は短い、これでおしまい。
d0147406_20500918.jpg

ここまでやってきたのは、娘の趣味である廃墟巡りのため。私の趣味ではありません。まぁはたから見ると同じでしょうが。
d0147406_20501040.jpg

d0147406_20501048.jpg

尾去沢鉱山跡。なんと近くまで行けてびっくりです。
d0147406_20501199.jpg

尾去沢の街は、鉱山で働く人々が暮らしていたまち。企業城下町でお得意な倶楽部、病院、購買はなくなってたけど、社宅街が残っていました。
d0147406_20592468.jpg

今宵の宿は、秋田と大曲の間くらい、雄物川中流域にある強首温泉の樅峰苑です。かつての豪農の家を旅館として運営している宿。
d0147406_20501218.jpg

d0147406_20501318.jpg

登録文化財にもなっている凄い建物でした。温泉は100%源泉かけ流し。
d0147406_20501353.jpg

翌朝は晴天。強首は雄物川の氾濫原にある集落で、長く無堤防であたっため頻繁に洪水にあっていたそうですが、今は輪中堤が築かれています。
d0147406_20501484.jpg

羽後町の草屋根集落を巡ります。この鈴木家住宅は重要文化財。だが、走り回ってはしゃいでる子供の声がする。
d0147406_21540530.jpg

なんと公開文化財なのに、ここで生活している家族だった。びっくりです。
d0147406_20572002.jpg

d0147406_20572144.jpg

中門造りの茅葺き民家が多く残っていました。
d0147406_20572193.jpg

さぁ旅も終盤。山形県肘折温泉までやってきた。活火山のカルデラの中にある県内最大の温泉街。
d0147406_20572211.jpg

d0147406_20572356.jpg

そして、山形平野を横切って、東の最上町にある瀬見温泉へ。
d0147406_20572320.jpg

いい感じの造り酒屋と
d0147406_20572405.jpg

d0147406_20572537.jpg

老舗の大旅館。

17:30に尾花沢をでて、東京品川には22:30に着きました。2016夏休みが終わりました。



by marunouchi_no1 | 2016-08-20 06:54 | 宮城県  

にっぽん集落町並み縦走紀行 第29日

2012/9/22、縦走紀行第29日です。郡山駅を出ました。天候は曇り、やっと少しは涼しい旅になるかな。
d0147406_755341.jpg


今日は戦災のない仙台を歩きます。画像は戦災地図。黒い帯が南から北へ向かってるのが旧奥州街道。赤い範囲が戦災エリアなので、戦災にあっていない黒い町を南から歩きます。
d0147406_1265022.jpg


旧奥州街道の南材木町。仙台の南のエッジは戦災を免れたけれど、その後二度の震災を受けて古い町並みは激減したといいます。それでもここは仙台では貴重な一角です。
d0147406_12214373.jpg

d0147406_1221459.jpg


町家を眺めていたら、家の方が出てきて声かけてくれた。立派な家の内部を見せていただきました。しかし、3/11の傷跡はたくさん。修復もできずご苦労されているとのことでした。
d0147406_12241574.jpg


更に歩いていくと酒屋が残ってた。表の屋根の瓦は落ちたままです。
d0147406_1225319.jpg


東北学院大学。地場の凝灰岩でできています。凝灰岩は柔らかくもろいので、
かなり風化が進んでいます。
d0147406_12264363.jpg


ギリギリのところで戦災を免れた古い銭湯。
d0147406_12274086.jpg


そして、東北大学片平キャンパスも戦災にはあっていません。でもやはり震災の傷跡が、、、
d0147406_12281957.jpg


宮城のスレートを使った建物があった。
d0147406_1229461.jpg


ずーっと北西へ移動して、東北大学川内キャンパスへ。百年記念川内萩ホール。
d0147406_17161175.jpg


広瀬川の大橋渡って再度中心市街へ。戦災復興記念館の資料展示を拝見。良くわかりました。
そして、その近くにある戦災真っ只中で残っている貴重な建物。
d0147406_17194050.jpg


こちらは戦後バラック系の横丁。見事です。
d0147406_17211677.jpg


こういうのは全国で見ていますが、仙台のこの「いろは横丁」は、今時の店もあり良いです。
d0147406_17233471.jpg


いろは横丁の共同井戸。
d0147406_17243127.jpg


晩飯はおなじみの牛タン。そのあと、旧奥州街道である国分町通りを北へ歩きます。時折、石蔵とかあるものの戦災を受けているので戦前の建物はほとんど無し。ところが、戦災地域を外れたとたんに現れ始めた。うーむ、やっぱり都市のエッジは必ず歩かないといけまんね。
d0147406_051674.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-09-22 05:42 | 宮城県