人気ブログランキング |

海界の村を歩く 太平洋 大神島

d0147406_19233982.jpg
(宮古島市大神島)
d0147406_10445460.jpg
d0147406_19272479.jpg
伊良部佐良浜集落の取材を終えたら急に雨が降り出しました。できれば島の南東部も巡りたかったのですが、雨足強く気が乗りません。北東端に近い島尻港へ早めに移動し、クルマの中で雨が止むのを祈ります。
14:15発の大神島行き渡船に乗ります。
d0147406_19272802.jpg
大神島
宮古島の北部、島尻漁港から約4kmにある、標高75mの円錐形の小島。古くから宮古諸島に暮らす人たちの崇敬を集める「神の島」とされ、信仰と祭祀を大切にする暮らしが受け継がれている。民俗行事の「祖神祭」は島外の人々には観ることさえ許されず、なお神秘の島ともいわれている。また、島内には御嶽も多く、集落以外大部分は祖神が宿るとされる聖地なので立ち入りには注意が必要。半農半漁の生活を営んでいるが、保存食として生まれた「干ダコ」は注文に応じきれないほどの人気。離島の池間島の海んちゅ(漁師)の多くは大神島の出身者だったともいわれている。(「シマダス」参照) 
d0147406_19282418.jpg
大神島の集落は港から離れたやや高所にあります。取材したいのですが、雨風が強くレンズがすぐに濡れてしまう。まず一番高い「遠見台」へ登って雨が弱まるのを待ちます。
d0147406_19282918.jpg
遠見台から麓の集落と港を見下ろす。風が吹き上げてくるので、傘が役に立ちません。
d0147406_19284017.jpg
遠見台への登山道の入り口にあった井戸。集落の一番高所です。雨は弱まりそうにないので、取材を開始します。
d0147406_19284414.jpg
大神は小さな集落で、家の数は10軒くらいでしょうか。
d0147406_19293648.jpg
木造瓦屋根(セメント瓦)の伝統様式が2、3軒かな。建具の木もいい感じ。
d0147406_19293910.jpg
d0147406_19294312.jpg
d0147406_19295103.jpg
↑こちらのお宅がいい感じでして、四周の写真を載せてしまいました。
d0147406_19295945.jpg
d0147406_19303915.jpg
d0147406_19304551.jpg
壊れた家も周りにあったので、かつての集落はもう少し大きかったのでしょう。
d0147406_19304979.jpg
集落と港の間にあるコミュニティセンター。動画編で映っているわんちゃんは、船が港に着いた時からあちこちで出会いました。島紹介のサイトにも出てました。島のマスコットのようです。
d0147406_19305940.jpg
ノッチ?と呼ばれる奇岩の場所。
d0147406_19313926.jpg
港に戻ったら雨が止んできました。動画取材にもう一度集落へ行こうか。

# by marunouchi_no1 | 2019-02-16 21:00 | 沖縄県  

海界の村を歩く 東シナ海 宮古島・伊良部島

d0147406_18520962.jpg
(宮古島市平良)
d0147406_19042704.jpg
「海界の村を歩く」テーマでの沖縄県の離島は今回が最後となります。有人島ではまだ本島本部沖の水納島と多良間島沖の水納島、西表島沖の新城島の3つが未踏ですが、本部の水納島以外は定期船がなくチャーター船でないと渡れません。これらは、リタイヤ後のお楽しみということで、一旦区切りとします。
d0147406_19073719.jpg
日本トランスオーシャン航空の羽田発宮古直行便。
d0147406_15114187.jpg
6年ぶりの宮古島です。宮古島は昭和34年の台風で大きく被害を受けたため、復興で鉄筋コンクリート造の民家が建てられた模様。赤瓦=沖縄の集落と期待している方には響きませんが、それが現在の宮古島の特徴となっています。
d0147406_19083182.jpg
さて、今回は上図の4箇所を歩きます。前回同様、残念ながら島の東南部地区に行けません。
d0147406_19095536.jpg
松原地区。ここは、割と赤瓦民家が見られます。
d0147406_19100345.jpg
県道沿いにあった祠。
d0147406_19100817.jpg
木立の中に石垣が残っています。
d0147406_19101350.jpg
やはりRC造(鉄筋コンクリート造)平屋建あるいは2階建が多い。
d0147406_19101702.jpg
その中に赤瓦の木造民家が点在しています。宮古島の集落を全部見たわけではないですが、ここは割と多いように思います。

d0147406_15140338.jpg
d0147406_15144636.jpg
ブロック積みの付属屋。風を防ぐために屋敷の外周に沿って建てられています。
d0147406_15133681.jpg
この場所が町並み景観として一番良かった。手前のセメント瓦の建物は壁がないけど何に使われていたのかな。豚舎?
d0147406_15151523.jpg
大きなテラスのある家。これも沖縄の造民家でよく見るタイプ。直射日光はメチャ暑いので屋根が付きます。
↓動画
https://youtu.be/wWa9VRh13fw
d0147406_19193630.jpg
(伊良部大橋)
伊良部島に渡ります。6年前は平良港からフェリーで渡りました。その時盛んに建設していた伊良部大橋が完成しています。

伊良部島
宮古島の北西8kmにある島。西隣には狭い水路を挟んで下地島が並ぶ。その水路に面して農業を主とする5集落があり、島の東側には県内有数の南方カツオ漁の基地である佐良浜の集落がある。ソロモン海域でのカツオ一本釣漁が主で、農業はサトウキビ栽培が中心。伊良部は、「今昔物語」や「今鏡」にも見られる「緑に彩られた美しい島」を意味する日本の古語「いらふ」にちなむといわれている。まっ白に輝く砂浜と、多様な生き物を育む深い森が鮮やかなコントラストを生み出し、心を歌にして語りかけた「伊良部トーガニ」が謡い継がれている美しい島だ。近年は、体験滞在型エコ・グリーン・ブルーツーリズムの島としても注目を集めている。(「シマダス」参照)
d0147406_19194004.jpg
佐良浜港の食堂でランチ。新鮮なお魚が美味しい。
d0147406_19194804.jpg
佐良浜集落は前回歩いたので、今回は動画撮影中心の取材です。伊良部島佐良浜集落は、RC造民家が密集した集落として特筆すべきものがありますが、上から見るとやっぱ凄い!
↓DataBase
http://www.shurakumachinami.natsu.gs/03datebase-page/okinawa_data/irabu/irabu_file.html
↓今回の動画
https://youtu.be/H-eXzdGaZk8

宮古島平良
沖縄本島の南西290kmにある宮古島の中心地。山も川もない平坦な地形から「ひらら」(平良)と呼ばれるようになったともいう。全日本トライアスロン宮古島大会などを中心に「スポーツアイランド」をめざした島おこしを実践する。平成4年、東京に続き大阪への直行便が就航し、観光やフライト産業など地域の活性化に弾みがついた。島の周囲は白い砂浜が点在し、コバルトブルーの海とサンゴ礁に囲まれ、釣りやダイビングなどマリンスポーツのメッカでもある。(「シマダス」参照)
d0147406_19203172.jpg
宮古島の中心集落である平良。夜の街を歩きました。残念ながら、土曜日なのでネオンが少なかった。
d0147406_19203553.jpg
平良の商店街です。RC造2階建の町並み。一見看板建築(RC造に見せかけた木造の町家)に見えますが、全て本物のRC造です。
d0147406_19204418.jpg
d0147406_19204905.jpg
沖縄らしく日除けのルーバーをまとった家々が多いです。
d0147406_19220931.jpg
d0147406_19221710.jpg
d0147406_19222199.jpg
d0147406_19222425.jpg
伊良部島ではなんとかドローン飛ばせたものの、天気が悪いなぁ。。。

# by marunouchi_no1 | 2019-02-16 20:20 | 沖縄県  

海界の村を歩く 東シナ海 久米島

d0147406_05564841.jpg
(久米島町儀間)
d0147406_19463793.jpg
那覇空港から久米島空港までわずか25分。久米島に近づいたら、久米島の東にのびる「はての浜」をサービス飛行してくれました。低空飛行で右旋回左旋回し、どっち側の窓からも見られるように。
d0147406_19200379.jpg
久米島では、上図の黄字の集落を歩きます。

那覇市の西約100kmにある島。森林が豊かで水に恵まれており、昔から溜め池や用水路が整備され、水稲栽培が盛んな頃から「米の島」と呼ばれていた。また、「随書」や「続日本後紀」などの文献にも記され、琉球王朝時代から中国貿易の中継地としての役割を果たしてきた要衝の島だった。近世には遠見番所・烽火台が置かれ、19世紀半ばには十数回にわたり外国船が寄港している。また、沖縄で最も美しい島ともいわれ、昭和58年には県立自然公園に指定されている。現在では、久米島空港と那覇・羽田空港が直行便で結ばれ、歴史・文化・自然の調和したリゾート地として注目されている。現在の主産業は農業で、サトウキビが栽培されている。漁業は明治37年の大噴火で移住してきた硫黄鳥島の人々によって始められ、鳥島漁港を中心に、沿岸漁業やクルマエビの養殖が営まれている。(「シマダス」参照)
d0147406_19465196.jpg
西銘集落の重文上江須家住宅から。ところが定休日で入れませんでした。残念。上層の家らしく、立派な切石積みの石塀で囲まれていました。
d0147406_19470664.jpg
久米島には、昨日一昨日と歩いた伊江島や渡嘉敷島とは違って、木造の民家が割と多く見られるようです。
d0147406_19472074.jpg
西銘集落。沖縄はとにかく水不足が頻繁に起きていた地域ですので、家々には給水塔が設置されていましたが、現在は石灰岩のポーラスな性質を利用した地中ダムが築かれていて、その心配も少なくなりました。
d0147406_17085986.jpg
西銘集落の北側近くにある仲地集落。
d0147406_17081681.jpg
傾斜地に木造寄棟民家が多く見られます。
d0147406_17082582.jpg
コンクリートブロックの付属屋。いい風合いを醸し出しています。
d0147406_17082964.jpg
仲地集落では、家々が集まったエリアから小さな谷を挟んだところに、比較的大きな屋敷が並んでいました。
d0147406_17083356.jpg
仲地集落の大きな屋敷。
d0147406_17094547.jpg
久米島の中心市街地である鳥島。ここは、沖縄県最北端にある「硫黄鳥島」(現在は無人島)から移住してきた人たちが作った漁村集落です。
d0147406_06110633.jpg
硫黄鳥島ってどこ?今まで知りませんでしたが、なんと鹿児島県徳之島の西方にあるんですね。かつて硫黄採掘で人が住んでいましたが、明治37年の火山の大爆発で久米島に全島民が移住して無人島となりました。ですので、行政区画は今でも久米島町になっています。
d0147406_17094859.jpg
鳥島地区は久米島町の中心地で、商店街があり鉄筋コンクリート2階建てが並んでいます。日除けのために堀の深いモダニズムな町並み。
d0147406_17095052.jpg
その中に木造平屋建ても混じってます。
d0147406_06264867.jpg
ドローンから見た町割り。規則正しい現代の住宅地のようです。
d0147406_17095284.jpg
目抜き通りから南北とも一本二本入ると、大きなピースのブロック塀の町並みとなります。珊瑚の砂にセメント混ぜて固めたブロック。これが風化してくると貝殻の骨材が現れてきて、とてもいい感じになります。
d0147406_06305489.jpg
鳥島地区から東へ行った儀間地区。ここにも港がありました。
d0147406_06331272.jpg
この集落もご覧のように平坦地に割と整然と区画されている。
d0147406_17095516.jpg
一軒一軒の屋敷地は、鳥島地区より大きいかな。一部にフクギの屋敷林が残っていました。

d0147406_17103023.jpg
セメント瓦の家もモノトーンでいい。
d0147406_17103408.jpg
木材は最初は茶色ですが、日光の紫外線によりグレーに変色します。それとセメント瓦がマッチするんです。
d0147406_17103813.jpg
分棟の家も見られました。古くは炊事場が主屋から分けられていたのでしょうか。
d0147406_17104238.jpg
日陰を作るために軒が深く、したがって外周に柱が巡ります。その柱に製材しない原木の丸太を使っている場合が多い。
d0147406_17104517.jpg
島の東部に橋を渡って行くことができる奥武島へ。画像はそのさらに西にあるオーハ島を奥武島から眺めたところ。
d0147406_12232738.jpg
そしてそのさらに東に砂洲が続いているのが「はての浜」です(ドローン空撮)。
d0147406_17120269.jpg
島の北東部にある宇根・真謝集落。
d0147406_17111942.jpg
宇根地区と真謝地区はつながっており、幅4-5街区の細長い集落を形成しています。
d0147406_17112251.jpg
一軒の佇まい。
d0147406_17112569.jpg
シーサーは門柱の上と屋根の上。
d0147406_17112730.jpg
この家、なんてことないように見えるでしょうが、これこそが伝統様式である沖縄の木造平屋建を鉄筋コンクリート造に置き換えたスタイルなのです。深い庇に外縁、軒先に丸柱の構成は全く一緒。丸柱が鉄管なのが面白い。
d0147406_17113289.jpg
d0147406_17124500.jpg
仲里間切蔵元痕の石塀。なかなか見ごたえありです。
d0147406_17125026.jpg
d0147406_17125461.jpg
メインストレートに面する大きな住宅(棟の長さが長い)。シンメトリーの柱割りで、しかも中央に二本寄り添ってるのがインパクトあり。
d0147406_17125811.jpg
フールという豚舎。糞尿の処理を豚がするということで、外便所の隣にある。
d0147406_17135994.jpg
(ミーフガー)
久米島は沖縄本島から渡る島としては最もメジャーな離島でしょう。観光客も多いですが、それほど観光化されたイメージはなく、また自然景観が素晴らしい場所が多く、いい島でした。
来月はいよいよ多良間島が待っています。今回のような穏やかな好天を期待して、旅を終えます。

# by marunouchi_no1 | 2019-01-14 20:00 | 沖縄県