人気ブログランキング |

天界の村を歩く2 南アルプス 遠山川

d0147406_21125147.jpg
(長野県飯田市上村下栗本村)

前回「天界の村を歩く2 南アルプス 小渋川」より

d0147406_21133671.jpg
「天界(あまさか)の村」の東日本最大の見せ場である遠山郷(旧上村・旧南信濃村)です。画像は1985年の下栗本村。わたくし万訪が集落探訪を始めるきっかけとなった「集落探訪のふるさと」です。その経緯は、「天界の村を歩く1」で滔々と語っているので、そちらをご覧ください。
http://www.shurakumachinami.natsu.gs/04rensai-page/rensai2.htm
d0147406_21132272.jpg
飯田のホテルを早朝4時に出発して、下栗本村・半場地区の一番高いところにある駐車場に5時台に到着しました。下栗は、私が最初に訪れた34年前、民俗学者の中でこそ知られていましたが、観光とは無縁でした。しかし、今では「天空の里・下栗」として有名、日中は多くの観光客が訪れます。
d0147406_21132460.jpg
したがって、人っ子ひとりいない時間にドローン空撮する必要があります。早速、2本飛ばしました。集落の標高の高さと本村と半場の形態の違いがよくわかります。
d0147406_21132632.jpg
駐車場(分校跡)から30分ほど歩いたビュースポットから。本村地区を横に眺めることができます。
d0147406_21162704.jpg
さて、集落の一番上にある駐車場から最下部まで往復しましょう。本村・半場は、最下部の家が標高約870m、最上部の分校跡で標高約1070m、高低差約200mの斜面上集落で、20度から30度の南向き緩斜面にへばりつくように形成されています。直下の遠山川が標高約570mだから、谷底から300~500mの高さになります。
d0147406_21162949.jpg
半場の町並み。半場本村の間には拾五社大明神があり、上下で集落形態が異なっています。最初に訪れた時、郷土史家の方が、半場集落の方が蔵が少なく新しいのではないかとおっしゃっていました。
d0147406_21163077.jpg
半場地区の古民家。以前、外部から来た芸術家が住んでいたと聞きました(下)。今は改修されながらも、地域の施設として使われているようです(上)。
d0147406_21163195.jpg
d0147406_21163373.jpg
半場集落。まさに山岳集落!
d0147406_21171299.jpg
奇祭「霜月祭」の行われる神社のひとつである拾五社大明神。
d0147406_21171554.jpg
神社下にある「井戸端」という屋号の家。その名のごとく、井戸の側にある家で、集落形成の原点的存在です。34年前は宿を営まれており、当時はこの家に宿泊しました。
d0147406_21171754.jpg
井戸端の秋葉信仰の石碑。
d0147406_21171832.jpg
井戸端より下は急斜面上に雛壇を形成し、その間を道路がヘアピンカーブを描きながら縫って行きます。
d0147406_21181624.jpg
屋敷地の奥行きが限られているため、主屋と付属屋が一列に並びます。
d0147406_21181630.jpg
蔵を備えた家。
d0147406_21181849.jpg
d0147406_21182056.jpg
下から見上げた本村の家並み。すごいなぁ。
d0147406_21185068.jpg
本村から遠山川の上流方向隣にある屋敷・小野地区。1985年の写真です。
d0147406_21194744.jpg
屋敷・小野地区。
d0147406_21182308.jpg
遠山谷最奥の大野集落(右手前)から下流方向を眺め空撮。遠山川右岸斜面高いところに、小野、屋敷、本村・半場と続きます。
d0147406_21182479.jpg
下栗集落の起源については、平家の落人伝説、甲斐の国からの移民説など諸説あります。後者では、甲斐の国からやってきて最初に大野に住み付き、次第に本村へ移っていったというもの。
1985年の大野集落。板葺き石置き屋根が残っていました。
d0147406_21202559.jpg
ハザと言われる農作物の干し台。
d0147406_21243108.jpg
川に沿って下ります。下栗本村よりやや下流に下栗須沢という小さな集落があります。斜度では本村よりきついと思います。
d0147406_21212344.jpg
下栗の各集落は、南アルプスの主峰・大沢岳から分岐した尾根上にある炭焼山の斜面上に分布しているわけですが、一番西にある中根地区だけは旧南信濃村に属します。遠山川と支流・上村川との分流点に向かって、炭焼山頂から真っ直ぐに下る尾根上に形成されているのが中根集落です。今までずっとスルーし続けてきましたので、今回初取材です。とにかく尾根の頂に延々と続くので、高低差380m、全長なんと2.5kmの非常に長い山岳集落です。画像は上中根の空撮。
d0147406_21212519.jpg
画像は下中根の空撮。遠山川の分流点に向かって尾根が下り、その上に集落が形成されている様子がわかるでしょうか。
d0147406_21203103.jpg
上中根を歩いてみると意外なほど広々緩やかでした。
d0147406_21203286.jpg
d0147406_21212890.jpg
主屋と蔵が一列に並んでいてくっついています。この地域の古民家の形態。
d0147406_21212990.jpg
農作物を干し掛けするハザという木組み。
d0147406_21222780.jpg
板倉が残っていました。
d0147406_21213283.jpg
農作物を売っている無人売り場。
d0147406_21213401.jpg
d0147406_21233559.jpg
上中根。
d0147406_21224051.jpg
下中根。これだけ高低差があり長く家々が点在していると、歩こうという気は起こりません。クルマで取材です。
d0147406_21224284.jpg
遠山川の谷に下ります。遠山郷の中心集落である旧南信濃村和田。秋葉街道の宿場町でした。
d0147406_21224309.jpg
遠山川最後は南信濃村此田です。
旧秋葉街道にあたる国道152号線は、和田から八重河内川・小嵐川に沿って南下し青崩峠手前で車道が分断されています。静岡県浜松市(旧水窪町)へは、隣の兵越峠で県境を越えることができますが、その手前にあるのが八重河内此田集落で、小嵐川谷を見下ろす見事な天界の村です。
d0147406_21224987.jpg
斜面には茶畑が広がっており、遠江国に近いことを意識させられます。
d0147406_21263506.jpg
d0147406_21263674.jpg
谷の向かいの山が土砂崩れしており、集落の背景として印象的です。
d0147406_21263817.jpg
d0147406_21263958.jpg
大きな2階屋がありました。かつて宿を営んでいたと思われる建物。
d0147406_21264175.jpg
d0147406_21270835.jpg
ここにも板倉あり。
さぁ、この後は静岡県に入り、南アルプスの南部にある天界の村を歩きます。

# by marunouchi_no1 | 2019-05-02 20:00 | 長野県  

天界の村を歩く2 南アルプス 三峰川・小渋川

d0147406_20370482.jpg
(長野県大鹿村釜沢)

前回「天界の村を歩く2 南アルプス 富士川」より

動画  https://youtu.be/ddJ7z5lyD3A
d0147406_20104009.jpg
やってきたのは南アルプス西部にある伊那市長谷(旧長谷村)、ここから中央構造線に沿って、南アルプスと伊那山脈の間を南下していきます。
旧長谷村は天竜川の支流・三峰川水系の谷が刻んでいますが、この後訪れる大鹿村・旧上村・旧南信濃村に比較して谷が広く緩やかな丘陵地が多いように思います。丘陵地上の集落のうち、黒川谷最奥の黒河内集落を訪ねます。
d0147406_20372616.jpg
黒河内集落。
d0147406_20372835.jpg
河原の丸石を積み上げた石垣。
d0147406_20372920.jpg
各家はあまり大きな主屋ではありませんが、蔵を脇に備えています。ほとんどの蔵が漆喰が落ちてしまっています。本来は右のようにナマコ壁でしょうか。
d0147406_20382739.jpg
蔵の位置は右左法則性はなさそうです。ナマコ壁の代わりの金属板の腰巻。
d0147406_20373238.jpg
棟方向を主屋と平行にした蔵。この平入りの形態は、遠山郷(旧上村・旧南信濃村)の古い民家に共通していると思われます。
d0147406_20401646.jpg
蔵が主屋と棟方向を変えながら、同一屋根で覆っている民家。珍しいですね。
d0147406_20453577.jpg
一旦山を下り伊那市街で1泊した後出直し、旧長谷村から大鹿村へ分杭峠を越えました。
上の画像は、大鹿村を縦走する中央構造線の図。天竜川の支流・小渋川の刻んだ谷は地滑り地域で、1961年の集中豪雨では甚大な被害を受けました。
d0147406_12435076.jpg
小渋川の支流・塩川谷の北側、南斜面に形成された梨原集落と沢井集落を歩きます。画像は梨原。
d0147406_12444421.jpg
d0147406_20401738.jpg
標高1000〜1100mに分布しています。
d0147406_20411588.jpg
d0147406_20402045.jpg
家々は集中しておらず、畑地を挟んで離れています。
d0147406_20411861.jpg
集落の最上部に城郭のような石垣を築いた屋敷がありました。
d0147406_20415630.jpg
この家は、かつて梨原集落の名主を勤めた家だったそうです。
d0147406_20415878.jpg
d0147406_20410323.jpg
d0147406_14255556.jpg
梨原集落から上流側隣にある沢井集落。標高1000〜1200mに分布しています。
d0147406_20410508.jpg
この集落も梨原同様に家々が畑地の中に点在している形態です。
d0147406_20410673.jpg
集落の中程にナマコ壁の蔵を備えた大きな屋敷がありました。
d0147406_20423500.jpg
梨原の旧名主家と同様に、この地域らしい上層民家の主屋が残っていました。無住になってしばらく経っている様子です。
d0147406_20423697.jpg
d0147406_20414224.jpg
屋根勾配の緩やかな元板葺き切妻妻入の主屋。
d0147406_20414443.jpg
大きな2階屋。
d0147406_20424155.jpg
集会所の前の掲示板に「大鹿歌舞伎 春の公演」のポスターが貼られていました。大鹿村は農村歌舞伎が有名ですが、ちゃんと続けられているのですね。
d0147406_20433885.jpg
d0147406_20424333.jpg
弘法大師ゆかりの伝説のある古木「逆イチョウ」(大鹿村指定天然記念物)へ向かう道。人の家の前庭を横切る感じです。
d0147406_20424595.jpg
d0147406_20424689.jpg
逆イチョウの前の神社。
沢井集落を歩き終わったところで、梨原・沢井集落を空撮するためドローン飛ばしました。ところが急に雨が降り出した。慌てて帰還させたら、数分後に土砂降り。危ない危ない。
d0147406_20440799.jpg
小渋川上流部の沢戸集落。土砂降りのため、クルマの窓からパシャ!
d0147406_20441389.jpg
上蔵(わぞ)集落。「公園場」という上蔵集落を俯瞰するビュースポットにて。大雨で残念です。
d0147406_20441596.jpg
雨は止む見通しがなさそうなので上蔵を見た後、飯田市街のホテルへ引き揚げました。ところが、地形図を見直したら小渋川の最奥にもう1つ天界の村があるではないか! 翌日、旧上村を取材した後、もう一度大鹿村へ向かいました。
d0147406_20451312.jpg
小渋川最奥の釜沢集落。小渋川の谷へ下る南斜面上に形成されています。小渋川はこの集落の下で二股に分かれてており、それぞれの谷の先には南アルプスの主峰を拝む事ができます。
画像は烏帽子岳(2726m)・小河内岳(2802m)。
d0147406_20441959.jpg
こちらは赤石岳(3131m)。
d0147406_20444431.jpg
釜沢最上部にある屋敷。
d0147406_20454284.jpg
釜沢の町並み。
d0147406_20454316.jpg
南アルプスは前衛の山があるためかなり上流にまで入らないと姿を現しません。そのような場所にあり、主峰の稜線を眺める釜沢集落は素晴らしい立地と思います。

# by marunouchi_no1 | 2019-05-01 20:00 | 長野県  

遊里と復興の町を歩く 伊那

d0147406_09161561.jpg
(長野県伊那市)
動画  https://youtu.be/2HakHlak0y8

「天界の村を歩く」というテーマで関東山地、南アルプス東部を終え、甲州街道を北上し茅野から杖突峠を越えて南アルプス西部に移動しました。ここで伊那市長谷(旧長谷村)の山岳集落を取材しましたが、次回の大鹿村と合わせてレポートします。
伊那北駅前のホテルに泊まり、夕食をとるために町に繰り出しました。
d0147406_09161655.jpg
食事の後、街を徘徊。あらかじめ調べていた、「有楽街」というアーケード街を見に。伊那市駅と伊那北駅のちょうど中間です。なんでここにという場所です。
d0147406_09161727.jpg
わずか50mくらいのアーケード街を抜けると、高遠へ通じる金沢街道で、歩道上に屋根のかかった「サンモール入舟」商店街です。
d0147406_09171366.jpg
金沢街道と国道153号線との交差点「入舟」の地下道入口。わざわざ地下道を造る場所でもないのに。でもこの入舟交差点こそ、かつて川港があった場所でした。
d0147406_09162009.jpg
サンモール入舟を過ぎると夜の飲食店街。その中にレトロな建物を活用した居酒屋がありました。玄関に「橋場歯科」とありました。
d0147406_09170133.jpg
小沢川沿いの建物内の通り抜け路地、スナック街です。
d0147406_09170349.jpg
川向かいに怪しげな建物がある。錦町の入口。
d0147406_09175851.jpg
さらに伊那市駅方面に行くとまた怪しげな建物を発見。うーむ、これは遊里に違いない。
d0147406_09170518.jpg
ググってみると「錦町新地」という夜の飲食店街でした。
d0147406_09170749.jpg
JR飯田線の西側を平行する通り町商店街。何気ない地方都市のアーケード街と思いきや、建物の形に注目!洋風看板建築がズラリと並んでいるではありませんか!これはちゃんと取材せにゃあかん!
d0147406_09190882.jpg
d0147406_09181414.jpg
小沢川から眺める中央アルプス(上上)と南アルプス(上)。天気が回復したんで山に行きたいけれど、伊那をやり過ごす訳にはいきません。
d0147406_09191044.jpg
昨夜見つけた怪しげな建物。これはかつて妓楼だったようで、現在は「くろねこ」という蕎麦屋さんです。
d0147406_09181732.jpg
色気のある窓。
d0147406_09181822.jpg
色気のある柱。よく残ってるなぁと感心します。そこから錦町に入っていく。
d0147406_09193056.jpg
「旭座」名前からして劇場なのか映画館なのか。昨夜は暗くてよく見えませんでしたが、赤い屋根が片側だけについている?ではなく左手前の建物が当初はなかったのでしょう、左右対称だと思われます。
d0147406_09202578.jpg
裏にある「旭座2」。こっちはかつては成人映画館だったようですが、今はお子様向け映画館。
d0147406_09193214.jpg
なるほど、「錦町楽天地」って言われていたんだ。歓楽街の代名詞。
d0147406_09193489.jpg
信州らしくナマコ壁の蔵があった。ここを抜けると昨夜興奮した錦町新地があります。
d0147406_09211748.jpg
変わった看板建築。
d0147406_09211965.jpg
伊那市駅南の踏切近くにある漆原醸造所。
d0147406_09221422.jpg
d0147406_09212194.jpg
JR飯田線と通り町商店街を横切って西へ。ここにも料亭らしき建物あり。工業都市として戦後賑わったのでしょう。
d0147406_09212375.jpg
d0147406_09225650.jpg
銭湯「菊の湯」
d0147406_09220371.jpg
そして、昨夜びっくりした洋風看板建築群。夜見た時はあまりにも時代が揃っているので、ショッピングセンターのファサードをわざとレトロに造ったものではないかと疑いましたが、これは紛れも無い戦前の建物です。
d0147406_09220498.jpg
これは、大正8年に大火があり、その復興建築であるため、同時代、つまり大正期の様式になっていると思われます。
d0147406_09231454.jpg
「橋場歯科」の居酒屋。看板じゃないですね。
d0147406_09231655.jpg
入舟有楽街アーケード。さて、ここから東へ天竜川を渡って金沢街道沿いの町並みを歩きます。
d0147406_09231705.jpg
伊那古町というこの商店街は、サンモール入舟の川向こうに位置します。
d0147406_09231852.jpg
見事な看板建築の町並み。
d0147406_09231929.jpg
d0147406_14405796.jpg
後ろには庭と蔵が備わっています。
d0147406_09252088.jpg
伊那古町の看板建築ですが、通り町商店街の古典様式系のものとは異なり、全てが装飾を廃したモダニズム系です。しかしモルタル洗い出しではなく銅板金だ。モダニズム+銅板金は、看板建築のふるさとである東京ではあまり多く見られません。また、後ろへの片流れなので、前面のオデコが大きいのも特徴です。
d0147406_09240542.jpg
看板ではない町家がありました。でも外装は銅板。
d0147406_09240734.jpg
モダニズム+銅板金の看板建築
d0147406_09250290.jpg
銅板の緑青が美しい商店。段々になっているのは屋根の形が片流れのため。

伊那にこんなレトロな町並みが残っていたとは、今まで気づかなかった。思わぬ出会いに感謝です。

# by marunouchi_no1 | 2019-05-01 12:00 | 長野県