海界の村を歩く 東シナ海 御所浦島・横浦島

d0147406_20334323.jpg
(熊本県御所浦島御所浦)

d0147406_18224183.jpg
昨夜歩いた本渡の不思議な商店街は、やはり大火復興の街だった。1964/10/25未明に発生した火事は、中央商店街をほとんど焼き尽くしたという。
d0147406_20474092.jpg
早朝スタートで、本渡の大火復興の街を歩く。まずは、中央銀天街というアーケード街から。
d0147406_20490624.jpg
アーケード街の反対側へ振り返ると明らかに1964年以前と思われる町並みだ。大火復興の町並みは周りとの対比がポイントとなる。古い民家が残る街の中で、そこだけ昭和40年代という時代の純度が高い町並みが見られるのだ。
d0147406_20530833.jpg
d0147406_20531260.jpg
アーケード街の町並み。戦後昭和ですなぁ。
d0147406_20543434.jpg
d0147406_20543995.jpg
銀天街の一本西側の大通り。歩道上がアーケードになっていて、大火や戦災復興都市でよく見る防火建築帯のような建物が並ぶ。だが、統一されている訳ではないので、いわゆる防火建築帯ではないだろう。
d0147406_20575146.jpg
諏訪神社の参道沿いの石塀。
d0147406_20575533.jpg
祇園橋という石橋。
d0147406_20584653.jpg
大通りから入ったところにモダンな建物が!一瞬映画館かと思ったけど、銭湯だね。背後に煉瓦煙突がある。
d0147406_20595858.jpg
さて、本日の主題に取り掛かろうか。八代海に浮かぶ御所浦島と横浦島だ。昨日渡った鹿児島県の獅子島の北側にある。
御所浦島
大崎上島の南東5km、御所浦町内有人3島の中で一番大きな島。御所浦とは、景行天皇の西国巡幸時に行宮が置かれたという伝説にちなむ地名だ。6集落が点在し、いずれも家が密集している。島の周辺には、養殖イケスが点在し、全国の離島の中でも屈指のタイとトラフグの養殖規模を誇る。温暖な気候を利用して甘夏ミカンを中心とする柑橘類の栽培も盛んである。地質的に歴史が古く、平成9年には島内の白亜紀の地層から国内最大級の肉食恐竜の歯の化石を始め草食恐竜の骨の化石やたくさんの貝の化石が発見された。「全島まるごと博物館」をテーマにした町おこしを展開中だ。古くはタタラ製鉄が行われていた地区もある。島の中央、標高442mの烏峠からの眺望が素晴らしい。(「シマダス」参照)
d0147406_22035147.jpg
石垣石塀で知られる旧倉岳町棚底港から渡船が出る。
棚底http://www.shurakumachinami.natsu.gs/03datebase-page/kumamoto_data/tanasoko/tanasoko_file.html
渡船はフェリーと高速艇があり、他の港からの渡船も合わせると割と頻繁に出ている。
d0147406_22061801.jpg
8:10発のフェリー御所浦で渡った。画像は御所浦島の御所浦港。
d0147406_22094459.jpg
港ではいきなり恐竜がお出迎えだ。なんで?
d0147406_18244740.jpg
天草は地質が古いところだそうで、御所浦島では珍しい化石が発掘された。それもあって、島おこしとしてジオパークで売り出している。資料館ではとても詳しい展示がなされており、ガイドの方もいた。そっち方面に興味があればメチャ楽しいのだろうが、私は集落が目的である。
d0147406_22121144.jpg
資料館の階段室から眺めた集落景観の方に惹かれる。
d0147406_22134231.jpg
その集落を端から入っていく。このブログやサイトで散々書いていることだが、集落はメインストリートから入るのが鉄則である。メインの通りには大抵名主クラスの見応えのある古民家があるし、メインから主編へと順に歩くことで集落の構成を理解しやすくなる。
d0147406_22134785.jpg
しかし、私はついつい端から入ってしまう。分かっていても治らぬ習性だと思っていただきたい。
集落は出来るだけ平地を造るべく、周囲を石垣やコンクリートの擁壁になっていた。
d0147406_22135125.jpg
そして、メインの縦道(海岸線対して垂直)。
d0147406_22135664.jpg
ほうら、立派な家が並んでるじゃないか。
d0147406_22140195.jpg
曲がり角とお地蔵さん
d0147406_22145237.jpg
屋根が見事な造りの家
d0147406_22145533.jpg
御所浦港をぐるっと移動
d0147406_22150066.jpg
するともう一つのメインの縦道があった。神社に行き着くので、この道が一番メインかな。丸石の石塀が続くお屋敷。
d0147406_22150337.jpg
神社前の一角。
d0147406_22150733.jpg
古いわけではなさそうだが、ガッチリと玄関を備えた大きな家が並ぶ。漁業で潤ったのだろう。
d0147406_22153328.jpg
d0147406_22153699.jpg
路地の風景。鏝絵の家があった。
d0147406_22154014.jpg
御所浦地区から北へ3kmの嵐口(あらぐち)を目指してテクテク歩く。今年の夏は観測史上トップクラスの猛暑だそうで、かなりキツイ。途中、町営の図書館があったので一服して体を冷やした。
嵐口は斜面上の密集系漁村集落。
d0147406_22154479.jpg
画像のような石垣があったりして中々良いが、時間がなく、くたびれているのもあって、全ての道を歩くことができなかった。
d0147406_22154773.jpg
嵐口港から横浦島横浦港へ高速艇で渡る。
横浦島
天草上島の南1kmに位置する。魚類養殖業と海運業が盛んな島で、与一ケ浦と横浦の2集落に住宅が密集する。以前はカツオ釣り漁船の餌イワシの基地として賑わいを見せていたが、現在は養殖業への転換で一部を残すのみとなっている。春から夏にかけてエビ漁が最盛期を迎え、加工用・一本釣りエサ用として利用される。御所浦島とを結ぶ御所浦第二架橋(長さ900m)が平成12年度から建設着工している。(「シマダス」参照)
d0147406_22163274.jpg
一見して家々が新しい。戦後に漁業で栄えた印象である。
d0147406_22163657.jpg
同じような構えの家並み。
d0147406_22164005.jpg
家の前には一軒一軒に恵比寿様が祀られていた。恵比寿様は漁業の神様である。
d0147406_22164587.jpg
ちょっと変わった破風。なんでヌメッとしてるのかなぁ。
d0147406_22164944.jpg
立派な造りの家が並ぶ。漁業で潤った感がここ横浦島にもある。
d0147406_22180509.jpg
巨大な恵比寿様。
d0147406_22172321.jpg
島を半周した与一ヶ浦地区。猛暑の中3km歩いてもうダメだ。集落をやっつけ的に歩く。
d0147406_22173252.jpg
d0147406_22173649.jpg
d0147406_22174109.jpg
d0147406_22183078.jpg
d0147406_22183592.jpg
くたびれて解説文も思い浮かばない。
d0147406_22184072.jpg
内海の干満の差が現れた突堤。
d0147406_22184319.jpg
この後、まだ3ヶ所予定していたが、もう歩く気がしないので、早々と宿に入った。

# by marunouchi_no1 | 2018-07-23 20:00 | 熊本県  

海界の村を歩く 東シナ海 獅子島

d0147406_10125105.jpg
(鹿児島県獅子島黒崎)

天草諸島の獅子島をタイトルにしておきながら、南西諸島吐噶喇列島の話からはじめるのには理由がある。吐噶喇列島という場所が日本にあることをご存知だろうか。この難しい漢字「吐噶喇」と書いて「トカラ」と読む。
d0147406_20340260.jpg
南西諸島の屋久島と奄美大島との間に、小さな有人島が7つ並んでいる。口之島から宝島の更に南の横当島(無人島)まで160km、十島村という日本で最も長い村でもある。そして、同時に渡航困難度が最高レベルの離島群でもある。入社30周年のリフレッシュ休暇をもらい、有給休暇をプラスし10日間かけて、この列島を制覇をしようと企てた。鹿児島港を出航するフェリーとしまは、北から順に7つの島に寄港し、奄美大島名瀬港で折り返して今度は逆に7つの島に寄りながら鹿児島港に戻る。吐噶喇への交通手段はこのフェリーだけだから、上り下りを繰り返しながら島を訪ねることとなる。通常は週2便のため20日間かかるが、7月最終週は臨時便が出るので、10日間で駆け抜けることができるのだ。マップの数字は上陸する島の順番を示している。
d0147406_20434608.jpg
今年の4月から投入された新しいフェリーとしま2は船が大きくなり、欠航率が下がった。6月7月は台風が来ているにもかかわらず、1度しか欠航していなかった。しかし、、、旅立つ5日前に熱帯低気圧が発生した。
d0147406_20463503.jpg
九州上空に鎮座する太平洋高気圧に押されて北上を抑止されていたが、私の乗る予定の船が出る7/20に狙いを定めるように北上開始。順延出航も期待したが、結局「欠航」となってしまった。トホホ、泣きたいよ。
d0147406_20554511.jpg
こんな事になった場合を想定して、代替案を用意している。先月の口永良部島でも台風にやられ東北へ変更した。よっぽど南西諸島は私のことを嫌いなようだ。気を取り直して前半は天草諸島の架橋のない離島を歩く。
d0147406_20592809.jpg
鹿児島空港でクルマを借りて、夜に川内に着いた。夕焼けが綺麗だから明日は雨かな。長島諸浦港から獅子島経由で天草下島へ渡る予定である。
d0147406_21021305.jpg
天草諸島はほとんどが熊本県だが、天草下島と九州本土の間の八代海に浮かぶ島々の内、獅子島以南は鹿児島県に属する。

獅子島
長島の北東、伊唐島の北にある島。標高393mの七郎山が最高点で丘陵地形をなし、斜面には甘夏みかん畑が広がる。入江ごとに集落があり、恵まれた地勢、自然条件を生かしたブリ・タイなどの養殖業や、まき網、ごち網漁も盛んである。室町時代、獅子島の領主唐津藩士の子孫の獅子谷七郎であったと伝えられている。当時は肥後領土だったが、永禄8年(1565)薩摩藩との戦に敗れ島津の領有地となった。前領主の姓をとって獅子島の島名がつけられたという。化石の島としても知られ、アンモナイトなど多数の化石が出土している。(「シマダス」参照)
d0147406_20050369.jpg
諸浦港から獅子島を経由して天草下島へ向かうフェリーの1便。タンク車やダンプ、材木を積むトラックなど仕事車がほとんど。ちなみにフェリーは天草下島まで行くが、全ての車両が獅子島で降りた。
d0147406_21055342.jpg
船が着いた片側港(かたそば)から島の西海岸北方にある平野・御所浦集落へ行く。
d0147406_21055706.jpg
平野地区を高台から見下ろす。なかなか良さそうで、川に沿って集落が形成されている。
d0147406_10135419.jpg
d0147406_21222090.jpg
この川と橋と民家の関係。映画「八つ墓村」の32人殺しシーンに出てくる集落に似ているぞ!(実際のロケ地は滋賀県余呉町鷲見)。
d0147406_21223123.jpg
うーむ似ている。村の人らが私を不審者と疑うような目で見ている。なんだか怖い。
d0147406_21224371.jpg
これが古い民家の形態であろうか。入母屋瓦屋根(セメント瓦)。2棟が寄り添う形が良い。
d0147406_21225667.jpg
ここも2棟が寄り添う。
d0147406_07471802.jpg
お地蔵さん?
d0147406_07473156.jpg
村のスーパーマーケットか。獅子マート。
d0147406_07474620.jpg
片側と御所浦との間にある黒崎集落。
d0147406_07475407.jpg
獅子島片側港。天草下島へ渡る。
d0147406_07480254.jpg
天草諸島最南端の街である牛深のコンビニにて。雨が激しく降って来た。この熱した大地を冷やしてくれ!
d0147406_10215743.jpg
牛深からハイヤ大橋というカッコいい橋で下須島へ渡る。この橋、建築家レンゾピアノと岡部憲章によりデザインされた橋。しかし、下須島へ渡るためにこんな大げさな橋が必要なのかなぁ。
d0147406_10220086.jpg
下須島天附集落。対岸の牛深と同様にいくつもの入江に集落が形成されている。
d0147406_10220246.jpg
尾根を超えると隣の集落へ。
d0147406_10220406.jpg
一番奥のところにこんな立派な古民家があった!海鼠壁と漆喰白壁の家。
d0147406_10220643.jpg
八角形の海鼠壁は熊本県の特徴。立派だ。
d0147406_10320583.jpg
入江谷の最奥部で坂道になる。
d0147406_10320739.jpg
また別の道。古い井戸があった。
d0147406_10321028.jpg
ここにも井戸。周りが石畳になっていて、洗い場が形成されてる。また、このように茅葺鉄兜の古民家がチョイチョイ残っている。
d0147406_10360045.jpg
牛深を後にし、天草下島の西海岸を北上する。途中の崎津集落。内海に教会をシンボルとした集落で、私の好きな集落のひとつ。サイト〈集落町並みWalker〉のインデックスページの一番上の背景はココ。今や集落が世界遺産となり大騒ぎだ。
d0147406_10484874.jpg
天草下島の北端近くにあって橋で渡れる通詞島。以前やり過ごしてたので再訪だ。
d0147406_10485061.jpg
集落は横に長く裏はすぐに斜面となっている。
d0147406_10485460.jpg
メインの横道を辿ると切石石塀のお屋敷があった。
d0147406_10485738.jpg
石積みの塀を巡らす家。通詞島とは由緒ありそげな名前だ。
d0147406_10490128.jpg
ここにも洗い場の石畳を巡らす六角井戸があった。
d0147406_20095694.jpg
さらに天草下島の集落探訪を続ける。島の北部真ん中あたりにある御領という町。戦国時代に志岐氏の支城があり、地域の政治の中心だった。
d0147406_20104233.jpg
丘の上が城址だそうで、そこに大きな芳証寺の境内となっている。上に画像は旧名主のお屋敷だが、とても立派な石塀が見られた。
d0147406_20104731.jpg
切石のディテール。とっても綺麗だ。
d0147406_20105137.jpg
芳証寺の石垣と土塀。
d0147406_20105451.jpg
旧街道沿いには古い町家が残る。草葺鉄兜の民家も多い。
d0147406_20105828.jpg
芳証寺前に並ぶの石像群。
d0147406_20211754.jpg
今宵の宿泊は天草一の経済中心都市である本渡。寿司屋に行った帰りに商店街を歩いてみた。島なのにアーケード街があるぞ!しかも「銀天街」!
d0147406_20240906.jpg
d0147406_20243278.jpg
「銀天街」とは、九州のアーケード街で共通して使われている名称で、発祥は小倉だと言われている。そして、もう一つ共通しているのは、戦災復興都市であること。つまり、戦災で焼失した中心市街地の商店街の復興のシンボルが「銀天街」というアーケード街なのである。
d0147406_20271684.jpg
d0147406_20272032.jpg
しかも形の似通った二階建ての不燃建築が並んでいる。
d0147406_20285646.jpg
d0147406_20285919.jpg
裏には定番のスナック街。ひと通り歩いて言えることは、戦災復興商店街みたいということ。でも、天草が空襲受けたとは思えない。
もしかして、大火?

# by marunouchi_no1 | 2018-07-22 22:00 | 鹿児島県  

海界の村を歩く 太平洋 陸前大島

d0147406_21004108.jpg
(宮城県気仙沼市大島)
東北三陸の島旅、2日目は気仙沼からスタートする。
d0147406_23554936.jpg
今日の目的地は東北地方最大の島である陸前大島(気仙沼大島)である。今晩の宿を島内の国民休暇村としたので、島へはゆっくり渡れば良い。まずは、大島の東側に横たわる唐桑半島から探訪することにしよう。
d0147406_23583884.jpg
d0147406_23585134.jpg
半島北東にある海中公園・巨釜の上の駐車場から見たリアス式海岸。ここは3.11の震源地に最も近い場所である。押し寄せた大津波がしぶきを上げて断崖にぶつかったであろう様を想像する。
d0147406_00025189.jpg
西岸にある鮪立集落の全景。マグロ漁で財を成した御殿が建ち並ぶ集落だ。以前訪れているのでDataBaseを参照されたい。
http://www.shurakumachinami.natsu.gs/03datebase-page/miyagi_data/magurodate/magurodate_file.htm
d0147406_00125011.jpg
唐桑半島は丘陵地形で、丘の上に集落が点在する景。唐桑半島ではあまり古い建物を見かけない中、画像の古民家があった。長屋門と寄棟の直家だ。
d0147406_00125189.jpg
中井地区の町並み。
d0147406_00125306.jpg
d0147406_21093046.jpg
入母屋赤瓦が特徴である。
d0147406_00125441.jpg
中井地区の理容所大畠。いい感じの看板建築だ。
d0147406_21100502.jpg
陸前大島に渡る前に陸前高田・大船渡界隈の気仙大工のつくった集落の取材に向かう。
d0147406_21115032.jpg
陸前高田の気仙川河口の水門。津波が来た時に閉鎖する。陸前高田のかさ上げ工事は、すでにベルトコンベアが撤去されていた。かさ上げされた上の市街地建設はこれからだ。
d0147406_21151501.jpg
d0147406_21151763.jpg
d0147406_21152074.jpg
陸前高田市小友町の気仙大工左官伝承館。移築された気仙大工のつくった古民家が屋外展示されている。
d0147406_01410459.jpg
そして、大船渡市野々前。この地域に分布する気仙大工による集落のひとつである。
d0147406_23281883.jpg
d0147406_23282016.jpg
匠の技が素晴らしい。
ところが、野々前を取材していたら、お巡りさんがやってきて職務質問された。最近、空き巣があったそうである。物騒な事件も多いゆえやむなしだが、いい感じはしない。
d0147406_01443099.jpg
気仙沼に戻ってきた。これから午後一番のフェリーにクルマを乗せて、陸前大島へ渡ろう。
d0147406_01461016.jpg
d0147406_01461473.jpg
「海界の村を歩く」シリーズでは、基本的に本土と橋で繋がっている島は、もはや離島ではないので対象としていない。実は、陸前大島はもうすぐ大橋が開通する予定である。震災の時に孤立した経験から、念願の橋建設が急ピッチで行われた。今回の取材は、離島のうちにと慌てて計画されたわけである。
d0147406_01502467.jpg
陸前大島
宮城県北東部の気仙沼湾内、本土から航路距離7kmに位置する東北地方最大の島。島内には縄文時代の磯草貝塚や浦の浜遺跡があり、『三代実録』(901年)や『延喜式』(927年)に大島神社が記されている。古くは「薬師島」いわれた。海岸線は出入りが激しく、北部には235mの亀山がそびえており、全島が一望できる。風光明媚な自然は陸中海岸国立公園と海中公園に指定されている。亀山リフト、国民休暇村のプールやキャンプ場、海中公園のグラスボートなどの観光施設も整備され、多くの観光客が訪れる。周辺の海は水産資源に恵まれ、沿岸漁業とワカメ・カキなどの養殖が盛んで、基幹産業となっている。(「シマダス」参照)
d0147406_01513430.jpg
上記の「シマダス」の解説文では、観光の島・養殖の島というイメージであるが、震災によるダメージは大きく、以前より賑わいも大きく失われてしまったようだ。
d0147406_01513600.jpg
さて、島の集落を見ていこう。画像は要害地区の板倉。シンプルながらデザイン的に良くできている。
d0147406_01514893.jpg
要害集落の町並み。
d0147406_01515970.jpg
長崎集落の町並み。赤い屋根で統一されている。
d0147406_01521847.jpg
亀山山腹から大島南方を眺める。丘陵地形に赤い屋根の集落が点在しているのがわかる。
d0147406_01544301.jpg
島北端の外浜集落。
d0147406_01544531.jpg
外浜集落と唐桑半島との間の大島瀬戸。3.11大津波の際は、気仙沼で流れ出した油に引火し、火の海になったという。地獄絵図のように恐ろしかったと言われている。
d0147406_15455458.jpg
d0147406_15455503.jpg
翌日、陸前大島を後にし、仙台より南の陸前浜街道(国道6号線)沿の町を歩いた。
画像は、亘理の町並み。このエリアの特徴であるなまこ壁が見られる。
d0147406_15480541.jpg
d0147406_15480688.jpg
南相馬市の原ノ町。旧街道沿いの蔵造り系の町並みと映画館の建物が残っていた。
d0147406_15501850.jpg
そして更に南下し、浪江町の街を通る。大津波で被災した福島第一原発の避難区域が解除された浪江町であるが、旧街道沿いの商店や住宅は皆無住の状態だった。
そして、帰還困難区域は常磐自動車道と国道6号線バイパスのみが通行可能。バイクや自転車はNGでクルマのみが通れる。沿道の町は、2011.3.11で時間が止まっていた。

# by marunouchi_no1 | 2018-07-02 21:00 | 宮城県