海界の村を歩く 東シナ海 納島

d0147406_20440735.jpg
(長崎県 小値賀町 納島郷)

d0147406_20444540.jpg
小値賀島周辺の離島、3つ目は納島(のうしま)。航空写真で見ると島全域に耕地が広がっている。
d0147406_20441273.jpg
納島(のうしま)
標高66.2mの火山島と22.9mの火山島が結合してできた島。小値賀島柳港の北東約1kmにある。「おさめじま」とも呼ばれる。来たから西にかけて広い平原と複雑な海岸線がある。島東部のヌケ遺跡からは旧石器〜縄文時代にかけての石器が出土している。南岸には、巨大アコウ樹の群落があり町の天然記念物に指定されている。北岸の田浦海岸は平家の落人の上陸地といわれ、その頭領の居宅があったところが上屋敷と呼ばれている。近くの海底からは元寇の時に元軍が使用していたとされる碇石が発見されている。またキリシタン史に著名なアンチリヤーブノシマやアウグスチノ太田の出身地でもある。農地がよく拓けていて、島で収穫・加工されたピーナッツは、町全体の特産品だ。(「シマダス」参照)
d0147406_20441900.jpg
柳港からの渡船は、1日5便と比較的多い方だが、内3便は日曜日運休。したがって、今日土曜日に計画を合わせた。柳港からたった7分で着いた。
d0147406_20463809.jpg
船着場から集落へ向かう途中にでっかいアコウ樹がある。「このー木なんの木気になる木♫」みたいな大樹。その樹の下を、船を降りた島の人達が、世間話をしながらゆっくり歩いていく。
ところで、島の人たちは待合室でも船の中でも、互いに会話を交わす。しょっちゅう顔合わせているのによく話題があるなといつも思う。コミュニケーション下手な人は、島暮らしは辛いだろうな。
d0147406_20464313.jpg
集落に入ったところ。茶色いゴロタ石垣が目に入る。
d0147406_20465023.jpg
この一部が盛り上がっているのは何だ?
d0147406_05122823.jpg
なるほど!お地蔵さんが並んでた。
d0147406_20465563.jpg
納島の古民家。石垣の上に建物が建っているのは珍しくはないが、このように階段が中に入ってから付いているのは、ちょっと新鮮。
d0147406_20473930.jpg
無住の廃屋も多し。
d0147406_20474217.jpg
集落は台地と低地の両方にまたがっている。その低いエリアを歩いていくと砂浜に出た。多島美が見られる素晴らしい景観の場所。
d0147406_20474786.jpg
振り返ったところ。道の下は川になっている。そして茶色いゴロタ石垣。
d0147406_20475065.jpg
d0147406_20475438.jpg
d0147406_20490245.jpg
敷地や農地を囲む石垣石塀。
d0147406_20490693.jpg
付属屋が半分石垣になっている。当たり前だが、庭側は建物内に入るために無い。
d0147406_20491152.jpg
d0147406_20491795.jpg
段差部の家並み。
d0147406_20492128.jpg
船着場から真っ直ぐ坂を上っていったところ。両側に古民家がある、良い町並みスポットがあった。この道の先はピーナッツ畑が拓けている。
d0147406_20501371.jpg
わずか53分でもゆっくり回れるほど小さな集落だった。

# by marunouchi_no1 | 2018-04-29 21:00 | 長崎県