海界の村を歩く 東シナ海 諏訪之瀬島

d0147406_20553398.jpg
(鹿児島県十島村諏訪之瀬島)

吐噶喇の各島では、フェリーが隣の島を出港すると放送が流れ、皆それを合図に準備に取り掛かる。隣の島を出たぞ!港へ行くぞ!という具合。それを知らずのんびりしていたら「行きますよ」、慌てて支度し港へ向かった。
d0147406_06475358.jpg
小宝島発5:50→悪石島→平島→諏訪之瀬島着9:10と移動する。
d0147406_21310170.jpg
船の汽笛が鳴り、諏訪之瀬島に着くぞという時、船の後ろにイルカが現れた。
d0147406_20382918.jpg
d0147406_20402233.jpg
悪石島〜平島〜諏訪之瀬島の海域は、高い確率でイルカに会えるという。まだ4回チャンスがあるので、今度はバッチリ撮ろうと思う。
d0147406_20384829.jpg
諏訪之瀬島切石港。離島では、船を降りると必ず宿の方が出迎えに来てくれているものだが、今晩お世話になる「民宿やまき」の方が居ない。それもそのはずで、乗降タラップを設置する作業をされていた(画像の黄色い人)。
d0147406_21394110.jpg
諏訪之瀬島
十島村の中で2番目に大きい。島の中央に799mの御岳があり、今なお噴煙をあげる活火山の島である。『日本書紀』の白雉5年(654)に「吐火羅国の男二人、女二人、舎衛(きえ)の女一人、風にあいて日向に流れ来たり」とある舎衛は諏訪之瀬島ではないかとの説がある。十島村の中でももっとも激しい活火山を抱くこの島は、過去何回となく大噴火を起こした。文化10年(1813)噴火はひどく、東村と西村の50戸あった人家は潰滅し、200余人の人々は悪石島・中之島へ移住した。中之島では在番が一部の人々を平島や臥蛇島・口之島に移し、ただ1人の死者も出さなかった。『拾島状況録』によると明治28年当時、旧墓地跡に埋没を免れた墓石若干あって、その1つには安政6年(1777)の年代と肥後市郎右衛門の名があったという。おそらく郡司墓であろうが、諏訪之瀬島も他と同じように肥後氏の勢力が強かった。諏訪之瀬島の本格的な開拓は明治期に入ってからで、奄美大島の藤井富伝らが明治9年7月の踏査経て、同16年4月に27人の有志を得て入植したことに始まる。翌17年10月の大噴火被災など幾多の困難を経て同28年には36戸に増えた。島の主神は八幡神で明治の入植後八幡神社が再興された。主峰の御岳のほかに村落近くの根神山などの旧名称が残っており、沖縄・奄美の影響を受けた信仰がしのばれる。現在の住民は奄美大島からの移住者の子孫と、安住の地を求めて移住してきた県外出身者で構成される。県外者は一時ヒッピー(他の住民からはパンヤンとも)といわれたことがあるが、現在はこうした新しい住民が中心となったユニークな島づくりが進められている。北西部の溶岩台地には手つかずのマルバサツキが自生し、春になれば一面赤とピンクのお花畑と化す。(「シマダス」参照)
d0147406_20410900.jpg
御岳火口の空中写真。現在、噴火警戒レベル2で立ち入り禁止になっている。この噴火口を見に行こう思ったのか、先日遭難騒ぎがあった。2日間捜索して見つかったそうだ。良かった良かった。
d0147406_20420512.jpg
民宿やまき。寄棟屋根の下見板張り。ここでまず「おや?」と思ったことがある。屋根材だ。小宝島では南西諸島お得意の金属折板屋根だったが、ここ諏訪之瀬島ではほとんど見かけない。そのかわり、シート防水材で屋根を包んでいる。この家もそうだ。
d0147406_20421627.jpg
なぜか。聞いてみれば答えは簡単かもしれないが、推察してみた。おそらく、御岳に関係しているのではないか。つまり、折板では火山灰が積もってしまうのであろう。シート屋根は真っ平らで、こっちのほうが厄介といわれている雨の日に積もった灰も、乾きさえすれば風で飛ばされ易い。さて、正解は如何に(答えはこのページの後半を参照)。
d0147406_20422941.jpg
諏訪之瀬島は緑が豊かである。
d0147406_20424188.jpg
d0147406_20441901.jpg
海岸のごろた石を使った石垣があった。私がみた限り、この島ではここだけかな。
d0147406_20453627.jpg
このお宅は中々良い屋敷構えをしている。主屋と附属屋が下見板張りの板壁+白いシート防水屋根で統一されており綺麗だった。
d0147406_20454745.jpg
d0147406_20455997.jpg
この集落景観が諏訪之瀬島の代表といえそうだ。
d0147406_20460892.jpg
諏訪之瀬島簡易郵便局。この左隣に十島村出張所がある。ここで明日のフェリーの切符を購入する。
d0147406_20461986.jpg
すわのせゲストハウス。コテージ形式の宿で自炊もできる。
d0147406_20473246.jpg
d0147406_20474494.jpg
d0147406_20475509.jpg
榊戸原(さかきどばる)牧区。視界が開けて気持ちのよい牧場だ。
d0147406_20480589.jpg
集落に戻って宿でランチをし、クーラーの効いた部屋で一服。猛暑は凄まじいもので、とても1時間半以上は続けて歩けない。午後は、集落から西海岸へ向かい、元浦港と飛行場滑走路を見に行く。
d0147406_20481876.jpg
d0147406_20490962.jpg
十島村立諏訪之瀬島小中学校。門の脇に伝統的な草屋根のあずま家が復元されていた。
d0147406_20491830.jpg
草葺のあずま家から学校を臨む。
d0147406_20492997.jpg
これは御岳の火山灰だろう。諏訪之瀬島は桜島周辺のような灰まみれの集落ではなかったが、やはり降灰対策は大変そう。
d0147406_20493944.jpg
手書きの道しるべ。小中学校で作ったのかな。心が和む。
d0147406_20494950.jpg
d0147406_20503530.jpg
西海岸の元浦港。遠くに見える島は平島。
d0147406_20504680.jpg
海岸まで一気に降りてきたのは楽だったが、丘上の集落へ戻るのはしんどそう。強烈な日射の中、上りは相当キツかった。
d0147406_20505572.jpg
空港滑走路の下のトンネル。ここで一服。
d0147406_20510775.jpg
飛行場への道が分岐している。
d0147406_05395706.jpg
途中に九州電力の発電所がある。
d0147406_05391683.jpg
諏訪之瀬島飛行場の滑走路。バブルの時、ヤマハリゾートが南西諸島のいくつかの島をリゾート開発しようとした。諏訪之瀬島もその一つで滑走路まで建設された。
d0147406_05405401.jpg
折角造った滑走路は使われておらず、Hマークのついた緊急時のヘリポートとして使われているだけ。ここからの眺め、特に夕陽が素晴らしいという。
d0147406_20531036.jpg
d0147406_06304904.jpg
御岳もここからよく見える。下の写真は噴火した時のもの。2013年の写真であろうか。
d0147406_08323176.jpg
さて、屋根の問題。民宿の方に聞いてみた。
不正解✖️。答えは錆びないからで火山灰とは関係ないそうだ。
屋根材はルーフィング、いわゆる瓦葺きとかの下地に施す防水シートで、単に瓦を葺いていないだけである。金属折板葺きは錆びて長持ちしないという。そして、ルーフィングの上にはコールタールが塗られている。綺麗なのは、毎年補修しているからだそうだ。
ところで、小宝島は金属折板屋根だった。奄美地方は金属折板が主流だから、奄美から供給されたのであろうとのこと。小宝島は奄美大島からの方が近いから。小宝島と悪石島との間には、渡瀬線という生物境界線があるが、文化もここで切り替わっているのであろうか。
d0147406_08333806.jpg
諏訪之瀬島を後にし、いよいよ悪石島へ。
d0147406_20584244.jpg
ところで最新の台風情報。恐れていた台風12号は幸運にも東へ向かった。吐噶喇を避けるようにカーブしている。本州直撃は心配だが、この旅の心配はこれでなくなった。最後まで行けるか!



# by marunouchi_no1 | 2018-07-26 08:40 | 鹿児島県  

海界の村を歩く 東シナ海 小宝島

d0147406_04233062.jpg

(鹿児島県十島村小宝島)

入社30年目のリフレッシュ休暇として10日間をもらい、鹿児島県十島村<吐噶喇列島>の全島制覇を企んでいたが、初日に乗るはずだったフェリーが台風10号のために欠航してしまった。渡航困難度Sクラスとうたわれた吐噶喇列島である。簡単には受け入れてくれない。あらかじめ用意していた代替案の天草諸島を3日でこなし、吐噶喇列島唯一の交通機関であるフェリーとしまの7/23(月)便の運行決定を待っていた。
d0147406_15524226.jpg
十島村ホームページのフェリーとしまの運行状況ページが更新され、条件なしの出航が決定した!これで念願の吐噶喇列島へ行ける!
d0147406_15581010.jpg
この後台風が来なければ3往復するフェリーを乗り継いで5島(上図✖️の平島・中之島以外③〜⑦)を歩くことができる。まだ予断を許さないが、とりあえずホッと胸をなでおろす。
d0147406_16000651.jpg
鹿児島港南埠頭で南西諸島行きフェリーは発着する。マッサージをタップリ受けて銭湯にも入り準備完了。切符発売の19:00にフェリーの待合所窓口に行った。今回、直前での変更だったので、寝台が取れず二等しか予約できなかった。窓口で指定席が割り当てられ、降りる港ごとに客をまとめていた。
d0147406_16070426.jpg
これが二等、いわゆる雑魚寝部屋だ。とはいえ場所は指定席になっていて、荷物棚と隔て板が備わっている。敷きマットの幅は800mmくらいだから、隔て板が無かったら隣の人の顔が目の前にくる感じ。隔て板で最低限の快適さが保たれている。
d0147406_16191932.jpg
最初の寄港地である口之島は着5:00(定時)だから真っ暗。口之島から中之島に行く途中で朝陽が上った。
d0147406_16234931.jpg
中之島着6:00(定時)。台風10号のせいで、今回この島には降りられない。
d0147406_16235925.jpg
中之島・諏訪之瀬島間から振り返って中之島を眺める。洋上の富士山だ。
d0147406_16240936.jpg
諏訪之瀬島着7:10(定時)。列島唯一の活火山の島。
d0147406_16563450.jpg
平島。名前と反して全然「平ら」ではない。平家伝説があるから平島なのだ。しかし、吐噶喇列島はどの島も急峻で、とても人が住んでいるとは思えない様相ばかりだ。
d0147406_16594922.jpg
平島着8:10(定時)。ここも今回行けず。平島Tシャツを着たスタッフが乗降デッキを準備しているが、なかなか船の動きがおさまらない。平島と小宝島は港の条件が悪く、波の具合でランプウエイ(車両乗降用)が下ろせなかったり抜港されたりする。今日のような比較的良い日でも船揺れがおさまるには時間がかかる。ところで、スタッフとはいっても船会社の方ではなく、島民の方々が手伝っているのだ。
d0147406_17021176.jpg
奇祭ボゼで有名な悪石島。「悪」とはすごい名前だ。聞いただけで行きたくなってしまう。
d0147406_17044730.jpg
悪石島着9:15(定時)。出た「悪」Tシャツ。如何にも悪そうだ(冗談)。こんな地名やっぱり珍しいでしょ。
d0147406_17110848.jpg
そして、吐噶喇列島最初の上陸地である小宝島が見えてきた。妊婦が仰向けに寝転がっているように見える島影と聞いていたが、本当にそう見える。
d0147406_17142108.jpg
小宝島着10:45(定時)。予定より遅れて11:30着。鹿児島港を出て12時間だ。
今まで見てきた吐噶喇の島々と比較して、この島は小さく山も低い。
d0147406_17181227.jpg
フェリーとしまは、最後の寄港地宝島目指して港を離れた。奄美大島の名瀬港でしばし停泊したのち折り返し、明日の朝5:50に再びやってくる。それまでが、小宝島探訪の時間だ 。
d0147406_06495360.jpg
d0147406_17220559.jpg
小宝島
宝島の北東約15kmにある吐噶喇列島の南から2番目、隆起サンゴ礁でできた周囲3kmほどの小さな島。かつては「島子」「島子島」と呼ばれていた。島に上がればアダンやガジュマルが繁り、道路脇にはハイビスカスが咲き、心和む佇まいを見せている。ウネガミ、オオブチ、モガイといった立神奇岩がそびえ立ち、平家の落人が隠れ住んだという大岩屋の洞窟がここにもある。サンゴ礁の割れ目では、色鮮やかな魚が泳ぎまわり、ちょっと離れた洋上の小島では、無人島体験もできる。(「シマダス」参照)

小宝島はゆっくり歩いても1時間弱で一周できるほど小さい。猛暑の中、いざ取材開始。
d0147406_17242356.jpg
集落の中のメインストリート。ハイビスカスが咲いていて綺麗だ。
d0147406_17243427.jpg
今宵お世話になる「民宿いこいの森」の別宅、92歳のおばぁちゃんの家。この島では古い方だと聞いたが、戦後の民家。吐噶喇列島は沖縄と同様、戦災にあっているので、この島に戦前の建物は一切ないといわれた。
d0147406_17244505.jpg
これが吐噶喇の民家だ。とてもシンプルな寄棟の平屋建。金属折板屋根は、鹿児島県内の離島民家の現代のスタイル。
d0147406_17245606.jpg
石塀やブロック塀で敷地を囲む。
d0147406_17340336.jpg
d0147406_17341541.jpg
琉球の集落みたい。珊瑚石の野積の石垣石塀が残っている。
d0147406_07595840.jpg
建物の方は、屋根が寄棟に金属折板、壁が木板縦張りである。
d0147406_17342730.jpg
d0147406_17423074.jpg
島全体が岩石でできている。小宝島の民家は、50年くらい前まで草葺屋根だったという。背後の山の上から竹を刈り取ってきて、それを屋根材として葺いたそうだ。
d0147406_17432470.jpg
十島村立小宝島小中学校。校舎の後ろに見える岩は赤立神。人口の少ない離島では、大方このように小中学校である。今時の小中一貫教育を昔からやっている。島の子供達は中学卒業と同時に島を離れていく。
d0147406_17472283.jpg
小中学校の前から海岸沿いに近代的な建物が並ぶ。十島村立小宝島へき地診療所。
ちなみに村民の健康診断は年一回5月に実施されていて、「レントゲン船」と名乗る船便が運行される。各島を約2時間づつ停泊。レントゲン車が出てきて、人もペットも健康診断を受ける。この便、2日間で往復し、各島を2時間停泊するので、2日間で全島巡るツアーも同時に企画されている。
d0147406_17524193.jpg
簡易郵便局と十島村出張所。フェリーの切符は前日にこの出張所で購入しておかなければならない。
d0147406_17543962.jpg
鉄筋コンクリート造の住宅が並ぶ。教職員住宅のようだ。
d0147406_17544926.jpg
小宝島温泉センター。夕方、ここに入ろうと思って扉を開けたら使われていなかった。前に事故があってそれっきりだとか。
d0147406_17550203.jpg
集落内のメインストリートに戻る。珊瑚石の石垣石塀は沢山ありそうだが、植物に覆われていて確認できない。
d0147406_17551168.jpg
この家も古そうだ。屋根はチョイ入母屋で波型折板の白塗装。しかし壁は木板である。南西諸島の鹿児島県内は壁から屋根から全て折板という仕様の民家をよく見る。これをカッコいい建築だなぁと思うのは私だけか。
d0147406_17552061.jpg
鉄筋コンクリート造の民家。軒庇に水が侵入して鉄筋が錆びてコンクリートが爆裂している。塩害が厳しいのだろう。
d0147406_18252146.jpg
小宝島の集落は平らな場所にあるから津波に弱いだろうと思っていた。でも海抜9mある。そこそこ大丈夫そう。ちなみに海岸には防波堤はなく、津波避難路も無かった。
d0147406_18270099.jpg
ハイビスカスの道。
d0147406_18271895.jpg
パイナップルみたいな木があると思ったら、入り口になっていて、奥に鳥居がある。
d0147406_18273092.jpg
鳥居の更に奥に石碑があって、平仮名で「ごんげん」と書かれている。琉球の御嶽にような場所か。でも、トカラハブに噛まれたくないので入らなかった。
d0147406_18273929.jpg
湯泊温泉。ここは湯泊港という入江があって、そこを見下ろす位置に露天風呂がある。
d0147406_18275043.jpg
入口にサインがあるので入る時は注意。この手の露天風呂にはあまり興味のない私だが、とても綺麗にしてあって入ってみたいと思った。島を一周した後、タオルと着替えを持って行った。画像では手前が湯船で向こう側に広い洗い場があるように見えるが、実はそこも湯船。横に渡してある板は湯船の蓋で、それを外して入るのだ。
私、洗い場だと思い込んでズカズカと蓋の上を歩いてしまった。蓋がしっかりした材を使っていたので助かったが、もし折れたりしたら、熱湯の中にドボン、大火傷を負うところだった。
湯はとてつもなく熱いので、ホースで海水を入れて湯温を調節する仕組み。大きな湯船の温度を簡単に下げられる訳はなく、水を体に当てながらちょっとだけ浸かった。
d0147406_18392901.jpg
島を半周すると奇岩が沢山ある場所になる。隆起した珊瑚石が風や波で削られたのだという。この岩、ゴジラみたいといわれているが、どっちかというと可愛い感じがする。今注目の「シャンシャン岩」というのはどうだろう。
d0147406_19475864.jpg
小宝島も平島と同じく平家伝説がある。画像は、大岩屋と言われる洞穴で、平家が隠れたという伝説がある。
d0147406_19480954.jpg
フェリー発着する小宝島港。隆起珊瑚礁の島には川がないので泥が流れず海が綺麗。遠くに見えるのは宝島。
d0147406_19482033.jpg
吐噶喇列島七つの島の港には必ずこのコンクリートプラントがある。
d0147406_19483237.jpg
d0147406_19484363.jpg
赤立神。珊瑚石でできた浜辺。海水浴場になっている。

d0147406_15474991.jpg
民宿で食事を終えたら、おかみさんが「月見に行くぞ」とフェリー乗り場の突堤に連れて行ってくれた。常連客と島の方々で夕陽見・お月見をしながら一杯やってる。そこに合流させてもらった。しばらくすると月の明かりだけになる。月や惑星のなんと明るいことか。そして、遠くの宝島の街灯も明るく見える。こういうことは小さな離島でなければ体験できないことである。一生忘れられない時間となるだろう。

# by marunouchi_no1 | 2018-07-24 22:00 | 鹿児島県  

海界の村を歩く 東シナ海 御所浦島・横浦島

d0147406_20334323.jpg
(熊本県御所浦島御所浦)

d0147406_18224183.jpg
昨夜歩いた本渡の不思議な商店街は、やはり大火復興の街だった。1964/10/25未明に発生した火事は、中央商店街をほとんど焼き尽くしたという。
d0147406_20474092.jpg
早朝スタートで、本渡の大火復興の街を歩く。まずは、中央銀天街というアーケード街から。
d0147406_20490624.jpg
アーケード街の反対側へ振り返ると明らかに1964年以前と思われる町並みだ。大火復興の町並みは周りとの対比がポイントとなる。古い民家が残る街の中で、そこだけ昭和40年代という時代の純度が高い町並みが見られるのだ。
d0147406_20530833.jpg
d0147406_20531260.jpg
アーケード街の町並み。戦後昭和ですなぁ。
d0147406_20543434.jpg
d0147406_20543995.jpg
銀天街の一本西側の大通り。歩道上がアーケードになっていて、大火や戦災復興都市でよく見る防火建築帯のような建物が並ぶ。だが、統一されている訳ではないので、いわゆる防火建築帯ではないだろう。
d0147406_20575146.jpg
諏訪神社の参道沿いの石塀。
d0147406_20575533.jpg
祇園橋という石橋。
d0147406_20584653.jpg
大通りから入ったところにモダンな建物が!一瞬映画館かと思ったけど、銭湯だね。背後に煉瓦煙突がある。
d0147406_20595858.jpg
さて、本日の主題に取り掛かろうか。八代海に浮かぶ御所浦島と横浦島だ。昨日渡った鹿児島県の獅子島の北側にある。
御所浦島
大崎上島の南東5km、御所浦町内有人3島の中で一番大きな島。御所浦とは、景行天皇の西国巡幸時に行宮が置かれたという伝説にちなむ地名だ。6集落が点在し、いずれも家が密集している。島の周辺には、養殖イケスが点在し、全国の離島の中でも屈指のタイとトラフグの養殖規模を誇る。温暖な気候を利用して甘夏ミカンを中心とする柑橘類の栽培も盛んである。地質的に歴史が古く、平成9年には島内の白亜紀の地層から国内最大級の肉食恐竜の歯の化石を始め草食恐竜の骨の化石やたくさんの貝の化石が発見された。「全島まるごと博物館」をテーマにした町おこしを展開中だ。古くはタタラ製鉄が行われていた地区もある。島の中央、標高442mの烏峠からの眺望が素晴らしい。(「シマダス」参照)
d0147406_22035147.jpg
石垣石塀で知られる旧倉岳町棚底港から渡船が出る。
棚底http://www.shurakumachinami.natsu.gs/03datebase-page/kumamoto_data/tanasoko/tanasoko_file.html
渡船はフェリーと高速艇があり、他の港からの渡船も合わせると割と頻繁に出ている。
d0147406_22061801.jpg
8:10発のフェリー御所浦で渡った。画像は御所浦島の御所浦港。
d0147406_22094459.jpg
港ではいきなり恐竜がお出迎えだ。なんで?
d0147406_18244740.jpg
天草は地質が古いところだそうで、御所浦島では珍しい化石が発掘された。それもあって、島おこしとしてジオパークで売り出している。資料館ではとても詳しい展示がなされており、ガイドの方もいた。そっち方面に興味があればメチャ楽しいのだろうが、私は集落が目的である。
d0147406_22121144.jpg
資料館の階段室から眺めた集落景観の方に惹かれる。
d0147406_22134231.jpg
その集落を端から入っていく。このブログやサイトで散々書いていることだが、集落はメインストリートから入るのが鉄則である。メインの通りには大抵名主クラスの見応えのある古民家があるし、メインから主編へと順に歩くことで集落の構成を理解しやすくなる。
d0147406_22134785.jpg
しかし、私はついつい端から入ってしまう。分かっていても治らぬ習性だと思っていただきたい。
集落は出来るだけ平地を造るべく、周囲を石垣やコンクリートの擁壁になっていた。
d0147406_22135125.jpg
そして、メインの縦道(海岸線対して垂直)。
d0147406_22135664.jpg
ほうら、立派な家が並んでるじゃないか。
d0147406_22140195.jpg
曲がり角とお地蔵さん
d0147406_22145237.jpg
屋根が見事な造りの家
d0147406_22145533.jpg
御所浦港をぐるっと移動
d0147406_22150066.jpg
するともう一つのメインの縦道があった。神社に行き着くので、この道が一番メインかな。丸石の石塀が続くお屋敷。
d0147406_22150337.jpg
神社前の一角。
d0147406_22150733.jpg
古いわけではなさそうだが、ガッチリと玄関を備えた大きな家が並ぶ。漁業で潤ったのだろう。
d0147406_22153328.jpg
d0147406_22153699.jpg
路地の風景。鏝絵の家があった。
d0147406_22154014.jpg
御所浦地区から北へ3kmの嵐口(あらぐち)を目指してテクテク歩く。今年の夏は観測史上トップクラスの猛暑だそうで、かなりキツイ。途中、町営の図書館があったので一服して体を冷やした。
嵐口は斜面上の密集系漁村集落。
d0147406_22154479.jpg
画像のような石垣があったりして中々良いが、時間がなく、くたびれているのもあって、全ての道を歩くことができなかった。
d0147406_22154773.jpg
嵐口港から横浦島横浦港へ高速艇で渡る。
横浦島
天草上島の南1kmに位置する。魚類養殖業と海運業が盛んな島で、与一ケ浦と横浦の2集落に住宅が密集する。以前はカツオ釣り漁船の餌イワシの基地として賑わいを見せていたが、現在は養殖業への転換で一部を残すのみとなっている。春から夏にかけてエビ漁が最盛期を迎え、加工用・一本釣りエサ用として利用される。御所浦島とを結ぶ御所浦第二架橋(長さ900m)が平成12年度から建設着工している。(「シマダス」参照)
d0147406_22163274.jpg
一見して家々が新しい。戦後に漁業で栄えた印象である。
d0147406_22163657.jpg
同じような構えの家並み。
d0147406_22164005.jpg
家の前には一軒一軒に恵比寿様が祀られていた。恵比寿様は漁業の神様である。
d0147406_22164587.jpg
ちょっと変わった破風。なんでヌメッとしてるのかなぁ。
d0147406_22164944.jpg
立派な造りの家が並ぶ。漁業で潤った感がここ横浦島にもある。
d0147406_22180509.jpg
巨大な恵比寿様。
d0147406_22172321.jpg
島を半周した与一ヶ浦地区。猛暑の中3km歩いてもうダメだ。集落をやっつけ的に歩く。
d0147406_22173252.jpg
d0147406_22173649.jpg
d0147406_22174109.jpg
d0147406_22183078.jpg
d0147406_22183592.jpg
くたびれて解説文も思い浮かばない。
d0147406_22184072.jpg
内海の干満の差が現れた突堤。
d0147406_22184319.jpg
この後、まだ3ヶ所予定していたが、もう歩く気がしないので、早々と宿に入った。

# by marunouchi_no1 | 2018-07-23 20:00 | 熊本県