海界の村を歩く 瀬戸内海 佐合島

d0147406_09090135.jpg
牛島に渡るはずだった。台風とかち合い宇部探訪に切り替えたため行けなくなった。八島だけではもの足りないので、予定外だったが佐合島を組み入れた。
d0147406_20335600.jpg
佐合島は室津半島の西岸にある佐賀港より船が出る。沖合1.9kmと肉眼で家が見えるほどの近さで、8分で渡れる。
d0147406_08554258.jpg
平生町佐賀地区の南西海上1.9km、瀬戸内海国立公園内にある島。北と南に100mを超える山があり、ほとんどが丘陵傾斜地で、平たん地は5%程度にすぎない。古くは佐郷島・佐河島とも記され、中世には京都賀茂社領があったと伝えられる。慶長5年(1600)の検地帳にも島の名がみえ、天保13年(1842)には694人、明治22年には975人の人口を数えている。今では農漁業とも衰退し、一本釣などが細々と続けられている。定年後、島に里帰りした人たちも多い。美しい海岸には自然の薬草が自生、また潮干狩や岩場でのフィッシングが楽しめ、とくに夏場は海水浴客で賑わう。(「シマダス」参照)
d0147406_08570736.jpg
d0147406_08570992.jpg
集落は室津半島を望む島の東側、弓なりの砂浜上に形成されている。意外と島外から渡ってきている人達がいる。

d0147406_20344770.jpg
海岸線の道を歩く。画像のように石垣の防波堤と一体化した民家があった。海岸線には現在はしっかりとした防波堤が築かれているが、以前は頼りなかったのか。
d0147406_09034986.jpg
d0147406_20345351.jpg
ここにも!
d0147406_20345872.jpg
とはいえ、防波堤一体型じゃない家もある。現在の防波堤との間に一定の間隔があって砂利敷きになっている。原型はどんなかたちだったのだろうか。
d0147406_20350278.jpg
d0147406_09083251.jpg
家々は板壁と桟瓦葺が基本。
d0147406_09080290.jpg
海岸線の道を集落の一番端まできた。ちょっと高い位置に覚勝寺というお寺があった。
d0147406_09080419.jpg
お寺の境内から集落へ降りる階段がある。
d0147406_09080574.jpg
この道が本来のメインストリートの横道(海岸線に平行した道)であろう。
d0147406_09080724.jpg
家々の間には空き地が目立つゆったりとした集落景観だが、明治期には975人が生活していたというから、かつては家がビッシリ建ち並んでいたのだろう。
d0147406_09080846.jpg
黒いトタン葺き屋根。この島では珍しい。
d0147406_09162681.jpg
空き地には建物の基礎石が残っているから、かつての屋敷地の区画がわかる。
d0147406_09162882.jpg
煉瓦塀のある屋敷。家も大きい。
d0147406_09163037.jpg
小学校は今やない。
d0147406_09233879.jpg
d0147406_09233911.jpg
最後にドローンを飛ばした。浜で遊んでる人達が「なんだなんだ」って感じになる。島は静かだから、ドローンの音が結構目立つ。なかなかやりにくいもんだ。
d0147406_09163178.jpg
柳井へ移動し、孫右衛門さんと夕食前に遊里を探訪しようということになった。画像は伝建地区になっている町並み。
d0147406_09163290.jpg
そこから東の方へ行くと現代の商店街があり、その裏に飲食店街がある。
d0147406_09273098.jpg
表通り側がアーケード状になっていた建物の側面。集合店舗ビルのようだ。
d0147406_09273212.jpg
古い建物を改修してスナックした店舗。なんでスナックは洋風モダンなのだろうか。
d0147406_09273362.jpg
「だったらしい」というエリア。
d0147406_09273409.jpg
古そうな総二階建てがあったけど、どうかなぁ。
d0147406_09273590.jpg
この建物後ろに長くなっていたんで、元は映画館かな。
d0147406_09283887.jpg
出ました「モザイクタイルの円柱」。これがあると旧レッドであろうポイントが上がる。
d0147406_09283938.jpg
柳井天満宮の周りのスナック街。
d0147406_09284165.jpg
あってよかった!遊里探訪は探す面白さがある。いつかまた「遊里を歩くシリーズ」復活しましょうか。
d0147406_09284251.jpg


# by marunouchi_no1 | 2018-10-06 20:30 | 山口県  

海界の村を歩く 瀬戸内海 八島

d0147406_20521705.jpg
宇部市内の宿を後にし、室津半島先端の上関町室津へ向かう。山口県の離島は、日本海側・瀬戸内しかり、いずれも期待を裏切らない島里ばかりである。その中でも、瀬戸内の祝島は、一級品の集落であり、平郡島はそれに次ぐといっていい。そんなエリアだから、今日渡る八島と佐合島に期待の胸が膨らむ。
d0147406_20093722.jpg
d0147406_20093863.jpg
広島を拠点にしているいらかぐみの孫右衛門さんを誘ったら、快く同行しましょうということになり、上関港で落ち合うことになった。八島行きの定期船は、上関発10:00。9:30前に孫右衛門さんと合流し、室津港の道の駅で出航を待つ。
d0147406_20523619.jpg
道の駅には新鮮な魚が売っていて、とにかく安い。こんなお店が東京の地元にあったらいいなぁ。
d0147406_20525203.jpg
八島への航路から祝島を望む。あんな高い山あったっけ?と思うほど、立派な島影。島というのは遠くから眺めると大きく見える。
d0147406_23343889.jpg
高速艇だから速く八島まで30分で着いた。島の中間あたりの北斜面から平地にかけて集落が形成されている。
d0147406_20530842.jpg
上関港の南約12kmの山口県最南端に位置する。南北に細長く、中部は平地になっているため1島であるが2島の観がある。古くは屋嶋・矢嶋とも記されていた。島内からは弥生式土器・土師器は出土している。かつては北部の古浦に集落があったが、現在は八島港の周辺に集中している。明治以降、ハワイへの移住者を多く出した島としても知られている。最近まで牛の放牧が営まれていた。観光事業としてキャンプ場を設置して島の振興を図っている。(「シマダス」参照)
d0147406_23382460.jpg
海岸線の家並み。各家の壁に動物画のパネルが張り付けられている。これは、いったい何だろう。島の方に聞いてみたら、区長さんの趣味の作品だそうだ。「まだまだたくさんあるよ」とのこと。

d0147406_20083983.jpg
海岸線から小さな川沿いに集落へ入っていく。この道がメインストリートのようで、かつてお店だったような建物が何軒か見られる。
d0147406_20084333.jpg
緩やかに上りながら曲がる道。その道に沿った川と石垣。向かい合う煉瓦塀と黒板壁。見事な構図!
d0147406_20084895.jpg
煉瓦塀の家。しっかりした洋風の門を構えていて、病院だったのかな?というような佇まい。
d0147406_20085078.jpg
メインストリートを振り返る。隣の祝島とは違うスタイルであるが、こっちも負けず劣らずの一級品の町並みだと思う。
d0147406_20085692.jpg
さらに登っていくと斜度が大きくなり、視界を占める石垣の割合が増える。
d0147406_20110582.jpg
ほとんど廃屋だけれど大きく崩れていない。家の造りがいいからだろう。
d0147406_20111165.jpg
集落の上にガードレールが見えたので、見晴らしが効く道があると判断し、そこまで上った。密集度は低くゆったりとした家々の配置。どちらかというと祝島島より平郡島に近いかな。
d0147406_20111792.jpg
季節によって強い風が吹き下ろしたり吹き上げたりするのであろう。屋敷地外周を建物で囲って、庭を風から守っている。
d0147406_20112230.jpg
囲むというより挟む程度かな。海側と山側に建物を配するイメージ。
d0147406_06045451.jpg
早く手を入れないとまずそう。
d0147406_20124868.jpg
d0147406_20125252.jpg
黒板壁、銀の瓦屋根、緑の調和が実にいい。
d0147406_20125644.jpg
集落の西方、斜面の高いところにある浄慶寺。法要の行事があり島の人たちが集まっていた。
本堂の襖絵は、地元出身の画家である川口健治氏の作品で、この寺から集落を眺めた風景画が描かれていた。
d0147406_20320651.jpg
浄慶寺本堂の天井。描かれた紋は、火事により再建された時に寄進した家のもの。
d0147406_20130051.jpg
やっと祝島で見られた練塀があった。祝島では表面を漆喰で仕上げているので、この壁も本来は漆喰仕上げでしょう。
祝島で多く見ることのできる練塀は祝島だけの特徴であり、長島やここ八島にはわずかしかない。
d0147406_20134945.jpg
d0147406_20135363.jpg
しかし、なんでこんなにも立派な民家が多いのか。答えはハワイへの出稼ぎ者を多く出した島だったということだそうである。
d0147406_20135992.jpg
練塀の路地
d0147406_20140322.jpg
屋敷地を囲む付属屋の入口から庭を見る。
d0147406_20140778.jpg
集落の優れた島里という情報は全くなかった八島であったが、とても建物の質が高い、素晴らしい集落だった。
d0147406_20323104.jpg
さて、今回の八島から初ドローンを飛ばした。そこで、ちょっとしたトラブル発生。画像のように集落を俯瞰しようと山に近づいた途端に、、、山のカラスが大騒ぎに。おそらく巣に近づいたためだろう。カラスは外敵が巣に50m近づいたところで威嚇するそうで、まさにその状態になっていたのだろう。「こりゃやべー」とドローンを引き返させたところ、何事もなかったように静まり帰った。島の皆さん、お騒がせしてすいませんでした。
d0147406_20323493.jpg
佐合島へ続く

# by marunouchi_no1 | 2018-10-06 20:00 | 山口県  

海界の村を歩く 日本海 蓋井島

d0147406_20545096.jpg
昨夕、孫右衛門さんと柳井で夕食をご一緒した後、一気に150km走って下関市豊北町神田まで移動した。角島大橋の袂近くのペンションに泊まり、早朝から活動開始。
d0147406_20535839.jpg
角島は日本海に浮かぶ島だが、2000年に架橋されたため今は離島ではない。北前船の寄港地でもあったらしく、集落に期待した。
d0147406_20540104.jpg
角島灯台。明治9年に建てられたわが国の名灯台の一つ、「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計による最後の作だそうでで、日本海では初めての洋式灯台だとか。
d0147406_20551600.jpg
角島の港。さすがに日本海に面する本州の曲がり角みたいなところにあるため風が強く、ドローンは飛ばせない。
d0147406_20540610.jpg
角島灯台が花崗岩でできていたが、集落の方も石垣が特徴である。
d0147406_20541035.jpg
続く煉瓦塀
d0147406_20541467.jpg
ただ、集落的にはあまり面白くはなかった。橋で渡れると評価が下がる。
d0147406_20561394.jpg
角島大橋。絶大な観光名所で、朝から多くの人たちが見物に訪れていた。
d0147406_20561850.jpg
角島からやや南へ移動したところにある矢玉という町を歩く。何の前情報もなかった町だが、空中写真で見て密集度に魅かれた。
d0147406_20562353.jpg
表通りは普通なれど、
d0147406_20562632.jpg
そこから一歩入るとこんな路地が続く。漁村として栄えたのであろう。
d0147406_20563159.jpg
加藤味噌醸造所
d0147406_10002898.jpg
川を挟んだ左側の一角、すごい密集度でしょ。ここを歩いてみたかった。
d0147406_20570589.jpg
川沿いはこんな感じ。
d0147406_20570865.jpg
中はこんな感じ。割と整然と区画されてたので、古い町ではないのでしょう。
d0147406_20571264.jpg
豊浦室津の町を歩く。この町も北前船の寄港地だった港町。
d0147406_20571874.jpg
海岸線に沿った一本道。
d0147406_20572247.jpg
古そうな民家を発見。
d0147406_20585626.jpg
なまこ壁を発見。
d0147406_20590032.jpg
なまこ壁の家の表側。
d0147406_20590567.jpg
ポツポツと古い家が見られる。
d0147406_20590840.jpg
そして、鏝絵の家が数軒あった。
d0147406_20591100.jpg
d0147406_20595130.jpg
港町として栄えたということかな?
d0147406_10070519.jpg
吉見港 13:30発の船で蓋井島へ渡る。「ふたおいじま」と読む。
d0147406_10070602.jpg
昨日の瀬戸内海は穏やかだったが、さすが日本海、波は高い。
d0147406_10070735.jpg
高速艇で40分。日本海の響灘に浮かぶ蓋井島に着いた。
d0147406_10143308.jpg
下関市吉母の北西約6kmの響灘にある。けわしい岩石海岸が続き、東南部の湾頭にある砂浜から山の斜面となっている。古代の集落遺構が発掘された筏石遺跡や、土器などが出土した遺跡もある。昭和10年代には、下関要塞の要として蓋井島砲台が構築された。国の重要有形民俗文化財に指定されている「山の神の森」では、7年目ごとに山の神の神事が催される。島の周囲は水産資源に恵まれ、定置網や一本釣りなどで、アワビ、サザエ、イカ、ブリが水揚げされている。神功皇后がこの島の水を「よき水」とほめられ、その後は蓋で覆ったことから、島名がついたといわれている。(「シマダス」参照)
d0147406_20595517.jpg
この島の特徴は、なんといっても赤瓦で、空中写真で見た時から行ってみたいと思っていた。日本海に浮かぶ山口県の島は皆赤瓦である。
d0147406_20595810.jpg
港から上がってくるメインストリート
d0147406_21000216.jpg
赤瓦と銅板の緑青がいい感じだ。
d0147406_21000521.jpg
d0147406_21014594.jpg
割と家々の配置が規則正しい。雛壇状に宅地化されているからか。壁に鶴亀の鏝絵があった。
d0147406_21005116.jpg
そそり立つ民家
d0147406_21005539.jpg
鮮やかな赤
d0147406_21005912.jpg
屋敷構えは外周に建物を巡らす中庭型。斜面だし、吹き付ける風が強いのであろう。
d0147406_21010441.jpg
この日も風が強くドローンは飛ばせなかった。
d0147406_21010857.jpg

# by marunouchi_no1 | 2018-10-06 20:00 | 山口県